スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各国の金と中国ジュエリー雑誌

中国で業界向けではない一般ジュエリー専門誌が
創刊されたのを夫が買って来てくれた。
====
何これ?とのお怒りは、どうかこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
他のもっと面白いブログ一覧へ跳べます!
=====
女性ファッション誌「Harper's Bazaar」の
ジュエリー隔月特刊なのだが、英国版HBには
ジュエリー特集はあっても特刊は見た事が無い。
(アメリカ版にはあるのだろうか?)
基本的に英国のジュエリー雑誌は、業界誌か
中性的な「時計宝飾」系雑誌で
イタリアのVogueのジュエリー特刊や
フランスやスペインのElleの
「アクセサリー(ジュエリー、バッグ、靴)特刊や
フランスMarie Claireのアクセサリー特刊の様な
女心をそそる美しい雑誌は、無い。

たぶん...出しても売れないんじゃないか?(笑)

何しろ、英国では、ジュエリーの金の基準は
日本で一般的な18K(18金)ではなく9K(9金)なのだ。
金の含有率は半分にも満たない、
つまり37.5%しか金が入っていないのに
「金」と名乗っている、そんな「貴金属」が
英国の9金なのである。

コンセプトとしては面白いジュエリーの少なくない
英国だが、貴金属としての価値には、あまり
拘らない人が多いのかもしれない。
9金が登場したのは、金が軍需品として規制された際の
対策であったので、アンティークのジュエリー等にも
9金は、よく見かける。
もちろん18金も売られているのだが、突然、値段が上がり
デザインも婚礼風となってしまい面白くなくなり
手頃に良い質の貴金属ジュエリーを楽しむのが難しい。

私の知る限り、フランスやイタリア、スペインでは
18金が一般的で、確かフランスは
金と名乗るためには最低基準が18K(金含有率75%)
だったと記憶している。(10年以上前の本の知識だが)
イタリアは質も良くデザインも斬新で美しい
ジュエリーが手頃な値段で買える天国だ。

ギリシャは古い文化の国らしく
美しい黄金色の22金が人気らしく多かったし
同様に古い文化であるインドは行った事が無いが
英国のインド人街の宝飾店で売られているのは
やはり最低でも22金が基準、そして
中国では限りなく24金に近いものが売られている。

ちなみに
純金=24金は柔らかすぎてジュエリーに向かないので
他の金属を混ぜて固くするため、
中国の限りなく純金に近い「足金(99%)千足金(99.99%)」
でも100%純金ではない。
これは、ジュエリーとしてだけではなく資産価値もあり
金市場の価格と連動して売り買いされる。


さて、金の話が長くなってしまったが
(ケータイと同じくらい貴金属ジュエリー大好きなんです)
ジュエリー好きの多い中国
ブランド好きの多い中国
不景気にも関わらず持ってる人は限りなく持っている中国
そんな中国から、
さらに、お金を搾取したいと考える各国業界の思惑が
この「ジュエリー専門ファッション誌」として
登場しても全く不思議は無いだろう。
既に、Elleアクセサリー特刊(ジュエリー/バッグ/靴)は
かなり前から、季刊誌として登場していた。

今回の創刊号を飾るのは、ジャッキーチェンの
ハリウッド映画にも登場していたShuQiちゃん。
中国ジュエリー雑誌表紙
台湾出身で香港で活躍するヌードで売り出した
セクシー女優だ。(飯島愛的存在)

この雑誌が、とにかく、豪華絢爛、内容満載。
欧州系雑誌にも見られるブランドの新作紹介や
セレブのジュエリーも1/3くらい載っているのだが
残りは、あくまでも中国に焦点が当たっている。

そして、この中で、特に目を引いたのが
上海出身で米国にてジャーナリズムを学び帰国後
中国報道界で大活躍する楊瀾(ヤンラン)が
創り出した自ブランド「LAN」の紹介記事。
(LANというと、つい別のLANが...)
このジュエリーが実に良い。
中国文化に明るく、且つ、世界をよく知る彼女が
選んだデザイナー達と妥協せずに極めたブランドだ。

楊瀾ジュエリーデザイン画

知的上品美人な楊瀾も付けてます。

楊瀾詳細


ところで「この雑誌、最高~。買って来てくれて
ありがとーー☆」と夫を讃えながら読んでいると
ケチで有名な長男大14歳が覗きに来て言った。

大「また、何か買うつもりかよっ?!!」
母「買わないよっ。買うお金無いしっ!」
大「じゃ何で、そんな雑誌読んでんのっ?」
母「こーゆーのを目の保養って言うのっ。
  美しいものについて知るのが楽しいんだよ。」

と、ここで「鑑賞」について説教しようとすると
大「ふん」と冷笑。

大「フツーの人は、そんな雑誌にお金を使わないんだよ。
  雑誌のかわりにモノを買うんだよっ!」

だーかーらー
その金がねぇっていってるんだろーーーがっ
お前が大きくなったら買ってくれるのかよっ?!!!
金出さないくせに口出すんじゃねぇよっ!!!!

今は、こんな減らず口をたたいている長男も
大人になって誰かを愛するようになったら
父親の様に自分では身につけないジュエリーやバッグを
妻や女家族に貢ぐ事に喜びを見いだす様に
なるのだろうか?
妻をないがしろにして
自分の趣味にだけに大金をそそぐような
バカ夫にだけはなってほしくない。
(お金があるかどうかは別として(笑))


こんな隠居に、どうか、お恵みを~
人気ブログランキングへ
↑↓どうか押して下さぁいっ(涙)↓↑
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アクセサリー・ジュエリー福袋
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

喉から手

>知的上品美人な楊瀾も付けてます。

この写真、合成に見えるのはまんまだけか?

貴金属嫌いではない、、いや、むっちゃ好きかも
でも手が出ないし、いまやつける機会もない。
子供が出来てやめたものの中にアクセサリー、香水、マニキュア
ヒール、フォーマルな服一式。が~っ、女終わってる?

インド系のお店だと24Kが主流だよね。
奴らはデザインってより、金の価値そのものを
身に付けてる感じだもん。
婚礼用のど派手なものでも24Kで、どうやって細工を
維持させてるんだ?って位凄いのがあるよね。

引き出物にも金や絹せいの生地、服とか、、、物品至上主義
まぁ、、札束詰まれるよりは良いのか?

しゅてきぃ~~~♪

この楊瀾のジュエリー、いいね~。
彼女にすごい似合ってる!
こういうゴージャスなジュエリーが似合うようになりたい~と
よく思うけど、持っててもつけるチャンスがないんだよな。
財産としてのジュエリーにはあまり興味ないし・・・。
ジュエリーつけるために、社交界デビューでもするかっ!?(どこで?笑)

No title

9金ってはじめて聞きましたよ。
てか18金の18って何だ?て思ってました。
含有率だったんですね。
俺はまた18歳以下は分不相応だから身につけるなという意味かと・・・

ところで日本では金を身につけてるとヤクザとかチンピラとか下品系に分類されがちですが、俺はシルバーのアクセが大好きなんです。
ピアスなんて6つくらいワッカのつけてますよー!

※バックが金のチンピラ系ひなまつりバナー押しましたwww

No title

わたしも、綺麗な22金が好きです。18金は青っぽく冷たいような気がしまして。
9金・・・それ、金?!びっくりしましたー

それよりですね、大くんの女子の好みはどうなっていくのでしょうねぇ。。


No title

  マロ、10日ぶり。

  私も、英国の貴金属の主流が「9金」というのは初めて知ったよ。

  私は宝石の原石が好き。
  でも、私はこの写真の楊さんみたいにジュエリーが似合わず、要するにセンスがないのね。
  アクセサリーが活きるような、センスある身に付け方のコツがあれば、ぜひ教えて!

  義母が香港土産に私にくれた大粒の一連の珊瑚のネックレスを、私の夫がなくしてしまったの。
  細工の少ない天然の粒で、とても気に入っていたのに、留め金が壊れて(昔の中国製アクセサリーは留め金が粗悪だったよね)、夫が修理に出してやるというので彼の机の上に置いたら、翌々日には忽然と消えていたのよ。
  珊瑚や真珠は身を守ってくれると聞くけど、これは本当かしら?マロは聞いたことある?

No title

お久ぶりになってしまってすいません。

ところで・・・。お兄ちゃんは無事に帰ってこれましたか~??

でも、イタリア、ローマに行けるなんていいですね・・・。

ラテン語ですか・・・・。そうですよね・・・・。英語はもう、大丈夫なんですもんね・・・・。

まんま~

合成(笑)って、どーゆー部分が合成なんだよ?
単に、私のケータイ撮影技術がせこいだけじゃ?(爆)
修正はしてると思うが(笑)

いやさ、もう、ジュエリーは持ってるだけで幸せって世界。
つけてくとこも無いしな(笑)
見てるだけで嬉しいオブジェだな。

中国の24金は、ごくごく少量のチタンを加えて
固くしてジェリーに細工してるんだけど
インドは、どうなるんだろうな。
英国じゃ、24金ジュエリーは公式には売れないはずだから
インド人街でも22金として売ってる事が多いんじゃないかな。
最近は、変ったのかもしれないが、以前は、そうだった。

エイガリアン~

そうそう、彼女に似合っているよね。
他にも数枚、別のジュエリーの写真があったけど
皆素敵だった。
実際につける時は、このモデリング写真みたいに
「全て」のセットじゃなくて、一点だけ、とか
どこか、はずすんだろうけど、こうやって見ても
絵としてきれい。
ジュエリーは、持っていて眺めて喜ぶ事にも
価値があるんだーー。
だから、私は指輪が好きなんだよ。
指輪以外のジュエリーって、つけてると
自分自身では見れないじゃん。

Kazせんせいっ

そうそう、その18禁の解釈で合ってますよっ!!
くれぐれも未成年には手を出さないように
あ、違った、未成年は手を出さないようにでしたね。
ほほほほほほ。

シルバーの乳白色な柔らかい輝きもいいんですけど
手入れが面倒じゃないですかぁ。
私は、ヤーさんな金ぴかが大好きですっ。
特に純金の暖かい輝き、そして
何年土に埋まっていても輝きを失わないという
タフさが何よりも好きです。
銀閣寺より金閣寺ですから(笑)
当然、このひなまつりバナーも金屏風で選びましたよっ

ゆぶ~

そうそう、18金は、銀のせいで青っぽく冷たくなる事が多いね。
でも、赤くしたりピンクにしたり青くしたり緑にしたり
紫にしたり黒にしたり、いろいろ楽しめるって良さもあるのよん。

大の好みねぇぇ...
以前は「明るい子」が好きだったんだけど、どうなるのやら~

madu~~

バカンスどうだったーーー?

センスのある身につけ方???知らないーーーー
私は、見せるためのジュエリーじゃなくて
集めて密かに楽しむジュエリー収集家だから(笑)
あれこれ付けるの好きじゃないしね。
指輪は付けながら眺められるから付けるけどね。

珊瑚のネックレス、結局、見つかってないんだ。
以前、言ってたよね、ショウメイの「風水」で
家を片付ける話の時に。覚えてるよ。
でも、それ、どっかから出て来るんじゃないかな?
以前、私の友人が、高価な時計無くした時も
「そのうち出て来るんじゃない?」って言ってたら
ほんとに出て来てたよ。2年か3年たってたけど。(笑)

玉(翡翠)が身を守るというのはよく聴くね。
珊瑚と真珠は、どうなんだろう。
問題は、珊瑚も真珠も、有機宝石だから
長時間、直接、肌につけると劣化するってとこだよね。
玉は、肌につければつけるほど良くなるから
そこに大きな違いがある。
珊瑚も真珠も愛され尊ばれて来たのは確かだけど
扱いが難しい宝石だな、と思う。

てんママさーーん

お元気ですかー。
明日、帰国なんですよーーー。
昨日は、登山だったんですが、無事だった模様です。
イタリア、ローマ、英国からだと、
日本から韓国へ行く様に行けますからねぇ。
でも、学校旅行で海外行けるなんて羨ましいっ
公式には
ラテン語の使われていた時代へ思いを寄せ実感する旅なんですが
ただ単にクラスメートと騒いで終わってるかも...
何か得るものがある様に祈ります。
英語は、もう大丈夫というより、英語しか大丈夫じゃないというか..(爆)

きんきらきん

韓国では産まれた子に金の指輪を贈る習慣がまだ残っていて、将来の裕福さを願うのと、いざってときは「その金を生活の足しに」っていう考えもあるので22Kが好まれるみたいできんきらきんっと光っていたよ。ちなみに歯医者でもかぶせるのは金歯が普通で、私は「たのむから銀にしてください」とお願いしちゃったよ(日本人は皆そういうね、ってセンセイに言われたけどね、無事銀にしてもらいましたー)

No title

中国やインドが金好きってのはわかる気がしますね
私やてんママはジュエリーにあまり興味がないので
ほとんど身につけてません
そういえば、結婚指輪もはめてないかも^^;
ま、これはネックレスにして首からぶら下げてましたが
切れちゃってから、そのままかな~

そういえば、てんママはどうしたんだろう?
あるのか?

Re: N☆

> 韓国では産まれた子に金の指輪を贈る習慣

おぉ,中国でも「足金(純金)」の贈り物をするよ。

歯医者の詰め物
金でも白金(WG)もあるじゃん?
ただ欧州のジュエリーのWGは
金属アレルギーを考慮してニッケル使用は
禁止されているんだけど詰め物はどうなんだろうと
不安になって歯医者さんにチェックしてもらったよ。
結果,大丈夫だって事でWGを詰めてもらった。
あれ,歯の様に白いセラミックもあるけど
もちが悪いらしいね。










Re: げんえいさ~ん

> 中国やインドが金好きってのはわかる気がしますね>

金には永久の美しさがあると思います。
古い文化は,それを歴史で知っているという感じ(笑)

> そういえば、結婚指輪もはめてないかも^^;

私も家では全ての指輪をはずしています~
外出時に身につけるのは,強盗に入られた時に備えて(笑)
基本的に隠していますが,特に思い入れのある指輪は
絶対とられたくないですからー,

> そういえば、てんママはどうしたんだろう?
> あるのか?

どこかに大切にしまってあるんですよー,きっとっ!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。