スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダティと帝王切開体験談

先の土曜日、英国クォリティペーパー
(全国紙)数紙の一面に
話題の仏シングルマザー【SuperMum】
Dati法務大臣離職の写真が載っていました。
====
何これ?とのお怒りは、どうか
こちらへ、ぶつけて下さいっ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
写真豊富な面白い欧州ブログ一覧へ跳べます。
=====
ダティ嬢は、モロッコ移民の父のもと
アルジェリア出身の文盲の母の死後
男手ひとつで育てられた12人の子の一人。
16歳で学校を出てから働きながら勉強をし
裁判官、ニコラ・サルコジの顧問を経て
一昨年法務大臣に任命された努力の人です。
(英国では「Superwoman」と呼ばれる)
その半生の(まだ43歳)
いわゆる「立身出世」話も、すごいですが
何より、何かと話題になる理由の一つに
やはり、美貌があるでしょう。

ダティ
しかも、スタイルは良いし
ファッションセンスも抜群。
それに加え、去年、彼女は、未婚で
さらに、パートナーもいない状態で
妊娠を発表、
「複雑な私生活だから」と
父親の名も明かさず、今年1月2日、
帝王切開によって女児を出産、
なんと、
その5日後には会議に参加するため出勤~!!

産後5日で出勤
ほんとに産後5日目なんです、この写真!
しかも帝王切開だったんですっ!!

この「産後5日後で仕事に戻る事件」が
しばらく賛否両論で英国を含む
巷を騒がしておりました。
私の印象では、彼女の行動によって
産休を取る女性への上司・雇用者からの
プレッシャー風当たりが強くなる事を
危惧する女性からの批判が強かった模様。

ま、そういうバカな上司や経営者も
いるかもしれません。

英国を見ると、妊婦や産後の女性に対する
認識が、日本や中国と全く違います。
いや、正確には中国(と、たぶん韓国)の
「坐月(産後1か月の保養)」の概念が
英国には、皆無。
中国では一般に産後1か月は入浴しない、
髪も洗わないし、体を拭くだけで
当然、食事は上げ膳据え膳で、
外出禁止で、とにかく休養する
(これを怠ると、更年期が辛くなるらしい)
のですが、性急な私は、しませんでした~。
(もうじきツケがまわってくるかも~)

それに比べ
英国女性は、お産当日にはシャワーを浴びるし
生まれて一週間もたたない赤ちゃんを
乳母車にのせて小学校に赤子の
お兄ちゃんやお姉ちゃんを
迎えに来たりもしている。
頑丈そのものっ!!

しかし、このダティ元大臣の様に
びしっと決めて出勤する女性は
やはり、ひっじょぉぉに少ないでしょう。
おそらく、
多くの英国女性は、産後5日目出勤の賛否より
「ぐわぁぁぁっ
 子ども生んだばっかなのに~っ!!」
と、その
颯爽とした出で立ちと体つきに
羨望と嫉妬の目を向けがちでは?

苦境に負けない努力
優秀な頭脳
美貌
完璧な姿態
キャリア
そして
さらに、子ども!!
全て、彼女の努力の賜物ですが
ここまで、やってのけられると
同じ年頃の女性の中には
つい我が身と比べて
自分を責めたり、或は
苦い気持ちになったりする人も
少なくないのではないかと思います。
故に敬遠されがちでもあるでしょう。

私自身は、彼女の政治家としての手腕について
(報道では評判が芳しくなかった)
よく知らないので何とも言えないのですが
とにかく
何よりも反応したのは
帝王切開】という点です。

私、何をかくそう
長男は帝王切開だったんですよっ。
それも難産の末でした。
次男は自然分娩だったので
帝王切開
いっかぁぁぁに大変だか
よぉぉぉく知っているんですっ!!!

近年
「Too posh to push」
というお金持ち女性
(例:ビクトリア・ベッカム)が
陣痛・出産の苦痛を避けるために
帝王切開を選んだり
或は、
忙しいスケジュールに合わすため
帝王切開を選んだりする人が
増えているという傾向が
懸念されているんですが、
帝王切開を選ぶ人
あなたは、あまいっ!!!!!

自然分娩のほうが
全然ラクですよっ!!!!!

ま、私の場合は、難産の末の
帝王切開で、生まれる前も大変
生まれた後も大変、という
一番つらーーーいお産だったわけで
計画帝王切開よりは、よっぽど
苦労したんでしょう。

しかし、上海のエリート病院で
(同時期に鄧小平も入院してたんですぅぅ)
中国語を話す日本人は稀だったのか
部分麻酔で、お腹を切られながら
山口百恵や
宮沢りえ
等、日本の芸能情報について
お医者さん助産婦さん看護婦さんから
あれこれ聞かれ
あれこれ喋り続けて
手術室が盛り上がっていた間には
術後
あんな痛みが待っているとは
想像していませんでした。

私の切開箇所は
次男を英国で生む時に
年配の看護婦さんが
「こんなに低い位置の小さな痕は初めて見る」
と、絶賛するほど
いわゆるビキニの中に隠れるほどの
(ビキニ着ないけど)
ひくぅぅい位置を
中国5千年の技、器用さ世界一の中国でも
「三つの刀(理髪・調理・裁縫)」
で有名な上海人(熟練女医)が
お腹も小さかった事もあり
異例な短さで切り、美しく縫ってくれた
という芸術品なのですが
そんな小さい傷でも
めっちゃ痛い。

お腹ってほど
お腹じゃないのに
それでも痛くて
体に力が入んないんですよっ。
もう
身動きとれない状態。

それなのに医者だの看護婦だのは
「術後すぐから体を動かしたほうがいい」
と勧めるのですが
「冗談じゃねぇよっ」
と却下しました。

私の身体は私が一番よく知ってるんだっ!!

今は、動かしたほうがいいとか
言ってる場合じゃねぇんだっ!!!!

「患者が中国人だったら
 もっと強く指導するけど
 あなたは日本人だから好きにしなさい」
「フツー日本人は我慢強いもんだけど
 あなたは、ほんと、だめねぇ~」
(こーゆーの「ヘタレ」つぅのか?)
等と笑われながらも
とにかく、自分の直感を信じて
産後3日は
まったく寝たっきり。
動きませんでした。

すると、4日目になって
急に痛みが激減し
動けるようになったのです。

6日目に退院する頃には
かなりピンピンな状態で
体も、もともと妊娠で太るよりも
むしろ痩せていたため、すっきりし
今まで私をからかいまくっていた
女医や看護婦が
「とても6日前に子を生んだとは思えないっ」

絶賛するほどに回復したのでした。

まぁ、そんなわけで
帝王切開後5日だったら
やる気になればできるだろ
とは思うのですが
それでも
自然分娩後5日に比べると
めっちゃ大変なはずなんですよ。

しかし、それを
女性が頑丈な国の人は
わかってないんじゃないでしょうか?

故ダイアナ妃も、帝王切開2日後に
赤ちゃんとの公式写真を撮影していたし
米国でもジャッキー・ケネディが
帝王切開の当日だか、車椅子で
大統領選まっさい中の夫のパーティに
出席させられていた場面が
ドラマにあったのですが
これ、ほんっと、しんどいのよっ!!!!

せめて4日は待ってやれよっ!!!

ちなみに
私、次男を自然分娩で生んだ時は
【出産当日】に
退院しましたよっ!!!
出産後6時間を経過したら
退院できるのです。
実際、うるさい病院より家のほうが
よーーーっぽど休めるんです。
夫も一週間は休みをとっていましたが
帰宅後から、ほぼ普通に生活できました。

しかし
帝王切開の場合は抜糸もあるし
自然分娩でも、
確か2週間くらいは出血が続くし
お産ってのは
「病気じゃない」なんて言う人もいますが
そんじょそこらの病気より
よっぽど病気なんだよっ!!!!!

私が一生で経験した病気全部
合わせたものより
あの帝王切開は
しんどかった....。
(これに加えて、乳腺症にもなり
 さらに苦労した話は、また、いつか
 書くかもしれません...。)

さらに、何かにつけて、お乳も出て来るし
(出の良い人だと服もぐっしょり)
産後は、大変なんですよ。
つまり、
その種々困難をおして
出勤する、というのは
それほどの情熱や覚悟や
明確な人生の優先順位が無ければ
できない行動なわけです。
また
少しだけ赤ちゃんと離れる時間があるほうが
母の精神状態にとって良い場合もあるので
私は、ダティ嬢の行動自体を
批判する気には、全く、なりません。

なんで、この時期に
子どもを生もうと思ったのかなぁ?
そんなに子ども欲しかったのかなぁ?
...との疑問は湧きますが...。

下は、「ダティの子の父か?」との噂もある
サルコジの奥さんカーラ・ブルー二のCD。
カーラ嬢は、この噂に激怒、
これが今回の人事にも影響したとの噂あり。

ノー・プロミセズノー・プロミセズ
(2007/05/16)
カーラ・ブルーニルー・リード

商品詳細を見る

これ、ルー・リードと共演している。
驚きっ

======
こんなブログでしぃましぇん~。どうか
無収入隠居に励ましの一票お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Rachida Dati

ついに出ましたね~マロさんなら取り上げてくれるかっと思ってましたよ
このヒトを(下記はフランス版wiki)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Rachida_Dati
Rachida Dati(日本ではラシダ・ダチ、とかなってたよ)は私は妊娠前からマークしてましたよ~政治家としてシャープだしキワドイ発言も多い人ですからねえ「女サルゴジ」とか言われてたしね
婚外子が半数近くのフランスでも相手方を明らかにせずに現役閣僚がシングルママになると目立つのかな…

しかし43歳よくがんばりましたよ~感動ものです。彼女見ると「私もまだいけるか」って思っちゃうよ…しかし私は一応彼女より若いのに結構ボロボロじゃん(涙)私は結構安産と言われてepiduralとか無痛処置一切なしの超・自然分娩、でも3300gのチビを出して産後相当参りましたよ…

ご存じのとおり私は3回手術経験ありどれも痛かった…開腹手術で臓器摘出の時なんかモルヒネなしではやれなかった~っもう帝王切開も怖くない…それより今は見送りOKになった骨盤の手術、初老になったら受ける可能性高いので、見事成功して絶対再発しないといいな~
手術はどれもドキドキですもんね~

N☆~

書こう書こうと、ずっと思ってるうちに
法務大臣おろされちゃったよぉぉ。
表向きの理由は、どうあれ、疑問の残る人事だ...

うん。
43歳初産ってだけで、がんばったなぁぁと一種の感慨あるよ。
これからも、くじけずに進んでほしい。
フランスの婚外子って、事実婚の子どもが多いじゃん?
彼女の場合は、パートナーはいないし
父親の名前も公表しないし、複雑な私生活って言ったら
もう、殆ど不倫の子、みたいな印象だし
(ミッテランのかくし子とかいるけど)
やっぱり現役閣僚としては、異例なんだろうね。
それに加えて、あの外見だから、マスコミも
ほっとかないでしょ。

N☆はさぁ、ほんと、老婆心で言っちゃうけど
体、大切にしてよね!
たぶん、この数年は、仕事は大きく控えめにしても
将来、元に戻れるんじゃないかな?
世の中大きく変わってるからね。
私と10年違うだけでも、大学卒業後の就職状況だの
女性の「社会進出」だの、条件が全然変ってるからね。
子供は、やっぱり、生める時期に、限度があるから。
もっとも、50代で初産のママと、次男の出産前の
検査の時、一緒になったよ。
他にも聞くから、N☆は、二度目だし、まだ30代だし大丈夫っ!

No title

π太郎を自然分娩で生んだ時、
途中で自力で生むのをあきらめかけたのを、
夫に見破られていたた私です。(>_<)
2人目は無痛分娩のはずが麻酔効かないし…(;;)
帝王切開はこれよりきついのか~。
5日目で仕事復帰なんて信じられないわっ!

背中とおなかだと、おなかの方がダメージあるのかしら?
私はヘルニアの手術の後、半月ほどで退院したんですが、
同じ手術でもおなかから切った人は、
8ヶ月入院していたって話を聞いたことがある…。


おサチ~

無痛分娩で麻酔が効かないって、
あるんだよねぇぇぇ。
私の友人も、麻酔が体の半分しか効かなくて
体の半分だけ、めっちゃ痛くて死にそうだったって。
結局、彼女は、お産は、もう二度と嫌だと
子供は一人っ子と決めてたよん。(笑)
帝王切開って言えば、
ヘンリー8世の愛妻ジェーン・シーモアって
第一子を生む時に帝王切開で亡くなったらしい。
でも、麻酔の無い時代の帝王切開ってぇぇぇ(涙)
死因は感染症らしいですが...
私は、現代の生まれ育ちで、ほんとぉぉに良かった。
昔は,未婚女性はともかく、
女性は,お産で、どんどん死んでたから
生き残ったお産が軽い女性は、たくさん子供生んでたんだよねぇ。
しかし、ご主人、見破るって..
自分も、やってみろってゆぅんだよっ!!!

背中とお腹、どうなんだろう?
どっちにしても、胴体って、ダメージ大きいのよねぇぇ。
だから、「腰」って字は
肉体の「要(かなめ)」って書くんだね...。



マロさん*

ダティ大臣、私の美人な中国人友に似ている。(それはいいとして。)

フランスの女性大臣が未婚の母、父親を明かさず~
という、のをちらっといぜん見たままでした。
すごい美人で、すごい人生ですね。
モロッコ人でフランス移民というので
歌手サッフォーを(移民ではない?)の顔が浮かびました。
アラブ系(?)のフランスで活躍する女性。
ダティー大臣はフランス人ですね。
話題の最大の理由は世界共通、この美貌ですよね。
でも、並みの人ではない、努力って言っても努力すればっということには
ならないし、ものすごく深いポリシーがあるんだろうと想像します。
産後五日は、知らないものにもすごさを感じさせます。
体はもちろん心が強い。
その両方とも実は本当に大変なことなのに。
すごい、
Yocoは羨望はしても嫉妬は湧きません。
親子の関係も、人の人生もそれぞれ、
の一言に尽きると思ってるし。
・・・スーパーウーマン万歳!ですね。
私もそんな人になりたい。
彼女は赤ちゃんの父親を単純に愛していたんじゃないかな。
未婚なら、産むか生まないかはその一点だと思えるけど。
とにかく興味深かったですよ~

マロma~
中国での帝王切開など、こちらのお話も大変でしたね。
中国は手先が器用、頭のいい人いっぱい居るし
名医にもかかれる。
先進国(の部分)ですよね。
あっ、50代の初産は英国の方ですね?
産後のお話、中国の方がいいなぁっと
思う Yoco。
英国で産んで、中国で産後、移動は?でした。

No title

まさに帝王ですね!!!
って帝王切開の辛さが全くわかってない俺ですがw

しかし43歳のダティさん美人ですね~。
ぜひ帝王切開の痕が隠れるビキニで悩殺してほしいものですv-336

Yoco小姐~

そうそう、中国にもいる顔立ちですよね~
就任した時も騒がれていましたが
もう去年は、話題どっぷり提供してました。
天分と努力の合体の見本の様な方だと思います。
あまりにもすごすぎて、羨望も嫉妬もわかない、
そこにいる、という感じ。(笑)
これからも、がんばってほしいです。
産後5日は
心も体も強くないとできませんよね。
英国の新聞に、産後4日で
仕事で戻った母の記事が載ってましたが
(この母は第三子で自然分娩。夫あり)

赤ちゃんの父親を愛して...
そうなのかもしれませんね。
この赤ちゃん、お母さん似で美人になりますように(笑)

いや、中国にも高年齢で出産の人、たくさんいますよ!
やはり、中国で産むのがベストですよっ!!(笑)

Kaz帝王

Kaz帝王に是非とも、この辛さ
味わっていただきたいもんですねっ!!
しかし、男性に陣痛と同じ痛みを与えると
ショック死する可能性があるそうですよ。
骨折を捻挫と誤解していた帝王には
是非、実験してみていただきたいもんですねっ!!

ダティさん、動画だと、もっとキレイ可愛いんですよ。
ここで紹介しているカーラ・ブルー二さんも
もとモデルだけあって、美しいです。
CD、是非、ここから跳んで買って行ってください~っっ
そうしたら、ダティ嬢ビキニの写真(帝王切開前)、探して来ますよっ!

再コメ失礼します

>でも、麻酔の無い時代の帝王切開ってぇぇぇ(涙)

えええええ!
いやあああああああ!
私、ヘルニアの手術の前の造影検査の時、
あまりの痛さに失神したんですよ。
たかが(じゃないけど)注射で。
手術に麻酔なしなんて考えられませんっっ!

現代で良かったと本当に思います。
私自身、吸引か鉗子分娩で生まれているんですが、
π太郎も鉗子だし、促進剤も使ったし、
π子に至っては薬のない時代だったら生きていないから、
もう昔だったから確実にこの世にない命。感謝~。

>背中とお腹、どうなんだろう?

背中の方が傷口があまり動かないし、
(と言っても、まっすぐに切ってくれたらしい私の傷は 曲がってるけど)
内臓を動かさずに背骨に行き着けるから、
ヘルニアの場合はマシかな?と思ったけれど、
後で無痛分娩の時に、「もしかしたら内部が癒着していて、
麻酔がうまく入らないかもしれない」、と言われ、
表面的にはすっかり治っても、
内部はそうじゃないんだな~と思いました。
無痛分娩の麻酔が効かなかったのは、そのせいじゃないと思いますがっっ。

無痛分娩も、陣痛~いきみの時まで効かせてくれる場合と、
陣痛だけの場合とあるらしいけれど、
私は陣痛だけだったから、
生む瞬間は、陣痛から痛みに耐えていたπ太郎の時より痛かった…
夫だったら絶対耐えられないと思うわ。
頭痛で入院した人だし。
 ↑
(クモ膜下の時じゃない、ただの風邪か何かのとき)


おサチ~

うわぁぁぁ
失神するほど痛い注射ってぇぇっ?!
そういや出産で麻酔する時の注射ってのも
針は,ぶっといし
(見ただけで失神した夫)
それなりに痛いはずなんだけど
既に陣痛もきつくなってるんで
なんにも感じないってのも
今考えるとすごい…。
そうそう,いきみの時に麻酔きらせるじゃん?
私は,それに我慢できないで,痛みの中
「私は一回目帝王切開なんだっ!
危険グループなんだっ!何かあったらそうするんだっ?!」
と医師と助産婦を説得して
麻酔追加させたよ。
でも無事生まれた。
一回目,帝王切開でよかった~(涙)

ほんと昔だったら確実に死んでたよ~
それだけでも現代に生きる幸運が身にしみる~

背中も大変そうだよね~
そうそう帝王切開も内部の傷が回復するまで
妊娠できないもんね。
目に見えない所の傷は大きい…。

痛みの記憶で再コメ~~っ

うう~
サチさんのコメ読んで自分の記憶が蘇ってきたっ
恐怖を共有したいので思わず再コメますっ
ヘルニア1回目手術、韓国で相当怖い思いした、
部分麻酔の同意書取ったのに台に上がったら全身麻酔掛けられ、
日本ではおそらく溶ける糸使ってテープで固定するところを
3針くらいザクザク糸で縫って傷がぱくぱく一部が開いててありえない~(有名大学病院なのにっ)しかも翌朝退院、ソウルの荒い運転のタクシーで後部座席に棒状になって帰宅したけど激痛で数週間家で伸びていた…
これに懲りて翌年卵巣のう腫の時は日本に一時帰国して手術したけど
腫瘍が10cm以上になってたので腹腔鏡では取れず、骨盤間をめいっぱい横切りの開腹手術。。。実は韓国でコレが見つかった時「子宮筋腫でしょう」と言われたので重大視してなかったが日本でMRI取ったらもう摘出するしかないサイズに膨れ上がった卵巣だった~~筋腫と思って温存してたらと思うと怖すぎ。死ななくて良かった~~~
その後のヘルニア2回目も再発手術だから大変だった(@日本)、しかしヘルニアの発作そのものも痛い、恐怖もすごいしな…
これらに比べると16時間の無痛処置なし自然分娩の痛みはマシだったかも…産まれた喜びもあるしね~~

N☆~

ぐわぁぁぁ,恐怖共有させられた~っ!(涙)
ほんと,お産の方が,よっぽどラクだね。
でも,それ,すごすぎ。
英国だったら訴訟に発展してるって。
そういや私の友人なんて病院のミスで
会陰切開が間に合わず裂けちゃって
怒って病院と示談。賠償金を得て手術もしてた。

ともかく卵巣腫瘍ぎりぎり間に合って良かった。
しかしN☆は胴体に要注意な体質なのかもな。
中国医学で分けるんだよね。
私は呼吸器とかが弱い体質らしい。
で,手術にまでは至ってないけど
病気になる時は確実に喉や鼻から。
(って,みんな,そうか?)

はじめまして

ブログを拝見させて頂き、あまりにビックリして
ついコメントさせて頂きました。
帝王切開後5日で仕事復帰ですか。
なぜ、そこまで頑張るのでしょう。

私は巻き爪の簡単なオペ後、仕事を5日休みました。
しかも、6日目に出勤したときの働きの悪さったら・・・
足に力が入らないように、なんとなくビッコ。

世の中、強い女性が存在するんですね。

日本人でよかった。
とはいえ、日本も産後休暇はだいたい2ヶ月とれても、
育児休暇がなかなかとれない職場も多く、
子育て支援とは、一体どうなっているのかな~
と考えちゃいます。
少子化に歯止めがかからないのも、この状況では
仕方ないのではないかしら、と思う日々です。

ところで、会陰裂傷は損害賠償の対象になるんですか?
これも衝撃的です。

Yumiさん

コメントありがとうございます☆
レスが遅れてしまって、ごめんなさい。

このダティさんは、厳しい子ども時代から
努力で着実に自己向上し、今の地位を得た人なので
やはり、休んでいるわけにはいかなかったんでしょうね。
しかし、実際には、この役職からは
はずされてしまったのですが。(理由はどうあれ)

巻き爪の手術、そ、それも痛そうです。
出勤する時も大変そうですし。
もっとも、このダティさんだったら
当日から仕事でしょう。

産休は、結局、実質上とれないようですね。
そして職場復帰しても、乳幼児がいれば
それまでと同じ様には仕事ができるはずがない。
女性が息長く仕事を続けられるような仕組みが
整っていないので
結局、やめざるを得なかったりする。
そして一旦やめたら元に戻るのは至難の技。
現代は、子どもを持つ女性に損したという感覚すら
あるのではないでしょうか?
その一方で、独身だったり子どもがいないことでの
女性への風当たりは、まだ強い。
こんな状況で、少子化に歯止めがかからないのは
当然だと思います。
近い将来、社会に、その、とばっちりが来るでしょう。

ところで、会陰裂傷、この友人の場合は、
損害賠償というよりも、示談と賠償の対象となりました。
ただ、訴えたのは、会陰裂傷だけではなく
この病院の全体的なサービスの悪さでしたが。

それでは、どうか、また、遊びにいらしてくださいね☆

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。