スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲劇的人生書コーナー

今日も外出するので手抜き更新
というわけじゃないんですが
(「手抜きでも手入りでも大差ない」という
  適切な批評は耳から抜けますので念のため。)
「WHSmith」という、英国最大の
文房具屋&本屋&メディア(DVD/CD/ゲーム)屋
を総合して水で薄めたようなチェーン店で撮った
書籍コーナーの写真です。

WHSmith

この書籍コーナー、そんなに広くないんですよっ!
ざっと見渡しても
たぶん200平方メートルに満たない程度です。
そして、その中の1/3あまりが
児童書やら参考書やらでしめられていて
さらに1/3あまりが、ガイドブックや料理書など
実用書コーナー。
大人向け「フィクション/読み物」コーナーは
30平方メートル程度と狭く、棚にして、ほぼ
12個程度分くらいしかないんです。
その中の2個が、この
「Tragic Life Stories」
つまり
「他人のカナシ~話」コーナーという
密度の高さなのであります。

しかも、こんなに、たくさん出版されている。
「アンネの日記」(中間下)が
含まれているのが、微妙に笑えます。

っていうかさぁ、
「アンネの日記」を
「本当にあった悲しい話」とかに
入れないでくれよっ!!
これは、別に二個あった歴史&戦記の
棚に入れてくれぇぇぇ。
しかし、おそらく、このコーナーに
あった方が、売れるんじゃないかとも思います。
何しろ、ここ、書籍コーナーの中でも
かなり目につく位置にありましたから。
(歴史コーナーは奥。)

それにしても、
「悲劇的な人生のノンフィクション」が
1コーナーとして成り立つっていうのは
一体、どういうことなんだろう。
いや、これは、批判でも何でも無いんです。
ほんっとぉぉに、疑問。

一つ考えつくのは
悲しい歌を聞いて涙したい気分、
悲しい映画を観て涙したい気分、
悲しい本を読んで涙したい気分
というものが、ある人も、いるし
それほど少なくないのかもしれないという事。
私は、悲しみという感情自体が
基本的に苦手ですし、
悲しいことなんて、
わざわざ読んだり観たりしなくても
外界から飛び込んで来るので
そんな「気分」になった事はありませんが
そんな「気分」になる人を
理解できなくても
批判も否定もしませんし
(そもそも批判や否定する事じゃありませんし)
「理解」も「鑑賞」もできない芸術品を
眺めるような感慨を抱く程度です。

もう一つ考えつくのは
悲劇的な人生(特に子ども時代)を送った人
共感を求めたり
人生へのなにがしかの答えや指標を
見つけたくて読む場合。
ただ、その場合、探している本が
「悲劇的人生コーナー」にあったら
非常に複雑な(嫌な)感情が湧くんじゃないか
と、想像してなりません。

そして、もし、このコーナーの顧客が
私の想像した顧客像に近かったとしたら
一体、何を意味するんだろう。
前者と後者は、対局に位置する人達ですが
両者が求めている
「悲劇」が
より語られる世の中になっている
っていう事なんだろうか???

書く事によって癒される人と
読む事によって癒される人
そして
自分の体験とは、かけ離れた体験を
知りたい人

需要と供給があって
出版社の金勘定もあって
そんな人達の声が
取り上げられるようになったって事か?


...って
あれこれ考えるほどの事でも無いんですが
とにかく
驚きましたよぉぉ。

日本の本屋には、こんなコーナー
あったとは思えないけれど、どうかな?
他の国は、どうなんだろう??

====
こんなブログで、すみません。
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みひゃあひはいひょふぁあwwwww

マジレスするけどさ、どっちかというとそのウエットなコーナーはいかにも日本的な感じがしますね!
しかし日本の書店とかでそんなコーナーを見かけたことはあまりなかった気がしますが、もしあれば書店の売り上げに貢献するかもしれないです。
あっ、このアイデアを書店に売って「お礼」つってなぜか10マソ貰えないかなwwwwww

Kazさんっっ!!(怒)

上のウブなアホ男だまし宣伝コメが
消せなくなっちゃったじゃないですかぁ
ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~っ

この手のコメ、最近、めちゃ多いんですけど
モテ女サイトのリンクから来ている予感が(笑)
ま、アクセス数増えるのは嬉しいですが
10マソは、払いませんよっ!!!!!!!

それにしても、ほんとに、こんな
100%有り得ない話がある、と
思うバカがいるんだろうか???
それが知りたいっ!!!!!

あ、ちなみに、英国も、かなりウェットですよ。
雨もよく降りますからねぇ。ほほほほほほほ。

ごもっとも

マロの疑問、わかるわぁ~。
「人生の本」コーナーならわかるけど、何故に「悲劇」なの???
どうせなら「泣き笑い人生」と言う、吉本新喜劇みたいなテーマで
くくって欲しいなぁ~。
でも、他人の悲劇を読んだり聞いたりして、
「あぁ、私の人生の方が、幾分マシだわっ」と
幸福感に浸れるという意味では、人気出るのもわかる気がする。
私もマロと同じく、わざわざ悲しい話は読みたくないけど
悲しさの度合いや状況にもよったりする。
悲恋・失恋モノはもう結構だし(笑)
戦争モノは辛すぎていやだし・・・。

No title

Tシャツ拝見しました~。

なんじゃこりゃってかんじですよねえ。

なんでもありですね。

いいのか悪いのか・・・・。複雑です。e-260

いとあはれ

本屋や図書館っておもしろいですよね~
どこへ行っても時間がなくても本のありかを探る私です。
その地域の文化や趣味、教養レベルを知るにはそこに置いてある本を見るのが一番。。。
本屋や図書館のないまちへ行くとがっかりしまする。

それで、悲劇的人生コーナーは確かにwetですが、良いわ~。
私が今まで見た面白い本コーナーでは、

医学の棚に常設されている「美容整形」@韓国の大手書店
SelfHelpに特設されていた"Joy of Sex"@アメリカ西海岸の健康グッズ併設店
料理本エリアに特設されていた「食べられる木の実・きのこ」@都内のファッション・グルメ専門店の多いビルにある若者向け本屋

など。。。
結構マニアックではありますが、まあ良いでしょう。

追加

そういえば2か月前に行ったパリのチュイルリー公園脇の植物・ガーデニング系本屋では

「今月の草花とカエル・虫・かたつむり」コーナーがあった。。。

かたつむりっていうのがいいですな。

エイガリアン~っ

でしょ~っ?!
なんで悲劇なんだよ、わざわざっ!
「泣き笑い人生」
いや、それは、それでいいが、
それだけでテーマってのも難しそう(笑)
でもさぁ
この手の本読んで、力をつけるのはいいけど
何かサド的な喜びを得てる人がいるとしたら
嫌だなぁぁぁ。

そういや、この書棚の裏の書棚は
セレブ自伝コーナーだった。(爆)

てんママさ~んっ☆

謝々です~

外国で見かける日本語
めちゃ親近感ですよぉぉ。(笑)
そこに、さらに、この、ゆるさ。
確信犯かもしれませんっ!!

N☆~3

あ~、私も、私も!
どこ行っても必ず本屋に行くよっ!!
カイロでも本屋でアラビア語も読めないのに
本、買った。(笑)
東ベルリンに行った時、当時は
当時、両替しなきゃいけない最低金額が大きくて
しかも、逆両替はできなかったんで
食べ物と本を買い込んだんだけど
中国の詩をロシア語訳してる本を
他のドイツ語の本と一緒に買って出国しようとしたら
ドイツ人の係員に
「ロシア語、読めるのぉぉぉっ??!!」
と、驚かれたことがあるよ。
アルファベットは知ってるが、読めねぇよっ!!

それにしても、いいね~、その面白いコーナー(笑)
「今月の草花とカエル・虫・かたつむり」って
今月のってのが、また、笑える。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。