スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三者面談とウサギ


昨日は、長男大の学校のYear9の「Parents Evening」
(いわゆる「三者面談」)に行って来た。
=======
初めに、
英国の義務教育過程について
簡単にご説明したいのですが
実は、日本の様に、6-3-3と
統一されていないのです。
私立と公立でも違うし、公立でも
地方自治体によって異なります。
よって、我が地域のシステムについてのみ
ご説明しますと、まず
初等教育が
Reception(4~5歳)
Year1(5~6歳)
Year6(10~11歳)
の7年。
中等教育が
Year7(11~12歳)
Year8(12~13歳)
Year9(13~14歳)←今ここ
Year10(14~15歳)
Year11(15~16歳)
の5年で、Year」11の時に
「GCSE
(General Certificate of Secondary Education)」
という、いわば
「中等教育修了資格試験」を受けます。
これで義務教育は終了するのですが
その後、大学など高等教育に進む前に
Sixth Formが二年あります。
長男の学校では、殆どの生徒が、この
日本の一般的な高校より若干レベルの高い
高校と短大の中間の様なSixth Formに進み
大学入学に必要な、非常に限られた
科目のみを、かなり専門的に学習します。
(このテスト内容が年々簡単になっていたのが
これから、また難しくなるらしい....)
======

さて、Parents Eveningとは言うが
時間は4時半から7時過ぎまでで
5分~10分刻みのタイムスロットで
生徒が各教科の先生に直接アポを入れる仕組みだ。
が、
あくまで余計な仕事はしたくないという教師は
「問題のある生徒と親は呼び出すので
 呼び出されていない生徒と親は来なくて良い」
と言い切れるところが
日本との違いではないかと思う。

長男が好きで成績も良い科目
「化学」「物理」「ラテン語」のアポが無く
(いずれも先生が必要無い、と言ったらしい)
配が絶対アポ入れろよと念を押した
「英語」と「数学」
ドイツ人の先生に気に入られている「ドイツ語」
先生がキモいと嫌っている「歴史」の
4つのアポを入れていたところを見ると
これが決して作り話では無いのがわかる。

担任にいたっては、
生徒達が面談について聞くと
「授業を教えているわけではないから
 親御さんに話す事も無い。よってアポは入れないし
 誰も来る必要は無い。問題があったら別途連絡する。」
と答えたそうだ。

前置きが長くなったが(前置きだったんです)
この面談に行って驚いた事が3つあった。
1つは学業関係。
もう1つは、学業無関係な内容である。

まず、学業関係。
肝心の先生の長男の評価自身は、
まぁ、親には良い話をするものなのか
授業中の私語以外は、いたって良かったのだが
この日の驚き第一弾は
「宿題以外に家で問題集など勉強させる必要はあるか」
という質問に、全ての先生が
「否」と答えたことだ。
宿題で十分だ、そうだ。

ただし、英語の先生には
「Year9向けの読書リストのチェック」
歴史の先生には
「歴史書の読書」
を強く勧められ(もっともだ。)
ドイツ語の先生には
時々、宿題が手抜きでやる気が無さそうなのが
伝わって来ることを注意された。

話を戻すと
GCSEの準備は、Year10になってから
授業に、がっちり組み込まれ
宿題なども与えられるから
家庭で特に準備する必要は無い、と言うのだ。

ほ、ほんとなのか????
今、宿題、多い時と少ない時と
すっごいムラがあるし、
はっきり言って、少ない時が
殆どなんだが、それでも、これでも
大丈夫なんっすか?????

ちなみに、この学校の入学に際して
親が一同に集められた(生徒は170人)
説明会では、
「親は【絶対】宿題には手を出さないように」
と、きつく言い渡される。
実は、これは、次男の小学校でも同じだ。
「宿題やろうね」と声をかけたり
終わった宿題をチェックするのは奨励されるが
宿題をやっている間、手助けは厳禁、
間違っていても、そのまま提出させろ、
と、言われる。
唯一親が手伝うのは「音読」の聞き役や
ディクテーション(書き取り)くらいだ。
また、工作の材料などが必要な際には
別途、親に連絡が行く。

他の国に比べると、
親、すごいラクなんじゃないか???
しかし、これは、全て、親に
ラクさせようという配慮では当然無く
あくまでも、子ども達に
「自己責任」哲学を
受け付けようとする教育方針なのだと思う。


長くなってしまったので、短くまとめると
学業とは無関係の驚き2件は、以下の通り。

1.
数学の先生が、学校の体操着
(コーチ服のような制服)を着ていたので
課外クラブの顧問なのかと思ったら
ゲーム(各種スポーツ競技)の先生も
しているとの事。
そして、なんと、長男によると
「体育の先生なんて、いない。」
(真偽はさだかではないが)
例えば、現在のゲームの主任教師は
生物の先生だという。
もちろん、教科ごとに、複数の教師
(科目によっては、かなり多くの教師)
が、いるのだが、体育は、
各種目を得意としている教師が教えるということだ。
男子校なので、男性教師が多数派であるからこそ
できることだと思うが
(種目もラグビーやらホッケーやらクリケットやら
 男っぽいものばかりなので担当も男性教師)
ほんとぉぉに体育の専門の先生いないのか???
週に4時間も体育の授業あるんですがっ??
しかも、この学校、学校から親へのお知らせの
前半は、びっしり、ラグビーやら
クリケットやらホッケーやら陸上競技やらの
試合結果や戦果などで埋まるくらい
かなりスポーツ熱心なんですが????
いや、ひょっとすると
体育が得意な先生じゃないと、生徒を
手なずけられないという方針で雇ってるのか??

2.
13~14歳にして、どでかい生徒がゴロゴロしていた。
どうみても190cm近くある生徒もいた。
昨夜、親連れで歩いている生徒は、みなYear9で
学年は9月始まりなため、13歳の方が多数派なのだが
まだまだ可愛い体格の子がいる一方で、既に
かなり背の高い父親よりも大きい子が結構いた。

実は、長男は、今年になって、ラグビーの
A組(一番強い)から、担当の先生
(ラテン語の教師で大を気に入ってくれているらしい)
に、頼みこんで、B組に替えてもらったのだが
その理由が、いかにも、へたれ親の子らしい
「A組は皆、真剣すぎて面白くないし
 B組だと、トップなので気持ち良い」
という事の他に
「A組だと、試合中に、マジで生命の危険を感じる」
であったのだが、その理由がわかった。
ラグビーのチームは、7クラスある1学年全員から
クラス分けされるので、A組には
既に思いっきり育ちきった子やら、急に
体格が良くなった子ばっかりが
集まって来ているのである。
長男は、まだ身長は170cm程度、
たくましくなって来てはいるが、この体格で
ガタイが良く運動神経も良い同級生と
ラグビーは確かに、しんどいかもしれない。
(へたれ疑惑は健在だが。)


ともかく、以上の事が
判明しただけでも、かなり有意義な
面談なのであった。
====

オマケの写真
4年前上海で【飼っていた(2週間だけ(笑))】
ウサギちゃんです。

ウサちゃん
長男とウサちゃん
長男とウサちゃんL

「上海のウサギが小さい」んじゃなく
このウサちゃん達が、一応
ミニウサギという名目で(実際は違うらしい)
売られているので小さいという事と
家がなにげに汚いのは引っ越したばかりだったからと
さりげなく断っておきます。(笑)

あぁ、やっぱり、飼おうかなぁ、ペット(涙)
次男は大喜びで、この約1年後の作文に
「ぼくがママを好きな理由は
 ママは、ぼくのウサギの面倒を
 みてくれるからです」
と書いたほどでした...。
1年前のたった2週間の出来事で
こんなに評価されるとは思いませんでしたよっ!!

====
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 中学校生活
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

宿題に関しては私も賛成ですね・・・・。

写真は次男さんですか??

てんママさ~んっ☆

あっ、今、てんちゃん日記を読んでコメっていたところですよ~。
更新に気付いてもらえて嬉しいです☆
雨風呂の方は、また、さぼりがちで。
スマフォでも読みにくいし更新もできないんで
つい遠ざかっちゃうんですよねぇ。

宿題。
以前、てんちゃんブログでもコメりましたが、ほんと
「自己責任」というのは、小さい頃から
教えてないとまずいんじゃないかと思います。

写真は、ふふふ。
上が長男、下が次男です。
次男は、まだ、かなり面影残してますが、
長男は、随分、変ってます。(外見だけじゃなく性格も (笑))

ある子の場合

今Y9で、プラムの友達(日本人)の場合は、
GCSE日本語をY4で先取り済み、あと音楽(ピアノ)はY10で取る予定なんですって、Y11を待たずに取れるものは取っちゃうみたいですね。

長男君の場合も、GCSE中国語はもう取ってる? 取れる科目ってやっぱり多い方が(もちろん成績もよい方が)良いのでしょうね。

No title

身長170センチ程度って、でかい!と思うんですけど・・・

私、高校のころ体育の授業で半年以上ラグビーやりました。
その年の体育教師はラグビーしか教えられなかったからです。
体を動かさないとゲームにならない上に、すごくキツイ!
あれは見るものだとしみじみ。

次に来た体育教師の専門はボクシングで、その次は自転車競技だったのですが、
この二つは危険と設備不足いうことで、走ったり柔軟体操したりばっかりでした。
それはそれで、ほっとするような、惜しいような。

おたみ~3

GCSEで重要なのは「科目」と「成績」
という解釈だね、長男の学校では。
基本的に、進学校なんで、6th Formへ
そのまま進学する生徒が殆どだから
多い方が良いという考えでは無いよ。
最近は、こんな科目でGCSEとっても..
という批判も無いわけじゃないからね。
それに、この学校では、既に、
絶対、とらなくてはいけないGCSE科目
が、既に決まっていて、科目も多いので
やっぱり量より質という哲学(笑)が明らか。

ゆぶっちかな?(笑)

もし間違っていたら、すみません。
とりあえず、ゆぶっちと仮定してレスします。

高校で、ラグビー、日本では珍しいよね~。
しかも、女子も!
うちの次男の小学校のラグビークラブには
女子も入っているけど、まだ
ラグビーとは呼べないような可愛いものだからね。
しかも、その次はボクシングって(笑)
いったい、どういう学校なんだぁぁ~っ?(爆)

No title

170cmあっても命の危険を感じるんだー。 イギリスも全体に大きい人多いもんねえ。

ええええ?

あの学校でそんなマタ~リモードなの?
ってか、後の追い上げが凄いのか?
もっとも地頭のあるメンツが集まってるから、可能なんだろうが、、、
しかし教科ごとの面接とは面倒だね~。

ラグビーの件は正解だと思うよ。
命あってのモノダネだし、楽しめなくって
苦痛になるような根性者スポーツをさせる利点が見えない。
うちも年齢相応、やや小粒なんで団体競技は向かないかも。

十六夜

大は,クラスの中では背は高いほうなんだけど,
もう,思いっきりガタイいい子がいるんだよ。
それに他のスポーツだったら
それほど体格は関係なかったりするんだど
ラグビーは,下敷きになるのも(笑)
競技のうちだから
体格が物言うんだよねぇ。

まんま~!

私も驚いたよ~!
まったり,,,。
学校の通信物読んでも
冒頭から半分までスポーツの事ばっか。
スポーツ好きな先生が多いのも納得。
スポーツ嫌いな子には肩身狭い環境かもしれない。
まぁ,大みたいに,フツーのバタバタするのが好きな男子を
規律のもとに成長させるのには
適格な環境なんだけどね。

親がラクなのは理想的

配くん、いつの間にそんなに大きくなって!
スポーツも勉強も密度が濃い伝統のある男子校にしっかり
馴染んでおられるようで何より。
学科の先生方もやっぱりそんな校風に会うタイプを選んで
いるんだろうね。ほら運動しかできない経験の浅い体育の
先生なんか来ちゃったら生徒達にバカにされてまとまら
なるのでは?あとは経費削減とか?

娘のグラマー校の体育は週2コマだけ。専門の先生というか
その担当者は用務員と兼業だったりする。(笑)
女の子達には「ハンディ・マン」と何気に格下扱いされてるよ。
学校内にジムの設備があるのでそれを使う時間の仕事は
監視するだけみたいですよ。運動系には手間もお金も
かけたくない様子。他にもナショナルカリキュラムを無視
したことやってます。

うちも親の手伝いは不要。するのは宿題のみ。
ラクさせてもらってるわ~

教育システムとウサギ

その教育システム、夫が30年以上前に通っていた日本(東京)の某国立教育大附属中・高のシステムみたいな感じですわ。
夫はいわゆる「塾」に一切通ったことがないというのです。
日本で育ったのに信じられんと言う感じですが、そういう学校あることはあるんですね、もちろんすごい少数派だと思いますけど。

でもまあ、私も日本ではいわゆる学習塾に通ったことがないんですわ。
そのかわり、うちのような移動族には学校の方針以上に転勤に耐えうるオールラウンドな学力が必要であったため、私は学校以外の教材を母にみっちり仕込まれ、妹は個人の家庭教師にかなり勉強みてもらいましたね…

英国と比べると、うちの近所にいっぱいある東京の有名中学高校(全部男子校)のオノコだちは幼いなあ。。。通学の姿を見る限り、ほんとコドモで貧弱ボディですわ(失礼)

ウサギ、なんで2週間なんですか?食べちゃったの?

No title

うさぎがかわいいっ。
ほんと、なぜ2週間だけ?!
私なんて8年くらい飼ってましたけど?v-352

実は家のそばに、うさぎ専門のペット屋さんができたんですよ。
たまに通りかかっては癒されている私であります。
うさぎは・・・かわいいですねぇ。うっとりよ、うっとり。

それから長男君の学校の面談、鈴のミドルスクールも同じ形式みたいですね。
教科別の先生と予約を入れて次々と面談をするそうです。

170センチで身の危険を感じるって、確かに大柄な欧米人の間に入ると、アジア系は体のつくりが違いますからねぇ。
鈴のクラスメイトでも、つい先週10歳になったお友達がすでに155センチくらいあるし、高校生のアメフトの試合とか見ていると、お前らオヤジかっ、と言いたくなるほど巨大でひげを生やした子とかうじゃうじゃいますから(汗)
鈴だって、日本のお友達と比べたら大きいけれど、今の学校ではいたって平凡なサイズだったりしますし。
できたら怖いスポーツはやはり避けて欲しいと思う、ヘタレな母でございます・・・。

宿題

うちの子たちを見ていると、日本も宿題は手伝わない気がします。
今までも(たいていは学校で終わらせてきてしまうけど)、
調べ学習のために図書館に連れて行ったとか、
PCの使い始めの時に手伝ったとか、後は定番の音読を聞くくらい?
一度だけ、漢字の練習を強制しない代わりに、
漢字テストで合格点を取らないといけないという時に付き合ったのと、
あと!そうだ、夏休みの自由研究は親がかりだわ~。

でも、やっぱり今の日本だと、
宿題だけでは進学のことを考えると不安です。
1年の時に、「家庭学習の差が学力の差です」と言われたのは、
今でも(忘れっぽい私が)忘れられません。

それから話は違いますが、うちの学校、
6年生は教科ごと、得意な先生が教えるようになりました。
中学への橋渡しですって。

No title

家のゴーの先生(3年生)は、
かならず、親が最後に目を通して、正解まで答えを導いてから
提出して下さいになってるの!
時々、私も分からない事が多く、その要求は、私にとっちゃー
苦痛以外の何者でもないの。
スマがいるときは聞いたり、産がいるときは産にお願いするけど、
なんか~私の宿題、今日はどんな課題?って感じで、
ゴーが帰ってくるのが恐怖になりつつありますわ~
私の宿題じゃないよね?(怒)
その英国スタイルが本来あるべき姿だと思う!

最近金魚飼ったって日記にも書いたけど、
こんなに小さい生き物なのに癒されるね~
子供達も穏やかになってる感じ~
ペットはいいよね~うさぎちゃん本当に可愛いね!

No title

三者面談とウサギの関係が最後までわからなかった俺ですwww

俺も宿題なんて親に見てもらったことないですよ。
俺自身も宿題を見た記憶があまりないな~。
あっ、これは単にサボってただけかw

左のウサギは俺の飼ってるミューちゃんにちょっと似てますv-530
生まれてすぐもらったので最初の頃は手の平に乗るくらい小さかったけど今はもう少し大きくなってますv-524

No title

そうですそうです、サイン忘れてました。
(・・・なぜ私とばれたのだろう。。)

当時はよその学校もみんなそんなんだと思ってましたからねぇ。。

ただ、キツくて危険なスポーツほど、基礎訓練は重々やることと、
試合さえしなけりゃどれも体にすごくいいことがわかりました。

まきっち~!

大だよ,大(笑)
配は夫ね。配偶者の配(笑)
そっか,進学系女子高らしいね。
大の学校も女子高の方は
勉強も,もっと,きちんとしてるらいい。(笑)

N☆~!

食べてねぇよっ!(爆)
休暇で上海にいた時だけ飼ってたんだよ。
でも英国に連れて帰ると検疫とか大変らしいんで
義父の友人で小鳥とかペットを飼うのが趣味な人に
ひきとってもらった。

塾。
私も通った事が無いんだよ。
ま,時代が違うが(笑)
基本的に私は
教わるのは苦手なんだよなぁ。
自分のペースでできないからね。
N☆の家は,ほんと姉妹の性格の違いを
把握して育てあげてたよね~。
親の見本だね。

ばに~!2

2週間の謎はN☆のコメレス見てね。
私もウサちゃんは大好きなんだよ~!
昔ウサギグッズや
各国語版のフロプシーバニー絵本とか
集めてたし。
今はもう収集してないけど(笑)。
ロンドンのイタリア系デリで
うさぎが店頭にぶらさげられてて
ショックを受けた事もあった。
私にとってはウサギとは
ネコに近いペットだからね~!
やっぱり飼いたいな~!

そうそう背の高さだけじゃないんだよ。
厚みが違う(笑)
大も日本人の同年代と比べると
ガッチリしてるほうだけど
ほんと力士みたいな子が
結構いるから(笑)

ところで同じアメスクでも
ばにの所と銀子の所は大分違うんだね。

おサチ~!

そうだよね~
日本でも,子どもの宿題に親が
ガッチリとっかかるのって
小学校低学年くらいまでだよね。
逆に,その年齢までに
習慣つけとかないと大変って
事なのかもな。
それが家庭学習って事かな?

得意な学科ってのも面白いね。
そういや私の小学生時代は理科だけ別の先生だった。

銀子☆~!

うわっ!ゴーちゃんの先生っ!
それは先生によっても違うのかな?
同じ米国学校でも
ばにの所とも違うね~。

金魚。和むよねぇ。
置き場によっては風水にも良い影響があるんだよ。
気を生むからね。

Kazせんせいっ!

だ~か~ら~,三者面談とウサギと
両方書いてるじゃないですかっ!
一つのブログで二つの話題,
おとくです,って作戦なんですよっ!

そういえば
宿題,手伝ってもらうどころか
してるイメージからしてゼロですよね~!w
中学生時代の電話の会話への
ご家族の反応を読んで
ひょっとしたら,ご家族は,すごく
まともだったんじゃ,あ,いえ(笑)
親って子どもの成長に気付かないものかもと
感慨深かったです。ほほほほ。

今度,ミューちゃんの写真
ブログに載せてくださいっ!

ゆぶ

文体から,ほぼ確定したんだけど
とりあえず,み日記の足跡もチェックしたよ(笑)。

試合がなけりゃって?(爆)
貴重な体験だね~!

必修科目

これは主旨に合ってるのかどうかわかんないけど(笑)

大君の学校のGCSEの必修科目が何かを教えてほしいな~
取得科目が多い方がいいのでは? といったのは、あくまでも
必修科目やそれ以外の主要科目を履修した上でってことな
んで、なんでもいいからって言うことじゃないないです。
(これは言葉不足でした) 
なんで多い方がいいと思うのかというと、イギリスの場合、
GCSE後の勉強が、科目も少なく、かなり専門的になっちゃ
うので、せめてGCSEくらいは、広い範囲で勉強しといた方が
一般教養という観点から、良いのではないかと思ったからです。

それにしてもGCSEとその後のレベルの違いといったら、かなり
のものだよね。数学なんか見ても、中学→大学の教養レベル
だもの。

大君は両親のDNAを受け継いで、理文のバランスも良さそうだから、
これからが楽しみだね。

おたみ4

な、何故
そんなに興味があるの????(爆)
プラムちゃんにGCSEとか考えてる??
GCSEについては、また、今度、書くね。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。