スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和16年12月「週刊朝日」海軍インタビュー【7】

平出海軍大佐と鈴木局長のルーズヴェルト批判が噴出!
そして、大佐から、戦争/各国の方向について驚きの提言が...

==週刊朝日(昭和16年12月28日号)から==

【ハワイマレー沖両大海戦を讃ふ】(平出大佐に聴く)
週刊朝日巻頭記事
12月12日
海軍省にて

大本営海軍報道部
海軍大佐
平出英夫氏

本社出版局長
鈴木文四郎

===Part 7===
【鈴木】
プリンス・オブ・ウェールズは、大西洋でルーズヴェルトと
チャーチルが会談したのに使った艦ですね。
【平出】
そうなんですよ。あの洋上会談は、私共の聞いているある情報では
どういうふうにして枢軸国をやろうか、
殊に主として日本に対する対策を練っておったらしいですね。
ドイツ、イタリアじゃなくて、主に日本に対する策略だったらしいんです。
その日本に対する策を練っていた軍艦が日本のためにやられたんですから、
その艦上で得意になっていたチャーチルとルーズヴェルトが
今日どんな顔をしているか、実に皮肉なことだと思いますね。
【鈴木】
歴史の大きな皮肉ですね。
沈められに来たようなものですね。
【平出】
そうなんです。シンガポールへは十二月の二日に来たんですからね。
フィリップスが長官として日本をやっつけるんだといって
意気揚々やって来たんですが、それから一週間でやられたんです。
【鈴木】
そうすると、五億円以上投じたといわれるシンガポールも
主力艦のない大軍港になったわけですが、
主力艦のない大軍港というのは、どんなものでしょうか。
【平出】
意味ないですよ。何のために何億円もかけたのか
わけが分りません。
しかも主将が戦死したことは、ほぼ確実です。
レートンというう中将が長官代理をすでに命ぜられましたからね。
フィリップスが死んでるからこそ代理を命じたんです。
長官が二人あるわけはありませんからね。
【鈴木】
アメリカのキンメル提督はどうです。
【平出】
生死が分かりません。
ただ、ハワイ敗戦の責任者を軍法会議にかけるといって、
その氏名を出している中に、キンメルの名前がないんです。
ところが、キンメルこそあの敗戦の最高責任者ですから
その名前がないのは死んでるからじゃないかと思います。
【鈴木】
キンメル麾下(きか)の司令官で戦死したのがありましたね。
【平出】
戦艦第一戦隊の司令キッド少将は戦死が確認されております。
【鈴木】
旅順沖に於るマカロフの戦死みたいなものですね。
【平出】
あれは機雷でしたけれども、今度は積極的に進んで行って
やっつけたんですから、マカロフの戦死みたいなものですね。
【鈴木】
ルーズヴェルトの慌て方、驚き方は、実に想像外だと思いますね。
ルーズヴェルトという先生は坊ちゃんであり、
野心家であり、名誉心が強すぎ、
そうして日本に対する理解が全然なかったんです。
恐らくリンドバーグ一派が、それ見たことか!といって、
或る意味では手を叩いていると思います。
ルーズヴェルトは失神しやせぬかと私は思いますよ。
あの人は私はそう偉大な肚がある人とは思いませんね。
政治屋です。政治家だとは思いませんね。
【平出】
政治屋です。政治家ならば、この戦争を避けるように
持ってゆかなければなりませんからね。
【鈴木】
それがほんとうの政治家です。しかしわれわれとして
考えることは、とにかく世界一の富と資材と、
そうして海軍力を持っている彼らとしては、
この不面目を何とかして取り返そうとするでしょうね。
誰よりもまず先にルーズヴェルトがそう考えると思うんです。
【平出】
そうでしょうね。
【鈴木】
その場合、考えられることはどうでしょうか、日本に向って来る策は。
【平出】
日本もやり得たんだから、彼らもやり得ると思って、
奇襲作戦をやりはしないかと思うんです。
男ならそうやるべきですよ。
それから次に考えられることは、
英米の艦隊を合わせるのを待って作戦するんじゃないかと思うんです。
パナマ運河によって、すぐ彼らは力を一つにできるんですよ。
しかし、独伊が宣戦布告しましたからね、
相当な艦隊を太平洋に持って来ることもできません。
【鈴木】
もう大西洋は空けられませんね。
【平出】
そうなんです。その考え方ももう駄目です。
その次に考えられるのは講和です。
まだほんとうに潰れてしまわないうちに講和しよう
という案もありはせんかと思うーー(脱字)ー
【鈴木】
私は英米が力を一つにすることを、まずやるんじゃないかと思います。
【平出】
それは非常に可能性がありますね。
【鈴木】
”貧は泣き寄り”でこうなると一緒になるより仕方がないでしょう。
【平出】
私は、やがてイギリスはアメリカに合併されるということを、
前から考えてるんですが、これでその時機が早まったんじゃないかと思います。
【鈴木】
非常に早まりましたね。
ーーそれから日本の太平洋制覇ということも時日の問題と思いますが、
晩かれ早かれマレー半島も蘭印も日本の勢力下に置かれると思います。
その時はインドも危うくなるーーというよりも、われわれはインドを衝き
蘭印を奪って了えば一衣帯水の豪州も衝く。
そうすると、今イギリスの最も大切な資源の宝庫である豪州も
ニュージーランドもインドも抑えて、少なくともイギリスとの
交通路は極めて容易に遮断し得る時機が来ると思います。
【平出】
すでに遮断されてると向うは思ってるでしょう。
事実もう通行できませんよ。
【鈴木】
それは最も大きな痛手でしょうね。
【平出】
致命傷ですよ。
私はもし豪州の人間が悧巧なら、この際
イギリスから離脱して日本と手を結ぶだろうと思います。
それが悧巧な政治家のすることですよ。
先きの運命がもう明瞭なんですからね。
それを今ごろになっても日本に手向かいするなんていうことを
考えていたら大間違いですよ。
非常な過ちだと思うんです。
蘭印も同じことです。
彼らは今まで、自分が困ればイギリスやアメリカが
救けてくれると思って、それだけを頼みにして
日本に対して大きな顔をしていたんです。
しかしイギリスやアメリカに救ける力がないじゃなりませんか。
ありませんよ!
蘭印を救うのは、それを見得るだけの政治家がいるかいないかの問題だけです。
日本に刃向えば元も子もなくなる、日本と手を結ぼう、
そのくらいのことの分かる政治家が、一人や二人いてもいいと思うんです。

(最終回へ続く)
=========
講話!!!!!!!
かなり楽観的観測ですが、結構、真剣に期待していたのかも??
当時の日本が好戦的な国だったという批判は、結構よく見かけますし
現在も、それが日本への懐疑心になっている様に感じますが、
実際には、(ある意味、当然ながら)
戦争をしたいために戦争をしていたのではなく
まず、国益、富国のための戦争だったわけで
できれば、戦争、特に長期化は避けたかったのではないでしょうか。
歴史の専門家からすれば、こんな事は、常識なのかもしれませんが
大本営のスポークスマンである海軍大佐が、
敵が講話してくる可能性もあるという希望的見解を
週刊誌で公言している事に、私は、驚きました。

そして、日本と手を結ぶ....
理論としては、わかります。
現に、経済的世界においては、数十年前からこうなっていますし
現在の「多人種多文化」の欧州においては、十分有り得る発想です。
しかし、1940年当時の日本人海軍大佐が、
豪州やオランダが日本と手を結ぶべきと考えているとは...。
当時の、豪州、オランダ...どっぷり白人社会です。
インドネシアを植民地化していたオランダは、さておき
英国の旗下にあったオーストラリアが、「母国」英国を切り
「黄色人種」である日本と手を結ぶには
日本人の想像を遥かに超えた心理的(生理的?)抵抗があるでしょう。
ドイツやイタリアが日本と手を結んだのは、
欧州とアジアという棲み分けが明確だったからではないでしょうか?
どっぷりアジアの中にある豪州にとっては
アジア化することへの心理的抵抗感は甚大であったはず。
当然ながら、その後、時代の変遷とともに、この状況は大変化しますが、
それでも、一部の白人の中に根強く残る多人種への偏見や差別を
現在でも、時に、見つけてしまう私は
この大佐の意見には、悲しいほどの純粋さ、そしてナイーブさを感じました。
このナイーブさは、現代でも、見かけます。

それにしても、「貧は泣き寄り」って...(笑)

(明日は、いよいよ、最終回です。)
==
宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

最終回/昭和16年海軍インタビュー

==週刊朝日(昭和16年12月28日号)から==
【ハワイマレー沖両大海戦を讃ふ】(平出大佐に聴く)
週刊朝日巻頭記事
12月12日
海軍省にて

大本営海軍報道部
海軍大佐
平出英夫氏

本社出版局長
鈴木文四郎

===Part 9===
【鈴木】
マレー沖の海戦について、何かほかにお話はありませんか。
【平出】
なぜマレー沖の海戦という名前をつけたかということについて
申し上げましょう。
これは主として航空隊がやりました。
航空隊が雷撃をし爆撃をしている。
したがってマレー沖の空戦といってもいいかも知れません。
それをワザと海戦としたのは
「潜水艦がチャンと見張りをしていて」
あれがシンガポールから出発したのを発見して、
すぐ無線電信を働かして知らしたんです。
そこで日本の艦隊の主力はこれに対してどうするか、
飛行隊を放してやっつけようそういう決意を定めて、
艦隊長官の命令によって飛行隊が出たんです。
そのうしろには艦隊が控えております。
向うは逃げる、日本の艦隊来たる決戦せんといいながら逃げたんです。
それを追っかけるんですから、速力が五分五分だとすれば
艦隊じゃ追いつかない、飛行機ならば早いからというので
追っかけさせて、艦隊も急行したんです。
飛行隊の攻撃が功を奏さなかったとか、
もう少し時間がかかればそのうちに日本の艦隊が行くわけです。
随って、その作戦たるや、実現はしなかったけれども、
主力艦も巡洋艦も、潜水艦も掃海艇も、無線電信も飛行機も、
殆ど全部の機能が立体的に有機的に働いて行われたものなんです。
そこでマレー沖の海戦といえるわけです。
【鈴木】
なるほど、非常によく分かりました。
ーー最後の締めくくりに、アメリカが白旗を揚げるまでは
戦争は長期でやるという覚悟が必要と思いますから、
その意味で国民に対する注意のお言葉を伺いたいと思います。

「空襲とゲリラ戦」

【平出】
私はこの間の国民大会でも、長期になるということを申しましたが、
それは向うがゲリラ戦を始めることが必至だからです。
正々堂々の渡洋進攻をやってくることは到底できません。
それだけの力が向こうにはあるまいと思います。
そこで勢いゲリラ戦になります。
そのゲリラ戦たるや、そう一挙に片付きません。
水の中にある潜水艦を一つつぶしてゆくということが、
そう短日月にできるものじゃありません。
一つを沈めても次がやってくるということになれば、
どうしても長期戦になります。
そうして向うはそれをやりさえすれば日本がまいると思ってるんですから、
まずゲリラ戦で日本の経済を圧迫する。
その次は思想戦。
更に空襲をもって日本の国民を威嚇するといったような働きを
だんだんやってくると思います。
その空襲ということですが日本はそえをやらせないために、
緒戦において某ックの一番根本である積極防空をやったんです。
マニラにおいてイバにおいて、クラークフィールドにおいて、
グワムにおいて、徹底的に飛行場をやっております。
殊に日本にやって来そうな大型のやつは、殆どみんなやっつけております。
蜂が飛ぼうとする前に、まず蜂の巣を全部叩いたというわけですね。
【鈴木】
北の方から来ることはありませんか。
【平出】
ダッチハーバーからですね。
【鈴木】
あそこから日本に往復できますか。
【平出】
可能です。途中に島がありますからね。
だから、国民はどんなことがあっても驚かないという覚悟が大切です。
【鈴木】
アメリカとの長期戦ですね。
【平出】
そうです。
イギリスのほうが早く片付きましょう。
しかし今度は逆にこっちがインド洋の通商破壊戦をやりますからね。
ともかくも長期戦を覚悟しなければなりません。
【鈴木】
しかし最初にこれだけの猛撃を加えたということが、
どんなに国民の心を明るくし、、海軍に対する感謝を深めたか分かりませんナ。
至る処その話です。敵陣営に対する打撃は大きなものでしょうナ。
【平出】
甚大ですよ。
数がいえませんから甚大というんですがネ、
私は海軍ですから何でも数でいいます。
海軍から数を取ると非常にヘンなものになっちゃうんです。
数字を海軍は離れられないんです。
ですから、甚大なりとか、頗るとか、甚だとか絶対という言葉は、
なるべく使いたくないんです。
何を何隻、何時何分に...といわないと海軍らしくないんですが、
敵国に与えた影響なんていうのは、数ではいい現わせませんからね。
【鈴木】
マニラには相当の潜水艦がいたということですね。
【平出】
二十七、八隻、三十隻ぐらいいたでしょう。
それが今はどこかへ出ています。だから
「日本の近海へ来るかも知れません!」
油断はできませんよ。
【鈴木】
どんな大きさのですか。
【平出】
最新式のやつで大型です。
航続力の長いものでないと日本近海まで来られませんからね。
【鈴木】
アメリカが去年決定した建艦計画書は、いつ完成するのでしょう。
【平出】
彼らは四十四年(昭和十九年)といっておりますが無理ですね、
四十六年(昭和二十一年)です。
しかし永久に出来ないかも知れませんよ。
造る片っぱしから沈めちゃうんですからね。
沈められるために造るようなものです。
こちらは喜びますよ。
いい餌が出来るなんて、航空隊の連中なんか張り切っていますよ。
プリンス・オブ・ウェールズがシンガポールに来たのも、
どんなに航空隊を勇気づけたか分かりません。
【鈴木】
目標が出来たわけですからね。
【平出】
餌がないと張り合いがないんです。
【鈴木】
じゃ、どうも有難うございました。
お忙しいところを...。

=========
「数字を海軍は離れられない」
海軍の陸軍に対する優越感が感じられます。
私が子どもの頃、親が、親戚(海軍の将校)が、
「この戦争は負ける」と言っていたとの想い出を語っていましたが
陸軍だって、もちろん、数字も情報も把握していたでしょう。
(硫黄島指揮官であった栗原中将の書簡集などを読んでも明らかです。)

当時の日本の上層部と現代の日本の上層部と大差は無いはずだと私は思います。
経験によって、前世代よりも、より「情報通という意味で賢く」なっても
智慧、智能という意味での賢さは、世代によって、相違は無いはずです。
賢い人もいれば、賢くない人も、いる。
情報収集能力/情報処理能力に富んだ人もいれば苦手な人もいる。
情報を把握した人が、常に決断を下せる状況にあるとも限りません。
客観的な判断の上に、国民としての誇りが優先させる事もあるでしょう。

私が子どもの頃、よく
「日本が戦争に負けてよかった。勝っていたら悪い世の中になっていた。」
と、聞かされました。
しかし、今、この当時の海軍スポークスマンの見解を読み
その考えは、一種の「洗脳」だったとの思いを強めました。

「(正義の味方)アメリカが勝った」から「世の中は良くなった」んじゃない。
世の中というものは、「よっぽどマズい(^^;)人為的影響」を
与えなければ、紆余曲折はあるにしても、基本的に
「前世代よりも進歩した方向」へ進むものではないか。
そんな思いです。

もし、この戦争が、長期化せず、大佐の楽観的観測のように
講話が行われていたとしたら、世の中は、どうなっていたのか...

「たとえ日本が勝っていても」
世界中の植民地主義は続いていなかったはず。
第二次世界大戦後、植民地主義が衰えたのは
アメリカが勝ったからではなく、時代の趨向ではなかったでしょうか。
冷戦の終結のように。
そして、今も、世界中で、戦火が消える日は無いように。

現在の日本人は、戦争からは遠い所にいる、つまり、
対岸の火事の如くに、他国の戦争を眺めている様に感じるのですが
この週刊誌記事を読み
戦争は、現在の日本人にとっても、それほど遠い所にあるのではない、
また、戦争へとなだれこんでいった時代の日本人と
平和へ情熱をむける現在の日本人とは、そう変化していない、
つまり、将来が、どの方向に進むかは、全く予想がつかない
と、私は考えています。

古雑誌シリーズ、次回は、
同号に掲載されていた「婦人会」エッセイを載せようかと思います。
これも、時代感に溢れながらも、現代に通じるものを感じる記事です。
==
宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

中高年・昔の人はバカか?!

よく「中高年のための」携帯電話だの
パソコンだのネットだのメールだのの「解説本」を見かける。
英国でも同類の本は、たくさん、出ている。
「Senior(中高年)」向けだの
「It's not too late to~(今からでも遅くはない)」だの。

中高年って、そんなバカですか??
別にバカにしているんじゃないでしょうが
(そもそも機械ものに弱い=バカじゃない【はず】ですし)
それでも、そんなタイトルには、上から目線を感じます。
中高年って、そんなに
物覚え悪いですか??
適応力無いですか????

そんなもん人それぞれでしょっ!!!!

誰か
ビル・ゲイツと
スティーブ・ジョブスに
「中高年のためのパソコン」
って本、送ってみてくださいっ!!!

老眼などの具体的問題は別として
基本的に、機械やら最新技術やらに
どれだけすぐ慣れるかに年齢は関係ありません。
強いて言えば、10代前半くらいまでの
適応力・学習力というものは、言語習得力を見ても
明らかな様に「別物」「天からの賜り物」「生存不可欠能力」
であるので、とりあえず、中高年と、少年期は比較しません。

しかし、その後、10代後半からの「適応能力」というものは、
年齢ではなく、人それぞれだと思います。
確かに、同じような生活を何十年も続けて来た人が
それを改めるのは難しいものです。
けれど、新技術に適応できるか否かと
習慣を改めるか否かは、全く性質が異なるのです。

機械ものに弱い人は、何歳でも弱い。
機械ものに強い人は、何歳になっても強い。

わざわざ「中高年」だからどうのこうのという
「言い訳」も「上から目線(Patronizing)」も必要無し。

こんな偏見は、年齢だけでなく、性別に対してもあって
一般的に女性は機械ものに弱いと思われているようですし
また「地図が読めない女」という偏見もありました。

私は、女ですが、地図は大好きですよっ。
地図を眺めるのは、趣味の一つでもあります。
また、子ども達の社会科の授業の手伝いで、
地図を見ながら生徒達を引率して近所を散策した事も数回ありましたが
地図の見方を覚える早さに男女差は感じませんでした。

また、同様の偏見は
「昔の人(つまり、我々の祖先)」に対してもあります。
現代人は、昔の人より、自分たちが
「頭が良い」ように、誤解している事が
往々にして無いでしょうか?
いや、頭が悪いとまでは、思わなくとも
昔の人に対して、自分たちが、その人たちの
「結果」を知ってしまっているだけに
「上から目線」になっている事がありませんか??

書籍に話を戻すとアメリカでは(英語圏の英国でも)
「おバカ向けシリーズ(~For Dummies)」という
様々な分野について詳しく教える「参考書/解説書」が
売れているのですが、このシリーズの内容は、ともかく
いくら「バカでもわかるように詳しく書いた」という意味でも
わざわざ
「明らかに自分をバカだと思ってはいない人」向けに
「バカ」という言葉を使うところがイヤミだと、
表紙を見る度に思います。
そもそも、バカが、あんな、ぶ厚い本、読むかっ?!!
(大体、バカって、ど~ゆ~定義なんだ???)

私は、他人にバカにされる事は恐れていません。
そもそも他人の評価が気にならない性格ですし
他の「くだらない事」を考えるのが忙しいですから。
然し乍ら、あからさまな「偏見」「一般化」を
大げさに強調して何かを売っているのを見ると、
その安易な発想に一発かましたくなるのであります。

==
宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : どーでもいいこと
ジャンル : コンピュータ

ノキアE71貴金属版&懐かしの8850

Nokia E71ナナちゃんに初めて触れた時、思い出したのは、これ
懐かしのNokia 8850です。

Nokia 8850前スライド
(全面、スライドさせてキーを出した所)
ノキア8850後ろ
(バッテリーカバーを取ると今でもクロームぴっかぴか)

ある程度以上の年齢のケータイ好きな方は
よ~く覚えていらっしゃると思いますが
プラスチックに金属風コーティングしたのではない
「ホンモンの金属」をケースに使い
大評判を博した機種でございます。

久しぶりに引き出しから、引っ張りだして来て
中身がきれいなのに感動しました。

ちなみに、ナナちゃんのバッテリーカバー(裏)には
Stainless Steelという刻印が押してあり
ノキアのこだわりが、じっとりと感じられます。(笑)

Nokia E71刻印

Nokia E71と8850

金属の手触りにうっとりっ!!
もちろん、このあくことない金属触りへの追求は、続いていました。

E71 Rose Gold
18k Rose Gold Nokia E71 White Luxury Mobile Phone

E71 Gold
24k Gold Nokia E71 White Luxury Mobile Phone

E71 White Platinum
Platinum Nokia E71 Luxury Mobile Phone

E71 Black Platinum
Platinum Nokia E71 Black Luxury Mobile Phone

ローズゴールドと純金のは、ちょっと、ほしい。
もちろん、金に糸目は付けずの身分だったらですが。(笑)
ノキアさん!
この調子で宝石付きヴァージョンも、ぜひ、出してくださいっ!

余談ですが、万一、この画像下のリンクから、お買い上げいただきましても
私には紹介料は入りません。
「おっ、これ、ほしいっ」と思われた方は、
是非っ、ページ横のアマゾン英国の「検索」窓より、
検索し直されて、お買い上げくだされば
感謝感激、未来永劫、感謝申し上げます~!!!!
==
こんなブログですが、宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : Nokia
ジャンル : 携帯電話・PHS

J:紆余曲折愛と画展

友人の台湾人アーティストJuipin Chang(Jと呼びます)。
引っ越し前の拙ブログ@活戸をご存知の方は
覚えていらっしゃるかもしれません。
カウンセラー(役所じゃなく心理のほう)をやっている
詩人の
(自作の詩を散りばめた外注2008年手帳を贈った)彼
(実は、自作の詩を吹き込んだCDも贈っていた)彼から
プロポーズされたものの、娘にも親にも反対され
しばらく様子見をしていたところ、なんと
彼の8年来のパートナーと名乗る女が登場
嫌がらせメールは来るわ電話は来るわ
さらに
「それは、不自然すぎる。有り得ない。」
「浮気してる男(浮気相手がJ)の常套句」
「彼はJを愛してるだろうが、それで全てが解決するわけじゃない」
「愛しているからこそ、ウソをついてでもJを引きとめたい」
(全て、相談された私が答えたことですが..)
要素が満載の展開になっております....。
そんなどさくさの傍ら(というか、その前に)
無事仕上げた素晴らしい作品群を現在、展示中!!!

まずは、地元のアートセンターにて。
展示されているのは「Bucket Man(バケツ男)」シリーズです。
その中でも、特に、彼女から
「ブログで紹介して~っっ」と命令されているのが、これ

J毛沢東

胸元の小さいバケツ男のペンダントにも注目☆
J曰く
「北京オリンピックで、中国は、開かれた国を
強調しているが、天安門広場には、いまだに
毛沢東の巨大な画像が設置されており
その共産党の存在の大きさが、開放度と
矛盾しているように感じられた。
エルビスプレスリーの格好をさせる事で、
ファッショナブルで開放的な毛沢東を
提示してみた。」

実は、この絵の写真を
上海の私の家族にも送って感想を聞いてくれと言われてるんですが
現在の中国人にとって、毛沢東は、一種、セレブ化(笑)しており、
台湾人の彼女が想像するようなタブー性は無いと
私には思われます。

そして
これは、地元の別の博物館に展示しているもの
Jエリザベス女王
横にいるのは、ここでバイトしていた学生さん。
この絵の熱烈な大ファンだというので
メルアドをBluetoothで交換し
(彼女のケータイはNokia N95 8GB黒。使い心地最高とのこと)
Jに紹介しました。
この絵、博物館の他のスタッフからも大好評なんですが
私も、大好きです。
バケツ男シリーズと、彼女本来の
中国国画から印鑑彫りまで全てをこなす台湾大学卒業生らしい
技術の高さが顕著な画風と創造性が
融合されている点が素晴らしいです。

画展の詳しい情報は、
Juipin Chang画廊サイト(横にもリンクあり)
より、どうぞ!!!
J、このサイトへのアクセス数が増えるのを見るのを
真剣に楽しみにしております。
別の拙ブログで紹介するまではアクセス数も30だったのが
紹介された後、700に増えたと...
(って、700なんですが、ブログじゃないですから!)
「さすが日本のブログ!!」と大喜びなのでございます。
「中国語のブログも始めて、紹介してよぉぉっ」とも
懇願されておるのでございますが
もうブログは勘弁してくれ~。
てか、自分でブログればいいじゃんっ!!!
(コンピューターも苦手だしタイプもできないんで不可能らしい。)

J、週末、問題の彼に
「冷静期間として距離を置くこと」を
宣言いたしました。
そんな勇敢な彼女を励ますためにも、是非、
「JuiPin Chang画廊」をクリックしてください~っ!!

ちなみに、彼女と彼との紆余曲折については、彼女から
「どんどんブログに書いてっ!」と
許可を得ています。
(この明るさが、好きだ。)
どうぞ、宜しく、お願い申し上げます~☆

======
どうか励ましの一票、お願いします~っ
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

レバノン映画「Caramelキャラメル」

旧テンプレートでは、NokiaE71ナナちゃんの
ブラウザで見ると中間部分が
つぶされた形になってしまうので
違うテンプレートに替えました。
同時に、ブログ名もMobileにMediaを追加
カテゴリーも携帯から海外情報に移しました~
その理由は...
☆Mobileだけだと友人が来てくれない
☆ケータイ/スマフォ以外の話も書きたい
☆他の拙ブログは当ブログのコピペ専門にする
(だから、ここに来てください~っ)
(で、クリックしてってね☆)
ついでに、ブログランキングのカテゴリも
替えようと思います。

さて、それでは、今日は、さっそく映画っ!

日本から英国へ戻る際に機内で見たレバノン映画ですが
英国では既にDVDとして売られています。

タイトルの「キャラメル」というのは
森永のエンゼルやグリコのマラソン男とは
無縁で、「カラメル」つまり、砂糖を
溶かしたヌメヌメ状態。
これを使ってWax(むだ毛処理)をする
レバノンの美容師を主人公とする同僚/客/隣人5人の
「Sex and the City」系、女友情映画を象徴しております。

はっきり言って、私、脇毛を除いては、
むだ毛処理をした事ありません。
別にずぼらなわけではなく、ほんっとぉに、
処理するほど毛深くないというのが理由ですが
それでも、レバノンに生まれてなくて良かったと
実感しました。
マジで痛そうですよっ、この方法!!

映画の要所要所
(主人公が不倫相手の妻にしたり、同僚にしたり)
象徴的に使われる度に
ちょっとでも母の脇の「つめ」が甘いと
「みっともないよっ!みんなが見てるよっ!」と
うるさい長男を思い出し
レバノンの女性達の、愛する男達のための
たゆまない努力に涙しながら
「でも、その男には、そんな価値があるの??」
と、主人公その他をゆさぶりたくなりました。
超美女に惚れる可愛いレズの同僚に同情せざるを得ません。
しかし、実際には「イライラする」ような場面は
極力少なく、基本的に、
ノルマンディの村の夏の夜のダンスパーティ的な
夕涼み感覚と
イタリアの春の菜の花畑の「そよ風」感覚で
楽しめる作りになっています。
(実際の舞台自体は、えらく暑そうですし
 登場人物のお顔も、かなり暑いんですが...)

ノルマンディ舞台系の気持ち良いフランス映画
エリック・ロメール系のフランス映画
シネマ・パラディッソ系のイタリア映画
等が好きな方には、強力におすすめの映画ですっ!

ところで、
この主人公(美容院オーナー。不倫中)と
主人公に惚れる優男な警察官
たぶん、いや、絶対、映画設定的には
かなり若い(最高でも20代)のはずなんですが
どっからどーみても
30代後半にしか見えないんですよっ!!
主人公は、まだ、光線によっては20代前半としても
通用するか??的なんですが、相手の警察官
(若い頃のオマー・シャリフ似)
いい男なんだけど、
一体いくつって設定なんだよぉぉ???
と、映画を見ている間中、気になりましたが
2回見ても、謎はとけませんでした。

アラブ系の方々って、一般的に、老けて、
いえ、大人っぽく見える事は見えるのは確かです。
(アメリカ男に惚れられる裁縫師の隣人なんか
 50代か60代か判りませんし)
それでも、同じ映画の中でも
主人公の同僚(処女膜再生後、無事、結婚)や
その許嫁、別の同僚(レズ娘)等は
それなりに若く見えたので、やはり
これは、この主人公の女優さん、
映画のプロデュースもしているそうなので
それなりの年なんでしょう!!
ほぼ確実に二人とも、レバノンでは
非常に有名な役者さんなんでしょう。

こんなレビューじゃ、見たくなる人も、あまり
いないと思いますが(すみません)
心の底から、おすすめな映画なんです!
機内で3回目を見なかったのは、
ロンドンに着いちゃったから。
(インド映画、見なきゃよかったんだよなぁ)
あと2回くらいは見たかった映画です。
是非、どうぞ!!

↑5分あまりありますが、映画の雰囲気がつかめます!
(最初の10秒、画面がズラズラですが即回復します)

↑短い米国公開時ご紹介版
ちなみにサラ・ファーガソンを奇麗にした様な
赤毛の女性が不倫相手の奥さんです。
良い方なんですよねぇ。ほんとに。
主人公も良い女ですし。
不倫夫、反省しろよっ!!!!!

こんなブログで、すみません。
宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画の威力:「Caramel」追記

Champions League、 Group A初戦
スコラーリ率いる英国Chelsea対
昔ジダンがいたフランスBordeauxをTV観戦しつつ
スマフォからレバノン映画「Caramel」引きずり更新です。

昨日ブログでは触れませんでしたが
レバノンと言うと、私が中学生くらい?だった頃から、
戦火に覆われ続け、昔「中東のパリ」と
呼ばれていた美しい首都ベイルートの
無惨な姿が、しょっちゅうテレビに映し出されていた、
そんな印象しかありませんでした。
私が若い頃は、ずっと
「建て直しては壊されて」状態が続いていたのです。

しかし、今回、映画「Caramel」を観て
そんなレバノンの印象が一転しました。
以前はテレビを見ながら
漠然と「かわいそうになぁ」等と
対岸の火事的に呟く程度で
レバノンの人や空気を感じる事は殆ど無かったのです。
しかし、この映画を通じて、
現実ではなくとも
感覚的/情緒的に触れたベイルートに対して
「他人事じゃない」
という心情になっている事に気づきました。
行った事も無いのに…。

もし、今後、テレビにベイルートが映ったら、
即、前回ブログの動画でも味わえる「Caramel」色の
ベイルートの街並みや映画の登場人物を思い浮かべ
感傷的になるのは確実です。

これが、まさに、映画の力なのでしょう。
およそ芸術には潜在的に、そんな力が
あるものですが、その中でも特に
映画やドラマは、映像のもつ直線的迫力で
いったん心を掴むと、ゆっくり浸透し
観る者に疑似体験を与えるという
低温ヤケド的威力を持っています。

戦後の2~30年は、日本の欧州における印象も、
かなり、小津安二郎や黒澤明の名作によって
かたどられたのではないでしょうか。
現在の欧州青少年には
アニメ/Manga/Visual系/ゲーム/おたく文化が
映画にとって替わる影響力を与えていますが、
ある国/地域や文化を語る手段としての
映画の優位性は暫くは揺るぎ難いと
そんな事を「Caramel」から感じ入りました。

ところで、試合、4-0で、今、
チェルシーが勝ちました~。
負けは認められないという雰囲気が
スタジアムにもメディアにも充満していたので、
ひとまず良かった(笑)。
そう言えば、スコラーリの英語、
就任当時、英紙各紙で、あれこれ詮索されてましたが
十分うまいですっ!
(カペロも)
英人記者っ!揶揄するんなら、自分らも
ポルトガル語やイタリア語で
意思疎通できるようになってから、しろよっ!

===
宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みくださいー
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

日本:全体的な摩耗@英国

今日、買い物の途中で遭遇しました。

日本語Tシャツ

全体的な摩耗
GLOBAL TEAM92
日本
TOKYO WORLD TOUR
LEAGUE LEADERS JAPAN

うぅむ...
これは...
いったい...
どう解釈したらいいんでしょうかっ?!!!

「全体的な摩耗」以外は
Tokyo World Tourなど、微妙な英語も
日本のTシャツに、ありそうな内容なんですが...。
いや、やっぱり英語部分も気になりますっ
26、92という数字は??そして、
一体、何のリーグなんですか??!!!

やすかったんですが、
摩耗しそうだったんで、買いませんでした。

=====
どうか、励ましの一票、おめぐみください~っ
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ


テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

英国でプリペイド携帯を使う

本日は、英国に旅行/出張/留学などで滞在する方の為の
英国プリペイドモバイル情報【1】です。

日本ではプリペイド携帯電話の購入にも
身分証明書の提示及び審査が必要ですが
英国では、Prepaidケータイ購入に証明書は必要ありません。
キャリアによっては、住所を聞かれ登録されますが
その住所を証明する書類等は求められません。

また、各キャリアの専門店だけでなく
Argosの様な「カタログショップ」
(商品はごく一部を除き展示されておらず
購入者は店に置かれたカタログの番号を
用紙に記入しレジで金額を払い
奥の倉庫から運ばれてくる商品を
店頭で受け取る仕組みの店)でも
Woolworthsの様な
スーパーとデパートの中間の様な
中規模チェーン店でも
Tesco(大型店)の様な大型スーパーでも
低~中価格のプリペイド携帯は売られていますし
修理屋や中古ゲーム/ガジェット店でも
様々な価格帯の中古品を買うことができます。

購入に際しては、時間があれば
「Mobile Choice」や「What Mobile」の様な
ケータイ専門雑誌で、機能やレビューをチェックし
キャリア直営店や専門店の店頭においてある無料の
brochure(カタログ)
(専門店Carphone Warehouseのカタログは情報豊富)や
カタログショップの店先に置いてある番外編チラシ
そして各店の店頭での値段(特にセール時)を
じっくり比較観察する事をおすすめします。

なぜなら、ケータイは、登場してから
時間がたてばたつほど、値段が下がって行くため
ほんのちょっと探せば、中古品よりも安い値段や
変らない値段で正規品を買うことができますし
さらに、あるキャリア(例えばボーダフォン)で
半年以上前に出ていた機種を、別のキャリア(例えばO2)で
「新機種」として高値で売り出すことなどがあるからです。

ネットショッピングが可能ならば
メモリーカードなどのアクセサリー(付属品)は
ネットショップの方が遥かに廉価で買えますが
チャージャーや電池などは、メーカーの正規品
(これもネットの方が安い)を
買うことを強くおすすめします。
(数回、痛い目に遭いました。)

さて
ケータイ(日本では3G以上)の中に入っている
ユーザー情報が記録された小さなカードを
SIM(Subscriber Identification Module)カードと
(USIMカード、FOMAカード等とも)呼ぶのですが
キャリア直営店で売っているプリペイドは、基本的に
SIMロックされており、そのキャリアの
SIMカードしか使えないようになっているのですが
(プリペイド携帯を買うとSIMカードも付いて来ます)
この各キャリアのPrepaidケータイのSIMロックも
ケータイ修理屋・アクセサリー販売店などでも
機種によって10ポンド~20ポンドの金額で
解除(Unlock)できますし
「ボーダフォン」では25ポンドで店頭で解除可能、
「3」でも、カストマーサービスに電話すると
15ポンドで解除してくれます。
(ただ、ノキアなど、機種によっては、
解除コードの取得に1ヶ月かかります。)

一方、ケータイ専門店やオンラインショップや中古屋で
既にSIMロック解除された(Unlocked)ケータイを買った場合
SIMカードだけ購入し、ケータイに挿入すると
ネットワーク(キャリア)から
まずSMS(Textメッセージ)ついで設定情報が送られて来て
通話だけでなく、MMS(写メールなど)や
他サービス(キャリアのポータルサイト・ネット閲覧やEメール)
等も、即、使えるようになります。
最近のケータイやスマートフォンは、カードを挿すと
自動的に設定が更新され即使えるようにもなっています。

このSIMカードは、Orangeを初めとする多くの直営店で
Top Up(クレジットのチャージ)をすれば
カード自体は無料になっていますが
キャリアによっては有料な所もあるので、要注意です。

SIMカード自体は、直営店/専門店/カタログショップ以外でも
街中のキオスクとコンビニの中間のような
新聞雑誌雑貨店News Agents (俗称Corner Shop)でも
3~4ポンドで売られていますし
ヒースロー空港にはSIMカードの自動販売機もあります。
(各大手キャリア。10ポンド。おそらくクレジット込み)
ヒースロー空港のSIMカード自販機

「Top Up(クレジットのチャージ)」は、
前出のNewsagent'sでも普通のスーパーでも
WHSmithの様な大型チェーン文房具書店でも
キャリア専門店でも、どこでも買え
「Vodafoneの10ポンドのTop Up Voucher」
と注文すると、レシートと全く同じ外見のVoucherを
出してくれるので
無料で、ケータイからカストマーサービス
(Voucherに記入してある電話番号)に
電話し、録音された指示に従って
そのVoucherにのっている
12桁なり16桁なりの暗唱番号を
打ち込めば良いだけです。

クレジットカードやデビットカードでもチャージできますが
キャリアによっては(例えば3)カード登録をしてから
使えるようになるまで日数がかかる事もあるので要注意です。

======
本日は珍しくお役に立てそうな情報だったでしょうか(笑)?
英国のケータイ、5千円くらいから、カメラ付きが買えるので
旅行の際は、お土産がわりに、是非、どうぞっ!!
後日、別途紹介しますが、無料で
Skype電話ができるプリペイドのSkype Phoneも売られています。

宜しければ、是非、励ましの一押し、お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ

テーマ : 海外用携帯電話
ジャンル : 携帯電話・PHS

相撲と携帯?(写真)

ちょっと前、このブログにも書きましたが
待中でも、大展開中の
サムスンのスマフォ「Omnia」広告
Omnia広告二つ
ほんっとに、隣街の商店街じゅうに広がってるんですが
その中に、こんなバス停がありました。

Omniaと相撲

何なんだよ、この相撲の広告は??!!!
大手銀行(もと上海香港銀行)の広告ですが...
相撲..確か10年くらい前
民放チャンネル4でも、ずっと放映していたせいか
(日本の大相撲場所ですよっ)
英国での知名度は非常に高く
子ども番組やらコメディやらでも、結構よく登場します。
芸者と寿司とならんで、日本の顔でしょうか....

========
宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ



テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。