スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語習得は子の選択

英国,今日から夏時間,日本との時差は8時間になりました。
本日も一部で不評な(笑)多言語ネタですが
なるべく短く止めます。だから,どうか
押してくださ~~いっ!(涙)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
他のもっと面白いブログ一覧へ跳べます!
=====

非日本人と結婚し海外に住む日本人で
子どもの日本語習得に試行錯誤する人は多い。
しかし「うちの子はバイリンガルです」と
「誇らしげ」に言う親の話を聞くと
大抵,子どもは5~6歳,大きくて小学校低学年程度だ。
それだけ海外で日本語を習得させるのは大変なのだ。
両親とも日本人の家庭でさえ,子どもの
日本語維持には苦労するのである。

当然だ。
言語の習得には,本人の適性と環境が
何よりも深く影響し
どちらが欠けていてもうまく行かないからだ。
しかし,その環境を整えたり
本人の「適性」に関わらず努力をさせて
力を引っ張り出すのは「親次第」だ,と
考えている人も少なくない。

つまり,子どもの言語習得がうまく行けば
それは「親の努力の成果」という考えだ。

そのせいか,時々,幼児の,特に,母親で
子どもの日本語は自分の責任だ,と
思い詰めている様な方を見かける。
例えば「一親一言語」
(父は父の言語,母は母の言語だけを子に対し使用する方法)
の徹底に躍起となり,それを阻む配偶者や義理家族等に
不満を抱く親もいれば
「日本語環境」を作るために,特に仲良くない日本人と会って
子ども達を遊ばせ,子ども達が日本語を使わないと
怒る親も,いる。

子どもに自分の母語を伝授したいという感情は
住む場所が自分の国であろうとなかろうと
自然に生まれるものだろう。
むしろ,その感情が生まれない人は,
母国や母語に対して何らかのわだかまりを
持っているのではないだろうか。

しかし,我が子の日本語習得の為に,
日本語を解さない配偶者や義理家族との関係に
亀裂が生じたり,子供の日本語のために誰かと会ったり
子供たちが楽しく遊んでいる時に
使用言語を強制するのは本末転倒だと私は思う。

子供にとっては,成長するだけでも大仕事なのだ。
親が自ら母語の異なる配偶者を選び
(片親の)母語が使われない環境に住む,
その「選択」の「落とし前」を
何故,子供がつけなければいけないのだ?

だからといって,日本語を教えるな,と
言っているのでは無い。
14歳と10歳の息子の母として、幼児の親御さんに
そんなに緊張しなくても大丈夫だと伝えたいのだ。
親が,子供に根気よく日本語を話し続けるかぎり,
その日本語への答えが外国語(子にとっては母語)であっても
日本語は残る。
泣きながら日本語学習をさせなくても
日本語の漫画やテレビやゲームや歌の面白さに
触れさせれば,日本語は,残る。

私自身も子ども時代に学習を強制ではないが渇望された
英語や中国語に,密かに興味を示しながらも
押し付けられるのが嫌で反抗したのだが
高校時代に母が亡くなり
一念発起して中国語学習を始め、さらに
英語も,大学時代に一念発起して始め
その結果,現在,中国語も英語も
日本語ほどの力は無いものの全く困らないし
言語が基盤となる文学もお笑いも楽しめる様になった。

語学は、本人の強い「渇望」がなければ上達しない。
そして、その「渇望」は、
本人の心からしか生まれないのだ。

基礎さえ作っておけば,後は子供次第、
もっと日本語を上達させたいと子供自身が思うか否か
子供の日本語能力を決定するのは
結局のところ,親ではなく
子ども自身の「選択」ではないだろうか。

また、子どもが、大人になって
親の母語を選択しなかったとしても
それは、親の「不甲斐なさ」でも責任でも何でも無い。
子の人生は、子が選択して、決めるものだ。




===
あ...結局、長くなってる....
しゅみましぇぇぇん
これ以上短くまとめられませんでしたぁぁ~

人気ブログランキングへ
↑↓どうか押して下さぁいっ(涙)↓↑
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。