スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の脳内[読み上げ機能]

30数年前日本語訳で読んだドストエフスキーの「罪と罰」を
英語訳で読み直し、翻訳小説が苦手な理由が判った。
セリフのせいだ。
====
何これ?とのお怒りは、どうかこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
他のもっと面白いブログ一覧へ跳べます!
=====

セリフが出て来ると、頭の中で、声優らしき人が
そのセリフを読み上げてしまうのである。
当然、日本語訳の時は、その「声優」が日本語話者となり
英語訳の時は、「声優」は英語話者となる。

この小説には、ドイツ人やポーランド人やユダヤ人が
登場し、英語訳では、いかにもドイツ人といった
外国訛りの英語でセリフが書かれ「声優」も
忠実に訛ってくれるのだが、それ以外の
「知識階級」のロシア人(主人公家族や友人など)は
英国アクセントの英語を喋っていた。

日本語訳時代の日本人声優より、
ロシア人に近くなったのかどうか..わからない。
どっちもどっちだ。どっちもロシア人に聞こえない。

英語で読むと、
ジェーン・オースティン映画やドラマの
登場人物になってしまうし
日本語で読むと、「はいからさんは通る」の
記憶喪失した伊集院少尉の様になってしまうのだ。
(両方とも好きなので、それはそれで良いのだが(笑))

無理矢理、これはロシア人なんだと思い込んでも
頭の中に浮かんで来るのは
ハリウッド映画で米国人や英国人が演じる「外国人」
アラビアのロレンスでアラブの王族を
インドへの道でインド人哲学者を演じた
何人でもOKアレック・ギネス..
(ドクトル・ジバゴでロシア人も演ってました。)
或は、ロッキーで、ロシア人を演じたスウェーデン人
ドルフ・ラングレン。
頭をめぐるのは俳優の熱演よりも
「何故、ロシア人を使わないのだろう???」という疑問。
似ている..俳優によっては熱演でかなり似せさせている
のだが、やはり、本物とは、かけ離れているのだ。
太秦映画村と江戸時代以上に違うはずだ。

しかし、私はロシア語は挨拶とお礼と
NHKラジオ講座で覚えた
「これは家です。」
「お父さんは働いています。」
「お母さんは家にいます。」
くらいしか知らないし
(もっと有意義な文を覚えたかった(涙))
これから残りの半生(どれだけあるか不明だし)
かけて勉強する気もないし、しても、おそらく
ドストエフスキーのどの作品を
読める様にはならないと思う。
だから、翻訳で読むしか術が無い。

だが、これが、英語と中国語だったら
絶対、絶対、絶対、日本語では読めない。
同時に、翻訳ではないのだが
日本語で書かれた中国舞台の歴史小説。
これも、どうしても読めない。
何故なら、私の頭の中では
時代劇的な日本語で喋る中国人は
完全に有り得ないからである。

もっとも、例えば、三国史時代の中国人の中国語は
あの映画「レッドクリフ(赤壁)」の俳優達が
喋っていた中国語とも違っていたはずなのだが
中国語が日本語や、何故か中国語訛りの英語に
訳されるほどの莫大な違和感は無いのだ。

この違和感は、英語や中国語で書かれた日本の本を
読んだ時にも、当然、感じる。
有り得ない。全く別物の印象になってしまう。

実は、我が家には、夫が上海で買って来た
「枕草子」の絵巻画や日本画写真を豊富に挿した
美しい翻訳書があるのだが、これも、
「春はあけぼの」が
「春天黎明很美(Chuntianliminghenmei)」
と脳内セリフ変換読み上げ機能発動時点で
清少納言が現代女優演じる楊貴妃に変身してしまった。
やっぱり、枕草子は清少納言がいい...。(涙)
楊貴妃に会いたいんだったら唐詩の世界に行く。

ただ、もし、私の頭の中で声優がセリフを
読み上げなかったら、どうだろう?
抵抗無く、その世界に入って行けるのだろうか?
そして
視覚優位型の人は、小説などに出て来るセリフを読む時、
頭の中で声を聞いているのだろうか?
それとも、字面を見て、声無しで、すっと、その世界に
素直に入って行けるのだろうか?
もし、そうだったら、かなり羨ましい。


====
視覚優位の方も、聴覚優位の方も、どうぞっ

人気ブログランキングへ
↑↓どうか押して下さぁいっ(涙)↓↑
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。