スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイマレー沖大海戦インタビュー【4】

==週刊朝日(昭和16年12月28日号)から【4】==

【ハワイマレー沖両大海戦を讃ふ】(平出大佐に聴く)
週刊朝日巻頭記事
12月12日
海軍省にて

大本営海軍報道部
海軍大佐
平出英夫氏

本社出版局長
鈴木文四郎

===Part 4===

【鈴木】
それから十一日の新聞に出ておりましたけれども
サンフランシスコ沖で大きな貨物船が日本の潜水艦に
沈められたというのは、日本の海軍当局として
おかしいナ、あっちの方を思っていた所が、
アメリカの潜水艦が自分の国の船をやったんだという
実に落語みたいな話がありますね。
【平出】
ほんとうに落語みたいですよ。
しかし南米からのニュースがそれを伝えているんです。
【鈴木】
あの狼狽ぶりはほんとうだろうと思えますのは
「ホワイトハウスや議会の中までも」
砂嚢やバリケードを造っていることから見ても
わかると思いますナ。
【平出】
ルーズヴェルトが動く場合に身辺を警戒してるのが一個中隊だそうです。
自由の国、共和国の米国がですよ。
これは何を意味するか非常に滑稽な事実だと思うんです。
【鈴木】
アメリカでは早速両院の海軍委員会を開いて、
すぐに損害の補充準備にとりかかったという電報がございますがこれは当然のことでしょうね。
【平出】
当然でしょう。しかしそれが出来上がるのは
恐らく三年以上も後でしょう。

夢と消ゆ「渡洋作戦」

【鈴木】
そうでしょうナ。
とにかくアメリカが日本に向って昔から、
マハン以来豪語しておったところの
渡洋作戦というものは、夢になったというわけですか。
【平出】
夢ですね。絶対に出来ますまい。
少なくとも三年後に補充できるまでは駄目でしょう。
しかし三年といってもその間にまた何隻やられるか知れませんからね、
或いは永久に出来ないかも知れません。
渡洋作戦をやるには、敵の戦力の四割ないし五割増し
もっと欲をいえば六割増しというのですが、
今度あれだけやられちまったんですから、日本と対等というより、
むしろ向うの方が下りやしませんか。
ですから、渡洋作戦なんて絶対にできません。
【鈴木】
殊にグワムを奪られ...。
【平出】
そうなんです。根拠地がないんです。
フィリッピンあり、グワムあり、ジョンストンあり、ミッドウェーありというならば、
来る見込みもあったんでしょう。
その根拠地なしには、六割以上の勢力を持ってしても来られやしません。
【鈴木】
グワムやミッドウェー、ああいった一連の島嶼ですナ。
あれを日本に奪られることの彼等の軍事的損失は、
どういうふうに解釈したらいいでしょうか。
【平出】
あれは
「渡洋作戦の途中の不沈の航空母艦」
というわけですからね。
【鈴木】
その中でもグワムが一番大きな根拠地ですか。
【平出】
そうなんです。島も相当大きいですし、相当に強力です。
しかし艦隊をそこで修理するなんていう能力はありません。
主として補給ですね。
それからミッドウェー、ウェーキ、ジョンストンなんていう島が
航空基地として出来上がったのは、一ヶ月か二ヶ月前ですよ。
それからグワムは、予算は通ったが、なかなか実施できないうちに
攻略が済んだんですから、これは予算が儲かったと
喜んでるだろうと思うんです。

(Part5 へ続く)
=========

「予算が儲かったと喜んでる」(笑)
いつの時代に於いても、資金ぐりは基本の基!
戦国時代の合戦でも、金勘定は、しっかりしていたはず。
しかし、アメリカの国力(経済力/資源)に対する
海軍大佐の非常に楽観的な観測は、意外に感じたのですが
わざと、公開インタビューでは、こう言っていたのでしょうか?
ミッドウェーなど具体的な地名が出て来ると、
後の歴史を知っている立場では心が痛みます。

ところで、貨物船の誤沈。
イラク戦争時も、さんざんFriendly Fireをかまして
「敵軍ではなく味方の米軍に気をつけろ」と
英国で大顰蹙をかっていたアメリカですが当時も...
確認技術?が、あまいんでしょうか?
大雑把すぎる???
アメリカは何故戦争に勝てるか?
やはり、国土、経済力、資源etc???
その点、その面で弱い英国は、本当の意味で
結構、戦争が強いんじゃないでしょうか?!!
...いや、基本的に、戦争は、絶対、避けたいんですが
どうしても、やらなきゃならないなら、勝ってくれとも思う隠居です。
このインタビューでも、後、
戦うか否かの政治的見地についての興味深い意見が出て来てます。

===
宜しければ、是非、励ましの一押し
お恵みください~っ!
携帯モバイルブログ
ブログランキンへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

誤爆・・・

ええ、戦争の苦しみは、敗色濃厚な時および敗戦の苦しみがほとんどだと思いますから、
どうしてもというなら、勝たないといけませんよね。


湯船ちゃん

英国の海戦なんかは、もともと
非戦闘国民は、ある意味、無縁のところで
ドンパチやってて、その結果も、
暫くたってから伝えられたりしてたから
国民は結果待ちで勝ったらお祭り騒ぎしてたのが
飛行機の登場によって、一気に空爆で
全国民の戦争となってからは、随分
変っただろうね。
たとえ勝っても、自分の家族が殺されたらなぁ~..
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。