スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものやる気ぃぃ??

このところ更新が滞りがちなのは
☆アクセス数が増えないので嫌気がしてきた
(更新してないブログの方がアクセス数が多い)
☆スカイプ時間が多すぎる
(3日で10時間をゆうに超えた)
☆単に厭きた
.....
わけではなくっ!!
Macでネットできなかった &
スマフォから更新するほどの意欲も時間も
無かったからなんですがっ!!!
こんな隠居に、ぴったりな話題
「やる気」

なぜ、この話題かと言うと
ネットを通して意見やら情報やら
交換している友人間で
「子どものやる気」が話題になったからです。
発端は、某育児掲示板に載った相談
「やる気の無い子どもにやる気を出させる」

つまり、ここでの「やる気」は、
あくまで「押し倒す」系の「やる気」ではなく
「学校のベンキョー」に対する「やる気」の事です。

さて、
子どもも、ある程度の年齢になったら
学校のベンキョーに「やる気」が湧くほうが
むしろ【稀】だと、私は、思います。

小学生くらいまでは、
親や先生に誉められたいがために
ベンキョーする子も少なくないでしょうが
そんな子でも中学生になったら
ベンキョーに意欲がわかなくなるのは
成長した証じゃないでしょうか?
異性関係にせよ、スポーツにせよ、
音楽にせよ、ゲームにせよ、
世の中は、楽しい事で、溢れてるんですから。

「学問」好きな子どもだって
学校で学ぶ教科全てが好きということは
ほぼ、有り得ません。
歴史好きな子もいれば
数学好きな子もいる。
いくつかの教科が好きな子もいれば
一つの教科や一つの分野だけにしか
興味がわかない子もいる。
さらに、「学問」的興味は強くても
学校の「ジュギョー」や「ベンキョー」には
興味がわかない子もいる。
そんな子どもに、全教科
まんべんなく「ベンキョー」しろというのは
平泳ぎの北島選手に、
ずっと「ラジオ体操」してろ、
と言うのと同じことです。

もちろん
国民の文化水準を高めるためには
多方面での知識や技術を子ども達に
与えるのは不可欠です。
しかし、日本の大学受験のように
教育の本来の意義を見失った
「重箱の隅」的試験を通関するために
枝葉末節の知識や技術の会得にのみ
「10代の貴重な時間」を過ごすのは
一国の将来にとって、非常に
危惧されるべきことだと私は思います。

全ての教科に秀でた天才なんて、まず、いません。
多教科の「受験問題」を解くことに
「やる気」を見いだせる子というのは
「勉強以外の楽しみを知らない子」
「幼い子」
「負けず嫌いな子」
もしくは
最近は、少ないのでしょうが
昔は、おそらく、これが一番多かった
「家の将来を背負っている子」
というのが
私の印象です。

家の将来を背負わなくても良い
「(いわゆる)恵まれた」環境にいる子どもが
学校のベンキョーに「やる気」を
見いだせないのは、自然のなり行き..
そもそも
自分がやりたいと思わないことを
嬉々としてやる大人が
どれだけいるでしょう?
子どもだって、同じです。

国、そして社会、世界発展させるためには
一般教養は、あくまで一般教養にとどめ
それぞれの子どもが、
【遅くても10代の頃から】
それぞれの才能や興味を
存分に発揮させられるような教育制度や
レールをひかない、いつでも進路転換できる
風通しの良い社会制度の整備が
必要不可欠ではないでしょうか。

学校の成績は、単なる過程にすぎないのに
教育の最終目的である社会の安泰や発展を
見失う親が増えると、その国は
長期にわたって、徐々に衰退していく..と
私は、危惧しています。

========
久々に、まじめなブログですが
っていうか、
また、タイトルから、はずれてるぅぅっ
そろそろ、このタイトルも替え時でしょうか?
リンクして下さった心優しい友人のみなさま
(みなさまっていうほど多くないけど(^^;))
タイトル、古いままで結構ですから
怒らないでくださーーーーーいっ!!!!

====
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【東大法学部受験突破のひみつ】不器用だからできる“逆転合格の極意”

なので私はその翌週の火曜日、雄介君に2時間早く塾に来てもらい、じっくりと2時間いっぱいかけてノウハウを伝えました。 私が東大受験の際に原点に立ち帰り、独自に編み出した勉強法を、ありのままに全て彼に教えたのです。それもそのはず、私が雄介君に伝えたアドバイ?...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

押し倒すやる気満々な俺ですが、勉強にやる気を見せたことはないですね~。

そういえば幼稚園から大学までいつ勉強してたのかさっぱり記憶にありませんv-356
ま、10代の貴重な時間は女を口説くのに費やすべきでしょう!というのが俺の持論です(勉強なんぞ70代でも80代でもできるけど80代で女を口説くのはさすがに骨が折れますからね!)

ベンキョー好きだなんて

私は自分で言うのもなんですがベンキョーは良くできました。
(爆)でも先生にあまり好かれず全然良い生徒ではなかった。
特に日本の学校では変わり者扱いでしたわ。
ベンキョーのスタイルも変わってました。
まず、教科書でも問題集でも2冊買う。1冊は学校に置き、もう1冊は家。持ち運ばないのです。そして、家に置いてあるほうの1冊は、試験の際にバラバラにします。習ったとこまで破り取る。そして、テストが終わったら、庭に積み上げて焼いていたのです(庭のない家に住んでるときはひきさいてゴミに出す)。
こうすると、全部頭に入るから。
辞書でも六法全書でも全部、古いのは火にくべていた。
そういうやり方でしかベンキョーできませんでした。
やる気モチベーションなさなさ、だったけど、点取りはバッチリだったんで。ようするに頭がいいわけではなく、試験対策がバッチリだったということです。私は自分のやり方にプライドがあり、確立していたので、先生に一層嫌われました。やる気とテストの点は関係ないと断言できます。
しかし何で周囲が私のやり方を批判するのかわかんなかった…
やっぱ火にくべるのは良くないんでしょうな。日本では。
アメリカでは「これは私のやり方で尊重されるべきだ」とレポートまで書いたことがあります。

こんにちは

はじめまして

アチコチ、ブログ覗かしてもらっています。
コメ残していきますです。

Buttondawa~

平泳ぎの北島選手に、
ずっと「ラジオ体操」してろ

fukidasshichattayo!!!!!

Tashikani nee, Musashi miteru to, aikawarazu no
Roller Coaster de.
Dokomade hottokeba yoinokaina?

家の子のやる気は・・・

マロさん
こんにちは!
私子供の時、やる気なかったです。
でも、学校の勉強に対してのやる気はなかったんですけど、外遊び(球技・山登り)、料理(ケーキ・ホットケーキ・ドーナツ)とか毎日やる気いっぱい!遊びに夢中でしたね。
娘(小3)は宿題は毎日きちんとこなしていますが、他の学習はなかなか手間取っています。
声をかけて・・・すぐにできず・・・
実行に移すまで時間がかかるので、私がよく使う
やる気になる文句。
「今日は一緒に寝るのやめたい!」です。
(娘は一人で寝るのが嫌!一人で寝るのは恐い!ようです。)
この文句、いつまで持つかな・・・





鍵コメさま

(鍵コメって名前は出していいんでしょうか?)

再びコメントと貴重な体験談ありがとうございます~!

「幼い」というのは
「おくて」という意味で使いましたが、
そんな可愛い子どもに、お母様の言葉
ちょっときつい...(涙)と思いました。
もちろん、叱咤激励の意味だったんでしょうが。

ゲーム、面白いですからねぇ~。
おもしろくするために莫大な金額がかかっている
産業ですから、勉強がたちうちできるはずありませんね。
ただ、楽しいことだけ、やって良いほど
世の中はあまくない、と
気づかせることも必要なんでしょうね。

やる気まんまんKaz先生

いや、Kazさんだったら
80歳でも、大丈夫でしょうっ!!!☆

記憶にないのは
勉強してないからに
決まってるじゃないですかぁぁっ(爆)

焚書N☆(笑)

本、破って燃やすって(笑)
私の家じゃ、本をゆかに置いただけで叱られたよ。
儒教的な感覚だと
本は金以上に貴重で神聖なものだからね。
今でも本は捨てられない。
いらなくなったら図書館かチャリティに寄付する。

本を燃やすって「焚書」を想像させるから、
みんな、びっくりするんじゃないの?
っていうか、N☆、
本に対して「どS」なのか??!!!!(爆)

しかし、それで、先生に嫌われちゃうってのも
変な話だよね。
おもしろがってくれる先生がいなかったんだね。

ジジさん

いらっしゃいませ~☆
こちらにもコメントとご来訪、ありがとうございます!
私も、おじゃまさせていただきました。
ロンドンにいらしてたんですね!
お忙しい毎日、お体に気をつけてください。
また、遊びにいらしてくださいね♪

カスミ

げっ、まだ、日本語打てないんだ。
一体、何のトラブルなのよ?
インストールしなおしたら??
ムサシちゃんの場合は、
ホッケーを通して、抑制力が
十分ついてるじゃん!!心配無用だよ☆

いっこちゃん!

そうそう、学校のベンキョー以外のことに
「やる気」があれば、いいんですよっ!!
何に対しても「やる気」が無いのが一番恐い。
勉強は、していても、実は、それに
やる気はもっておらず、結局、何に対しても
やる気の無い子どもが増えていると
言われている(実際は不明です)のが
この頃の教育問題なんだと思います。

「今日は一緒に寝るのやめたい!」
(爆)(爆)
一瞬、意味しん~~に聞こえる言葉ですが(笑)
子どもが母親と一緒に寝れる期間って
貴重だと思います。
私も中学入学まで母と一緒に寝ていました~!!
別に一人で寝るのが恐かったわけじゃ
ないんですが、母のそばにいたかったんでしょうか。
でも、中学に入って深夜ラジオとか聞くようになって
一人で寝るようになりました。

No title

こんばんは。
あの、私の書き方が悪かったのですね。
『何でもある程度満遍なくできる、ということは何もできないのと一緒』という言葉は、私が母に対して言った言葉です。(笑)ま、その位は自覚的であったということで。
今回は名前出してOKです。
これからは、名前を出していいようなコメント書きますね。
なにせ読解力に問題があるので、とんちんかんな事かいてるかなぁという不安が常にあるのです。
またきま~す。


iraさん☆

誤解して、すみません~。
いや、早とちりは、私の方です。
自嘲的とも「親には」とも書いてあるのに
実は、何故かiraさんが男性だと思いこんでいたので
(再び、すみませ~~んっ)
女性的な言葉遣いから、ひょっとして
お母様の言葉だったのかなぁと思ってしまったのでした。(^^;)
内容的には、お母様が言うような事じゃないですよね。
安心しました。(笑)

しかし、そんな事を考えられるというのは
全然、幼くないじゃないですか?
iraさんは、むしろ、家のことや将来のことを
考えられる方だったのかもしれません。
その後、得意なこと、好きなことは見つかったのでしょうか?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。