スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚で解くケータイ

恋愛体験とケータイの相関性について書く前に
何故、海外ケータイなのか、
結婚とケータイの関係について一言書かせください!
まず、
日本のケータイは、封建制度時代の結婚です。
日本では、ケータイはキャリア(DocomoやSoftbankなど)
つまり「家」どうしの結婚
ケータイ(結婚相手)は、
ケータイを作っているメーカーから買うのではなく
キャリア(家)と契約して、手に入れるもの。
新モデルの宣伝をするのも発表をするのも
メーカーではなく、キャリアです。
さらに
「販売奨励金(結納金)」が付くので
実際の価値よりも、ず~っと、お得に手に入るものの
その後の長~い契約期間(結婚生活)
月々「使用料」を払わせることによって
キャリアは、ケータイ機体代を肩代わりした
モトも取れ十分儲かる仕組みになっています。

封建制度の結婚と聞くと
悪いイメージがわくかもしれませんが
良い面も、たくさん、あります。
その中で、もっとも重要なのは、
結婚が「家」制度で守られているので
キャリア・メーカーご両家様とも
高い結婚式費用やらハネムーン代を払わされた直後
さっさと離婚されたりするような心配も無く
安心して、家の繁栄に尽力できること。
それが、ワンセグ(録画までできる)やら
お財布ケータイやらの、「技術の進歩」に
つながるわけなのです。
(もっとも、さらに技術の進んでいるらしい
韓国ケータイは封建制度の結婚じゃありませんが。)

子ども4人も作ったあげくに、夫が不倫、
突然、家出ていっちゃったり、など
私の住む英国で起きてしまう話のようなことは
即、社会的自殺(ケータイ無し生活)に
つながるので、まず起こりにくいし、起きても
家が、残された母子家庭をサポートしてくれる
という点でも、安心な制度です。

「女房とケータイは新しいほうがいい」
という勝手な理論で
契約期間終了を待たずに
(最近は、できなくなったようですが)
しょっちゅう「機種変」するのは
側室をめとったり
外に妾を囲ったりするようなものでしょう。

2年なりたった後に機種変するのは
「離婚」というより、むしろ
技術の発展、家の経済の発展に合わせて
より良い機能、より良い生活を求めた
「家の改装・改築」と、捉えるべきです。


それに対して、「海外ケータイ」は
(このブログでは、主に「欧州」を指します)
いわゆる「自由恋愛」です。

ケータイは、キャリア(ボーダフォン等)直営店からも、
メーカー(ノキア・ソ二エリ・サムスン等々)からも買え、
新型モデルを宣伝するのはメーカーとキャリア双方
限定版を除いては、同じモデルが
ほぼ全ての主要キャリアから売り出されているので
買う方は、日本のように
「好きなケータイがあるから、そのキャリアを選ぶ」
(好きになった人の親と同居して家業も手伝わされる)
のではなく
「好きなケータイを選んだ上で、
 自分に最も合うキャリアを選ぶ事ができる」
(好きになった人と他国に移住だろうが何だができる)
という点が大きく違います。
==
お断りしておきますが
親と同居して家業をつぐのが悪い事ではありません!
単なるたとえです!!
==

もっとも、海外のキャリアにも、当然ながら
「契約制度(Contract)」は、あります。
これは、友達に紹介してもらった相手や
職場で知り合った相手と
結婚するようなものです。

そして
日本では、徹底的に虐げられているものの
欧州では、それなりに尊重されているのが
「前払い(Prepaidプリペイド)」族。
つまり
「結婚にコミットできない」族です。
自由恋愛を繰り返すか、あるいは、
いわゆる「市民結婚」
(法律制度にしばられたくないと籍を入れない)
を選ぶ族です。
これが、日本のように社会的制裁を受ける
(プリペイドでは、ケータイサイト閲覧不可など
 通話/メール以外は何もできない)ことなく
「プリペイドケータイ(独身)」で
インターネットでも何でも
「契約(既婚者)」と同じ恩恵を受けられる
そこが、海外ケータイの長所なのです。

しかし、当然、短所もあって
自由恋愛を謳歌するためには
初期費用(デート代)が、かかります。
それでも、長ーーい目でみると
デート代を全部合わせた費用よりも、
契約(結婚生活)にかかる費用の方が
安上がりなのは明白でしょう。
===
繰り返しますが、
結婚生活が悪いわけじゃありませんっ!
単なる例えです。
===

それでは、長くなってしまったので
本日は、ここまで...
「異性遍歴とケータイ遍歴の相関性」
については、明日以降、述べさせていただきます~。
(今日は、ちょっと固かったので、明日は緩めに^^;)
====
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

てんママです

マロさん、おひさしぶりです~。
コメントありがとうございます。
来年にならないとソフト手に入らないんですかあ~?
送れるものなら送ってあげたいけど・・・・。

てんママさんっ!

コメありがとうございますっ!(感涙)
やっぱり
香港のサイトで注文することにしました。
来週には届きそうです。(笑)
しかし、長男の情報によると
欧州でも今年じゅうに発売されるそうな...
もっとも、いつも、発売予定日が延期延期になるので
当てになりませんが...
てんちゃん、プラチナ開封したら
更新する時間が無くなるかもしれませんね~(笑)

そんなにも

ケータイを愛しているんですね。。。感動です。
これは比較文化論になるような一種の名文ですわ。

N☆~

そうなんだよー。
好きで好きでたまらないんだよ。
みんなにも,ケータイやスマフォを
楽しく伝えられるような
自己満足にならないブログを目指すよ!
「いやぁ,ケータイって,いいですね」
だよ(笑)
映画レビューも書くからね☆





No title

今まで「いけず」と言われたことはありませんが、「どS]ならしょちゅう言われてるKazが降臨しましたv-282

なるほど!こう来ましたかっ!
キーワードは全て使う必要はないですが、封建制度時代の結婚とは意外なとこをついてきましたね~。
この制度の長所は、親の強制によって良かれ悪しかれ誰でも結婚できてしまう点にあるのではないでしょうか?

No title

わはははっはは~~!!!
ほんと、本にまとめて出したら、ケータイ話。
アメリカの場合はどうなんだろ、電話そのものは
何処でも買えるけど、決まった会社と契約はするわけで。
そういえばこの前、私たちの携帯が調子悪くなったんで
新しいのに買い換えるついでに、角のも変えてあげようか、
ってことになってT-MOBILE(うちが使ってる会社)に行ったの。
で、私たちのはいいんだけど、角のだけは、今の携帯を新しいのに
かえると75ドルだかなんだか、別にかかります、とか言われてさ。
契約してからまだ1年経ってないので、新しい電話にしたいなら
チャージがかかるんだってさ。別に他の会社に切り替えるわけじゃ
ないのに、電話も新しいの自分でお金出して買うのに、
なんで?とよくわからなかった。
これって、「・・・新しい彼女に変えるのはまだ早いぜおにいちゃん」
って言われたようなもの?

そうか~~~!

そうか~、携帯を「男」のみならず
「結婚」にまで例えてしまえる、その研究肌なところがすばらしいっ!!!
さすがは「携帯肌」かつ「研究肌」マロだねぇ~。感動したわ。
これからの更新が楽しみっ!!!
映画を男にたとえるってのも、楽しみにしてるから。

Kaz牧師

えっ?京都弁で「どS」を「いけず」って言うんじゃないんですかーっ????!!!!
で,どMは「おたべ」じゃぁ?(笑)
どSな愛の牧師にぴったりな
どSケータイもあるんですよっ!
今度ご紹介しましょうっ!

でも,封建制度時代って
婚期を逃したら終りって危険性もありますよっ!
(あ,女だけか??)
ま,妾OKだし村祭りも夜這いもあるんで
Kazさんでも楽しく
生きていけそうですねっ!(爆)


餡子

おっ忙しいとこ,コメってもらえて嬉しいよ。
麹町隣組も読んでね☆

アメリカも契約しないプリペイドもあるんだけど,
欧州と違って,かなり低機能な機種しかない。
つまり,婚約しないんなら
「あばずれ」としか付きあえんぞってことね。
で,75ドル払えっつぅのは
インドなんかで,たくさん結納金つけて嫁に出した娘が
出戻りにされたら嫁の実家が怒って
「ぐぉっらぁっ,結納金かえせっ」
って怒鳴りこむってことだな。













エイガリアン

そういや,エイガリアンが命名してくれた「ケータイ肌」
これも,こっちでも使おうかなぁ?
いろいろ,まつがってくれて(笑)ありがとうよ!(涙)

映画は男にたとえるんじゃなくて,
出て来る男をけなしたりほめたり
って思ってたんだが,
余力のある時は映画自体を男に例えてみるよ。
ま,素晴らしいスマフォとダメな男については,
ほんっと枯れることのない泉の如く
言いたいことがあるから楽しみにしててね~!

殆どアナログ

う~ん、プリペイドの上、旦那の超お古を緊急用のみに
携帯している、まんまは結婚してても実感のない
気分は何時も独身v-12
マロの分析は面白い~

まんま~

ふふふ。まんまタイプについては
今日、また、別途、書くよん☆
乞うご期待☆

将来の日本の携帯電話産業

マロさん、お久しぶりです。
ちょっと皆様のコメントの流れとは別方向のコメントします。

日本国内では高度の技術を有する携帯電話産業ですが、海外事業に関しては、過去、現在と同様、将来も日本はあまりうまく行かない可能性大です。

数年前、日本携帯電話大手が続々と海外事業から撤退しました。
その原因の1つが、日本国内ではサポートしていない、海外2G規格であるGSM/GPRSの対応のもたつきです。
その撤退時の各企業の共通した捨て台詞が、「世界が3Gの土壌になってからの勝負だ!」でした。
今3Gのオペーレータは海外でも当たり前になっておりますが、今だに日本製携帯電話機は海外では不振です。
このままだと、現在3GPPの取りまとめで進められているスーパー3G(LTE)規格についても同様でしょう。

この原因の1つに、DoCoMoやSoftBank等のオペーレータがすべてを支配する、今の日本の携帯電話産業の構造にあります。
各企業にとって、国内オペレータは最大の顧客であり、国内オペレータからの厳しい要件に対応するだけで精一杯で、海外事業を考える余裕があまりないのが現状です。

本当に打開策を今すぐ検討しないと、日本の携帯電話の将来は、国内だけで潤って、井の中の蛙となってしまいます。

Yongren同志!

Yongrenさん、待っていましたよぉぉ!!!
(さりげに、ミクシ足跡残したりしてましたが
気づいていただけましたか~!!)

全く、おっしゃる通りです。
この夏
「日本の携帯電話端末と国際市場」(大崎孝徳 著)

「iPhoneが日本に上陸する日」(山根康広 著)
を読みました。
前者は、学者的な立場から
後者は、ケータイが大好きなケータイを生きる
ケータイ研究家の立場から
書かれているのですが
(ゆえに前者の情報の方が古く、やや単面的で
 後者の方が、新しく実戦的な情報が多い。)
やはり、日本のメーカーや携帯産業へ
警鐘を鳴らしており、
「ケータイ産業のみなさん、読んで~~っ」
と心の中で叫び声をあげておりました。
Yongrenさんは、もう読まれているかもしれませんが
強力お薦めですっ!!

しかし、ケータイ(というよりもメールSMS)が
日本は(おそらく韓国も??)
視覚型言語文化(「絵文字」)
欧州は
聴覚型言語文化(youをuと当てる「音文字」)
であるため
ノキアは絵文字はやらないけれども
音声補助はしっかりしているなど
日本型ケータイと
海外ケータイとは
似て非なる存在として別方向に進化、
共存していくかもしれません。
ただ、日本市場には、もうちょっと自由がほしい(涙)!!

No title

マロさん、さすがですね。
そういった本にも目を通されているのですか。
おはずかしながら、その両方の著書とも知りません。
というか、そういった本読んだことありません。
本当は職業上、そういった本読むべきなんですが、携帯電話の基本ソフトの設計・開発に携わっていながら、SMSさえも使ったこと無い私みたいな技術者が結構日本には多く生息していて、それも日本のテクノロジー産業の廃頽の一要因なのかもしれません。
しかし、このオペーレータがすべてを支配する産業構造からの脱却は、今の携帯大手にとってはほとんど不可能な状況です。
日本国内だけで発展している携帯電話産業ですが、国内企業は決して儲かっているわけではなく、ほとんどの会社が赤字です。
従って海外に出ていくしかないのですが、それがあれやこれやで全然うまく行っていないわけなんです。
このままだと、オペレータ共々共倒れの状況を招くのは必須であり、オペレータ側もそのことを理解しているとは思います。
それなら、オペーレータが中心になって、今の状況を打破するための検討を、企業の垣根を超えて行えば良いはずです。
DoCoMoが旗振り無理なら、政府がやるべきです。
情けない状況ですけど、国内企業一体になってやらなければ、スーパー3Gも4Gも、日本企業には未来はありません。
麻生新内閣の優先課題の1つに、景気対策がありましたが、これこそ政府が率先して進めてほしいものの1つです。

ちなみに、もうすぐ仕様がまとまる次世代規格のスーパー3Gに対してのノキアやモトローラ等の海外大手の力の入れかたは相当なものです。
スーパー3Gに関する特許の出願数が半端じゃない数なんです。
比べて日本企業は全然だめです。
もし出願した特許の技術がスーパー3Gのコアの規格として採用された場合、スーパー3Gの電話機を開発する企業はすべてその技術を自社機に実装しなければならない=ライセンス費を特許を出願した会社に払わなければならない、ということになります。
今の時点でスーパー3Gに関する特許戦争も、日本企業は海外企業に既に負けてしまっているという段階です。

この状況、日本企業の海外子会社に所属している私にとっては死活問題であります。

Yongren同志!2

いえ、さすがでも何でも無く、ただ単に好きなんですよ!
夫には「無駄遣いして」と嘆かれています。
でも、誰にも止められない、という感じで。(笑)

>日本国内だけで発展している携帯電話産業ですが、
>国内企業は決して儲かっているわけではなく、
>ほとんどの会社が赤字です。>

オペレーターと共倒れになっても不思議じゃありませんね。
前者の本に
「日本のメーカーは【技術天国】だ」との
批判が載っていましたが、バブル天国となるのでは。
こうなると、やはり、鎖国的状態を
保つしか道は無くなってしまい悪循環となるのかも。

韓国のケータイは、技術的には日本に及ばない
と考える日本人も少なくないと思うんですが
サムスンやLGの臨機応変、融通さ、マメさを
日本のメーカーも研究していかなければ
現状打破は難しいんじゃないでしょうか。

Toshibaのケータイ/スマフォなど
レビューは良いのに、どうしても
欧州市場に入っていけないし
ちょっと頑張っていたシャープも
見かけなくなりましたね。
中国でも、以前は、NECなど活躍していたのに。
シャープのAquosは、まだいけるかもしれませんが
あっというまに、ノキアやサムスンが
高級ブランドとして確立してしまったという
印象を受けます。

その特許の話も、暗澹たる気持ちとなりました。
(Yongrenさんご夫婦の死活問題とともに!)
GSMに進出しようとした時も、確か
特許で苦しめられたんじゃなかったでしたっけ?
こういう点の詰めが甘くない所が
やはり、ノキアのすごさだと思います。
モトロラは、最近、欧州市場では、元気無いですが
起死回生をかけて必死でしょうか?
その特許戦争に、既に負けているというのは...。(涙)

ノキアがタッチパネル式ケータイを
発表しますが、どんな作品になるか楽しみです。
個人的には、QWERTYキーボードで薄いE71は、
これからも、タッチパネルと共存していく機種だと
信じているというか、作り続けてほしいです。
しかし、日本人として、次回は
東芝かシャープを買おうかなぁぁぁ??(笑)
実は、シャープ(770SH)も、東芝(日本のケータイ)も
相性悪かったんですが、スマフォは、また、別かも。

Yongren同士の話、面白いです!!
コメ欄でよかったら、どんどん書いてくださいっ!!
お礼に、中国語の歌詞、翻訳しますから(爆)。

携帯あれこれ

おはずかしながら、自社製品だけでなく、他社製品の上物のこと、全く知らないのですよ。
ハンドオーバー、データの送受信、回線接続、パケット接続、ローミング等の通信制御は仕事がらわかるのですが、本当は一番大事なユーザインターフェースは、ど素人ですね。
妻曰く、私みたいなものぐさダサおじさん連中が寄ってたかって日本のIT産業を悪い方向に持っていっている、というのも納得いけます。

>サムスンやLGの臨機応変、融通さ、マメさを
>日本のメーカーも研究していかなければ
>現状打破は難しいんじゃないでしょうか。

これ本当にかの国のやり方を見習うべきです。
またまた妻曰く、製品設計の段階で、おばさん連中を大量投入して、センス音痴おじさん連中を窓際にもっていけば、きっといい製品が作れるそうです。

>「日本のメーカーは【技術天国】だ」との

全く持ってその通りだと思います。
我々の技術はすごいのだ!と言うおごりですよ。
実際、技術が劣るはずのかの国には、全然負けていますからね。

特許の件に関しても、韓国もそんなに出願件数は無いはずですが、ビジネスは成功していました。

>こうなると、やはり、鎖国的状態を
>保つしか道は無くなってしまい悪循環となるのかも。

これ、過去の私が携わっていた、PC98の悲しい歴史を思い出します。
御存知とは思いますが、国産機PC98の国内での繁栄は、本当にすごかったですよ。
なんせ日本のPCの半分以上はPC98でしたからね。
まだWindows95が出ていない頃の日本では、Microsoftは日本国内市場では、NECの顔色ばかり伺っていたのに、Windows95が出た後は、立場が逆転してしまって、とうとうPC98の幕引きということになってしまいました。
PC98の終焉の理由は、Windows95の出現により、ユーザが日本国内でもPC98を使う必要がなくなってきたこと、PC98がどんどん進化するUSBやその他の新規デバイスについていけなくなってしまったこと、PC98では世界に通用しないこと、MicrosoftがPC98だけの特別対応を止めると言ってたこと等です。
このPC98終焉を契機に、NECではPC98やっていた大量の技術者が、携帯電話関連に移管され、今に至っております。

今の日本の携帯電話事情とそっくりです。
歴史は繰り返すですね。
日本国内だけやっていては、いずれ大変なことになってしまうということは、過去の経験からわかりきっているのに。。。

さっそく、総務省のホームページに行って、「日本の携帯電話産業の将来の為に、何らかの打開策を検討してください。」旨の投書を行いましたよ。
不祥事ばかりの公務員ですが、政府に動いてもらわないと、企業間の思惑等もあって、日本の産業構造の改革は不可能ですから。

Yongren同志~(涙)!3

NECの二の舞....
確かに...歴史は繰り返すですよね。
当時のNEC独占状態なんて、今、全く
想像つかないですよね。
現在の日本の若者というよりも30代以下は
コンピューターといったらWindowsかMac。
現在では、PCという言葉でMacを含めているのに
接する度、違和感をもっていました。

私はITは、大学時代のワープロの先駆けで入り
仕事でLotus1-2-3やDosの時代に入ったんですが
おそらく、現在は、マイクロソフト全盛時代
コンピューターといったらWindowsかMacかLinuxか
(英国の保守党、労働党、自由民主党?)
NECの全盛時代は聞いたこともないという
コンピューター使用者の方が多いんじゃないでしょうか。

>このPC98終焉を契機に、
>NECではPC98やっていた大量の技術者が、
>携帯電話関連に移管され、今に至っております。>

よく考えれば自然の成り行きなんでしょうが
かなり驚いています。
だったら、なおこそ、なんとかならないもんでしょうか。
NEC、ケータイも、本当に3年くらい前までは
上海でも(中国の雑誌)でも、見かけたんですよ。
今は、他の日本のメーカーとともに雲散霧消ですよ!
実は、3年くらい前に、おそらく中国だけで販売された
NECの正方形のケータイ(上海の友人所有)が、
私が初めてほしいと思ったケータイでした。
そのケータイは、英国の雑誌でも紹介されていました。

>総務省のホームページに行って、
>「日本の携帯電話産業の将来の為に、
>何らかの打開策を検討してください。」旨の投書>

すばらしい。この投書、拝読したいです~。
そういえば、この流れで書かれた書籍もあります。
私は読んでいませんが、政府側の委員会の一人が
「世界一奇妙な日本のケータイ産業(というような題)」で
内容をまとめていました。
それが、
SIMロック解除に結びつくといいと思っていたんですが
今のメーカーの状態では、危険なのかもしれませんね。
ただ、販売奨励金を廃止するのは
全く、見当違いな方向に進んでいるんじゃないかと
思いました。
例えば英国の契約などケータイ自体は無料なのに
日本では「一円ケータイ」が
さも安いように言われ続けていたのを見ながら
奇怪に感じていたのですが
二年しばりやら何やら、オペレーターは
産業全体、日本の経済全体は考慮せず
自らの保身にのみやっきとなっているような印象です。

土地を失い、小作人となって
技術やデザインを身売りしながら生きる将来には
絶対なってほしくないです。

横レスですが

ドコモを使ってますけど、
1円携帯がなくなって、携帯自体が高価になったので、
機種変にすごーく慎重になりました。
5万とか、一気に払えば済む話ですけど、
ローンにして、2年間いいのが出ても変えられないって、
(もっともお金を払えば済む話ですが)
ちょっとしたストレスです。
夏に見送った機種変、この冬には絶対したいと思ってますが、
「これを2年使うのか~」と考えて、またできなかったら嫌だなぁ。v-37

日本の携帯が中国で消滅した理由

書くのを忘れていました。

日本の携帯が中国で消滅した理由は、中国が独自に自国内のみの3G規格を決めてしまったからです。
欧州規格のW-CDMA、北米規格のCDMA-200とも違う、新たな3G規格である、TD-SDMAという名称の規格です。

さすが中国は頭いいですよ。
中国市場は大きいし、海外企業も無視はできず、しかしTD-SDMAを自社製品に実装するために、中国にロイヤリティを払わなければならない。
今後中国は色々な技術において、中国ローカルな標準規格を作ってくると思いますよ。
標準だけ作って、お金がかかる製品自体の設計開発は他国企業にまかせて、さらにロイヤリティをとる、本当にすごいビジネスです。

DoCoMoやSoftBank等の国内オペレータが言うものだけを作っている日本企業じゃ全然だめですね。

お幸~

あの二年しばりって一体,何なんだろ?!!
私なんて、絶対、二年も同じケータイ使えないよ。
いや、使うけど、メインのケータイは替えて行く。
なんだか、日本のキャリア(オペレーター)の
制度って、おかしいよ。どこに行くのか。
Yongrenさんの「年下男で解く」のコメントも
是非、参考にしてね!
一人でも多くの人に知ってほしいよ!!

Yongren同志!2

そうだったんですか。
しかし、あの3G規格、どれだけ加入者がいるんだろう?
確か、香港は違いますよね?
上海では、パケ放題を始めたと思ったら、取り消したりで
大混乱があった事もあるのか、3Gに対しても
警戒心あるかもしれません。
その前に、国内での地域別ローミングの問題がありますし。
しかし、ほんと、中国政府も
あこぎっていえば、あこぎですが(笑)
うまい商売してますね~。
やっぱり、国が、商売上手じゃないと始まりませんね。
Yongrenさん、これだけの情報、コメ欄じゃ
もったいないですよ。
是非、ブログにっ!!!
とりあえず、後日、私の雨風呂ブログでも
抜粋紹介させていただいても宜しいでしょうか?

TD-SCDMA誤爆!!

すみません、完全誤爆です。
TD-SCDMAは始まったばかりだから、消滅理由じゃないです。
知ったかぶりしてすみません。

しかし、将来とんでもないことになります。
ネットで調べてみればわかりますが、日本のどの企業もTD-SCDMAをまともにやっていません。
私の会社の内地からの転勤者の上司に聞いてみたら、中国だけの市場で世界標準ではないので、いずれ立ち消えるみたいなこと言っています。
とんでもない!
TD-SCDMAは中国政府が強力に推し進めているプロジェクトですよ。
しかも中国は共産国だから、いずれ中国の3G市場はすべてTD-SCDMA一色になってしまいます。
マロさんは、WiMaxという別の携帯電話の技術も御存知だと思いますが、中国は政府の方針でWiMaxはペンディング状態にして、TD-SCDMAを優先的に推し進めています。
日本企業は中国が共産国だということを忘れてしまっています。

現時点で、何もやっていない日本企業は、はっきり言ってGSM対応の二の舞になることでしょう。
つまり、中国市場進出をあきらめるしかないということになるでしょう。

No title

Yongrenさんのお話も興味深く読ませていただきました。
ネットで携帯の話を読んでも、素人なのでさっぱり分からないんです。
でもこうやってマロさんやYongrenさんのお話を伺っていると、
少しは分かるような気がして、「読んでみよう!」という気持ちになります。
これからも楽しみにしてます

Yongren同志っ

誤爆っていうよりも
「お告げ」じゃないですか?!!(爆)
ほんとうに、「お先まっくら」状態ですね。
絶滅しますね。
やっぱり、これは、北氏の提案していた
Gショックケータイや
DSケータイの方向に流れるしか、
活路は無いかもしれません。

Mobile WiMaxが中国でペンディング状態に
なっていたのは知りませんでした。
中国の携帯雑誌などでは見かけますが
まだ、どっぷりGSMですし、
国内ローミングや、パケ料金という
課題の方が、より注目されているという
印象を受けていました。
しかし、中国のケータイ雑誌って、
種類も豊富だし(印刷レイアウトも美しい)
(大学が出しているメジャーな雑誌もある。)
かなり詳しい記事が載っているんですが
日本のケータイ雑誌は、
ケータイBESTの記事を除いては
ケータイの新モデルや
ケータイサイトの紹介が殆どな雑誌が
主というのも以前から気になっています。
中国の雑誌は、人口が多いからかもしれませんが
種類数そして内容ともに非常に豊富で、一般人でも
専門家の情報に触れられるような雑誌が多いです。

あの国に進出できたケータイメーカーの利益を考えると..
(サムスン...)
日本企業、あきらめるしかないのかも。(涙)

お幸

ミクにリンクした文章も、是非、読んでみてね!
私も、お幸の紹介してくれた文章で
ずいぶん、勉強になりました。
ありがと~☆
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。