スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母と子 Fritzl監禁事件

今日は英国では「母の日」だ。
「Mothering Sunday」というキリスト教の
祝日なのだが「Mother's Day」とも呼ぶ。
====
何これ?とのお怒りは、どうかこちらへ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
他のもっと面白いブログ一覧へ跳べます!
=====
イースター前から数えて46日前に始まる
「Lent(四旬節)」の第四日曜日なので
毎年イースターに連動して動くのだが
街中に「母の日だっプレゼントだっ」
宣伝が溢れるので、いやでも気付く。
次男の小学校では、この週、学校で
「Mother's Day Secret Room」という
小さい図書室に保護者からの寄付で集めた
「プレゼント」を陳列し
1~3ポンド程度の廉価で子ども達に売るという
学校運営資金集めの「店」を開く。
今年、次男は、庭にぶらさげる
「鳥の餌入れ」を2ポンド50ペンス
(500円くらいと思ってください)で
買って来てくれた。
鳥餌入れ
(ぶらさがっているのが鳥餌入れです)
...ありがとう....
ずっと前からほしかったんだ...(涙)
ペンがほしいなぁって頼んでたんだが..
まっ、学校への寄付ですからぁっ!!!
==

さて、
先週、オーストリアで
娘を完全密室状態の地下室に25年閉じ込め
強姦を繰り返し子どもを7人生ませた男
Josef Fritzlに無期懲役の判決が出た。

子どものうち一人は生後すぐに
適切な医療措置を受けなかったために
亡くなり(これが殺人罪として起訴され
判決に大きく影響した)
現在42歳となった娘との間の
現在20歳の娘、19歳と6歳の息子は地下室で、
16歳と15歳の娘と12歳の息子は
「新興宗教に加入した」娘が、実家に「捨てた」
孫娘、孫息子として、地下室の上の自宅で成長した。

この事件報道に触れ、加害者の写真を見て
すさまじいほどの生理的嫌悪感を覚えた女性は
少なくないと思う。
父親や兄弟に襲われるという恐怖を
性について詳しく知った時点で
莫大な心理的抑制力の隙間をぬって
想像してしまい嫌悪感にさいなまれた少女は
少なくないのではないだろうか。
少なくとも、私は、その様な恐怖を抱き
その様な恐怖を抱いた事自体を嫌悪した。

男性が娘や妹はてには母を「女/メス」として
連想してしまい嫌悪感を抱く事はあるのかどうか
私には判らないが
映画やドラマで文学で、近親相姦は
強姦という形であれ恋愛という形であれ
表現されているし、近親「強姦」は
最も歪んだ精神病者の妄想に止まるものでは
ないと私は思う。

しかし、一部の英国の報道で、この男が
娘を「sex slave(性奴隷)」にした、と
書いてあるのには、その表現自体が
何か安物のポルノへの連想を喚起しているようで
非常に不快であった上、違和感を抱いた。

彼は裁判中、自らの犯罪や人格形成に
母が影響していると発言していた。
42歳の時に望まぬ妊娠で彼を生み、
12歳で彼自身が反抗するまで
彼が友人を作る事を禁止したという母だ。
学校での成績が良かったのにもかかわらず
金銭的事情で高等教育を受けられなかった事
(ギムナジウムに行けなかったという事か?)
に関しても彼は母を恨んでいただろう。
しかし、同時に、彼は、有能で
道徳意識の高い母の事を尊敬していた、とも
昨年、逮捕された当時の報道で私は読んでいる。

そして
彼が娘に対して、ここまで非道に
犯罪の中でも最も重大な
「尊厳への犯罪」を繰り返したのは
単なる「性欲」だけではなく
母への歪んだ愛情と復讐心
によるものかもしれない、と
あらためて判決報道を読みながら思った。

一般的に、女性に対して残虐な行為をとる男は
母との間に「しがらみ」を持っていると
私は常々考えている。
母と「正常」な関係を保てなかった男が
女性と「正常」な恋愛ができないと言っているのではない。
大多数の男性は、幼少期、少年期の体験・葛藤を
乗り越えて人生を築いて行くものだ。

しかし、性欲という、かなり本能に近い存在で
ありながら、本能ではなく、過剰な部分
(遺伝子を残すための本能を超えた部分である「欲」)
が、男の性の「攻撃性」と連動した時
成長期の母との葛藤が、病んだ心を支配し、
異常行為の世界へ踏み入れてしまう事が
有り得ると私は思うのだ。

Josef Fritzlが監禁したElisabethさんは
ひょっとすると、彼の娘のうちで
外見にせよ、性格にせよ、最も
彼の母親に似ていたのではないだろうか?

彼女は、奇しくも、彼の母が彼を生んだ年齢になって
地下室に監禁されていた当時19歳の長女の危篤を
きっかけに開放された。

25年、
窓の無い、暗号を知らなければ絶対に
脱出できないと信じるに足るだけの重警備の
地下室に閉じ込められ
父から性的にも精神的にも
尊厳を傷つけられながら生き続けた娘。

彼女を支えたのは母としての生存本能だと私は思う。
復讐するだけであったら、父を殺して
同時に間接的に(脱出不可能となるために)
自死となる事も可能ではあっただろう。
いつかは、ここから脱出するという
精神力の強さが彼女にはあった。
だが、その精神力を、さらに堅固にしたのが
母として子ども達を守るという本能ではないだろうか。

現在、彼女は
ともに監禁されていた子ども達3人と
「母に捨てられた」と信じて育った子ども達3人の
6人の子ども達とともに生活している。
彼女が、
父の犯罪を「知らなかった」母、
自分が新興宗教に加入し3人の子ども達を
託した事について一歩進んで探求しなかった母との
関係を、どう消化しつつあるのかは不明だが
祖母に育てられた子ども達は
リンツの小さなアパートで一人暮らしをする祖母を
定期的に訪問する事をゆるされている。
この子ども達3人にとっては、この祖母が、母でもある。


Josef Fritzlは、三人の母を
たとえ歪んだ形であれ「恋慕」し
そして同時に、「母の無償の愛」を得られず、
復讐したのだ。




ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロさん、このあいだはメッセージをどうもありがとう!まだ
返信していなくてごめんなさいm(_)m

このFritzlの話は、ドイツの報道でもかなり話題になっていました。
例を見ない変態事件として、台湾などでもかなり話題になっていたようですよ・・・。

マロさんが書いていた

>一般的に、女性に対して残虐な行為をとる男は
母との間に「しがらみ」を持っていると
私は常々考えている。

というのは、ウチの母も昔同じことを言っていた。まあ健全な親子関係を
築けていた人なら、こういう事件は起こさないでしょうね。しかしこの事件、オーストリアの田舎で起きたわけだけど、周りの人もこの男の事を
鵜のみにしていたということで、かなり責任は大きいと思う。

サンドラちゃん

返信は気にしないでね~
私こそコメレス遅れてごめんね。
コミュの方にも遊びに来てねっ!

ところで,この事件が明るみにでた時
趣味帳ブログのほうでも書いたけど
オーストリアは自宅に核シェルター設置が流行した時代に
建築許可を得た地下室や建物に対する
強制捜査を行うべきだと思うよ。
確かサンドラちゃんが教えてくれたよね。
実際に,そういう声が強く上がってるって。
全く座敷牢そのものだよ。
どうしても,オーストリアの田舎の
地域性も関係あるのか?とも思ってしまう。


プレゼント

可愛いやんっ!私だったら、こんなのくれたら嬉しい~!
このBird Feeder自体がぶら下がってる
小屋みたいなのが気になるけど、これもBird Feederなの?

ところでこの犯人、そうか~、無期懲役になったのか。
それぐらいでは償いきれないだろっ!?と言う気持ちでいっぱいだけど
刑務所に監禁されて、少しは自分のやってきたことの
罪の重さに気づくんだろうか・・・。
母親との「しがらみ」、かなりあったんだろうな、と私も思う。
しかし、『三人の母を恋慕』と言うのが、(これも私も同感なんだが)
なんともやりきれないなぁ~。
この被害者の女性の深い深い心の傷が、少しでも癒されるようにと
祈るしか出来ないよ・・・彼女の子供たちもね。

エイガリアン~!

可愛い事は可愛いんだが(笑)
もう,餌付け箱あるんだってばぁぁ~っ!(爆)
去年は友人が店の管理してたから
提案してくれて乳白色の
ペシュミナだったんだよ。

ところで,この事件
そうなんだよね…
無期懲役でも15年で釈放考慮対象に
なるからなぁ(恩赦対象じゃなくて…)
今,自殺防止見張りがついてるらしい。

これから6人の子ども達と
強く生きていってほしい。
でも遺伝的にどんな疾患が
あるか,まだ不明らしい。
本当に絶対赦されない罪だよ(涙)

No title

>もう,餌付け箱あるんだってばぁぁ~っ!(爆)
  次男くんの真心が大切(笑)!
  いっそのこと、毎年いただいて、餌付け箱コレクターになるとか。

  そうだよ、このおぞましい事件は、私も本能的恐怖と生理的嫌悪から直視したくない。
  犯人の心理等、理解もしたくない。

  でも、だからこそ、逆に、なぜ?が知りたくなるのね。
  母親との関係が大きく影響しているのか・・・。

  私の日本人友人にモラハラ夫(ドイツ人)に苦しんでいる人がいるの。
  周りは、あんな男とは早く離婚した方がいいと思っているのだけど、友人はほとんど共依存になっているのかもしれないわ。
  彼女のモラハラ夫が、自分の母親の老後の世話は妻がするよう言うから、
「あなたのお母さんでしょう。」
と言い返したら、
「あれは、俺の母親などではない。全くの他人だ。」
と言い放ったんだって。
  お母さんとの間に何かあったのかただすと、
「あった。でも、そのトラウマは言いたくない。」
  この夫は、なにか、やっぱり尋常じゃないんじゃないかな。

>父の犯罪を「知らなかった」母、
>自分が新興宗教に加入し3人の子ども達を
>託した事について一歩進んで探求しなかった母
  これが最も不可解で、不快、おぞましい。
  私のような鈍感でも、夫が怪しいと絶対思うはず。母性本能が嗅ぎ取ると思う。
  Fritzlよりも、この母の本当のところが一番知りたいわ。

  

madu~~

餌付け箱コレクター..
実際に英国に存在すると思うが..(笑)
本人は「灯籠」だと思って買ったらしい。
箱のてっぺんにbird feederって書いてあるじゃん
って指したら「あ、ほんとだ」って...

この事件、ポドキャストでドイツの報道も見た。
こないだの銃乱射事件も、まだ印象に強いよ。
英国でも大報道されてた。

まったく何なの、そのモラハラ夫はっ?!!!
共依存???
赤の他人だったら妻にも世話させるなよっ
どうして、こんなバカと一緒に暮らせるんだ???
バカな男や意志の弱い男と暮らせる女ってのも
バカだったり意志弱いんだろうか?それとも
単なる同情だったり、共依存なんだろうか。
「この人には私しかいない」って、時々聞くけど
それが共依存なのかもしれないな。

この母は、この夫を恐れていたんじゃないかな?
何かおかしいと思っていても怖くて探求できなかったのかも。

No title

これは日本でも大きく取り上げられた事件でした。
フツーは自分の母親とか妹とかには性的な関心は抱きませんよ。
俺も家族は「女」として見ていませんでした。
その分、外に向って「女」を探してたという言い訳が俺のブログの記事になってるのですwww

ところで鳥の餌入れでしたかv-521
俺はてっきり木上で暮らす人の家かと思いましたw

kazせんせいっ

日本でも大きく取り上げられていたんですか?!
ミクシニュースで検索したら載っていなかったので
ひょっとして話題にならなかったのかと思っていましたよ。

女性家族と健全な関係が築けないと
健全な「女」探しができなくなるのかもしれませんね。
健全すぎて女探しが止まらない人もいますがっ(爆)

そうそう、実は、コロボックリの家なんですよっ
昔は、次男の部屋として使ってましたっ!!!!w

Lent、そしてこのニュース

Lentは日本じゃあまり(というか全然?)知らない人多数だろうな、英語圏でもキリスト教に関係ない国だと知らないかもな…でも英国でケンブリッジのLent termとか有名だよね??オックスフォードのHilary, Michaelmas, Trinity (terms)とか、知ってる人は知ってたりするし、アメリカ人でも知らない人は知らないだろうな…などと考えてしまいました…

このニュース、私も「きもちわる・・・」と思って見てたけど、オーストリアの状況は未知だけど、日本での事例で思い出したのが、法学部の授業で(マロさんに話したかどうか、私は日本では某大外国語学部の他に某大法学部も一応行ったんだ…)尊属殺人の有名な判例。これと同じように少女時代から実父に何年も強姦され子供まで産んで苦しめられ続けた女性のケース。この娘は実父を殺してしまったのだけど、従来は尊属殺人の罪は重く極刑に値することが多かったのが、これはあまりにも酷い事例で、実父の行為による彼女の積年の苦しみを慮った判決になったという件。赤裸々な裁判資料を見つつ、異常な家族関係や実父自身の歪んだ母子関係が出てきてたと思う…それまではこんな裁判は特殊な例だとされていたのだろうが、今じゃ悲しいことに珍しくなくなってしまったのかな。

もうひとつ思い出したのは日本の小説家でマンガも描いてる内田春菊の「ファーザーファッカー」シリーズ。彼女自身の体験を元に書かれてるけど「私は売春婦、私の父はその客で、売春宿のおかみは母だった」という恐ろしいことがいっぱい出てくるんだけど、高校時代にハマって読んじゃったんだよ、怖かったな。

N☆~

おぉ,たくさんコメってくれてありがと~☆
コメ女王復活っ!(笑)

Lentって古代ゲルマン語(か,その同系語)で「春」って
意味なんだって。立春を思い浮かべたよ(笑)

専門がないと将来ただの翻訳おばさんになってしまうぅと
法学部に入学したって話,よぉぉく覚えてるよ。
この判例も知ってる(って,どっかでN☆が教えてくれたのかな?(笑))
近親相姦って言うけど実際には
近親強姦が殆どだと思う。
鬼畜な父親は古今東西どこにでもいる。
悲しい事だけどね。
犯罪と同じくらいにゆるせないのが
その「変態幻想」を煽るようなポルノ。
その内田春菊の小説知らなかった。
実話なの?
書かなきゃやってけないんじゃないか…
でも思春期時代?のN☆って,
ほんとに闇系が好きだったんだね~(笑)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。