スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は島国か??

「日本人は【島国根性】だから云々」という批判を
よく聞くが、私は、常々疑問を抱いている。
====
何これ?とのお怒りは、どうかこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
他のもっと面白いブログ一覧へ跳べます!
=====

本当に「島国」根性なのか???
「島国」だから排他的で
「島国」だから、出る杭(クイ)は打たれるのか???

英国もハワイもアイルランドも島国だ。
インドネシアもフィリピンも島国だ。
スリランカもマダガスカルも島国だ。
ニュージーランドも島国だ。
私から見たらオーストラリアも島国だ。

私は、島国は、日本と英国しか、よくは知らない。
しかし、上に上げた島国の国民性が
皆、似通っているとは..、あくまで、印象や
想像の範囲だが..とても、思えない。

国ではないが、デンマーク所属の
グリーンランドも大きい「島」の中で
固まって暮らしている印象だが、
ここでは「出る杭は打たれる」というよりも
「無茶すると遭難する」という方が適当なんじゃないか?
しかし、それは「出る杭は打たれる」とは意味が違う。
また、排他的になろうとしても、そもそも
排すべき「他」が、いなそうではないか。

どうも「島国根性」というと暗いセコい
イメージを私は連想するのだが、
映画「南太平洋」に出て来る様な南の島に
暗いセコいイメージは、あるだろうか?
それとも、この南の島の民達も
「外国人観光客」が見ていない所では
出る杭を打ちまくっているのか??
出る杭は、長老裁判にかけられて、太平洋へと
追放されるのだろうか??
「外人」に表面上は笑顔を向け、影では
わら人形に杭ではなく五寸釘でも打っているのだろうか??


私は、日本に、もし、実際に
「出る杭は打たれる」的な傾向があるのだとしたら
それは「島国根性」ではなく
「山国根性」なのではないかと考えている。

日本は、確かに、島国だ。だが、
英国の様なスコットランド以外は平べったい島国と比べ
日本は、島国というよりも遥かに山国としての要素を
強くもっているというのが私の抱いている印象なのだ。

日本は島国であり山国である。
同じ日本人、同じ県であっても
山国と沿岸地域で、「国民性」や「県民性」は
大きく異なり、とても、一つではまとめられないはずだ。
そして
日本人が、普段「島国根性」と呼んでいる内容は
どうも「山国根性」ではないのかと思うのだ。

何故かというと、ニュースや住民のブログなどで聞く
欧州の山国スイスやオーストリアの話に
どこか日本の「山国根性」を
彷彿とさせる印象を受けるからだ。
また、
大きく開かれた海に向かう環境よりも
周囲を山に囲まれた環境のほうが
遥かに閉塞感が強いからだ。
閉塞感は、人をより排他的にさせるのではないか?
そして、その排他的圧力が、外ではなく中へ向かうと
「臨界状態に近い緊張感」が
(これは山国出身の友人が語っていた言葉だが)生じて
「出る杭は打たれる」状況が生まれるのではないだろうか?
学校や、学会など「出る杭は打たれる」傾向が強い
と言われる環境に、海ではなく、山を私はイメージする。

もちろん、山国で生まれ育ったから自動的に「山国的」
沿岸地域で育ったから自動的に「島国的」と
なるわけではない。
しかし、日本も日本の国民性には、
少なくとも、この二つの相反する「国民性」は
存在すると私は考えている。
それが「日本人は島国根性だから云々」という批判に
納得できない所以なのでだ。



====
今日も、短い...ですよね???
これ以上は、短くできないーーーっ
まとまりませんーーーっ
どうか、励ましの一押し、お願いしますぅぅ(涙)

人気ブログランキングへ
↑↓どうか押して下さぁいっ(涙)↓↑
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 海外にて日本を考える
ジャンル : 海外情報

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。