スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際教育/結婚の大義名分

近年、日本で、子どもの教育に
英語系インターナショナルスクールや
アメリカ人学校や英国人学校等
「英語国際教育」を選ぶ日本人家庭が増えている。
====
何これ?とのお怒りは、どうかこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

他のもっと面白いブログ一覧へ跳べます!
=====
このうち特に目立つようになったのは
片親が非日本人という家庭や
「海外駐在が多いので教育を英語で」
と願う「海外駐在員系」家庭ではなく
どちらかと言えば
「外国とは縁もゆかりも無い家庭」系ながら
日本で英語による学校教育を受けさせたい家庭だ。

そして,
日本で生まれ育つ子どもに
「日本人向け」として作られた教育を
受けさせないという事に対する
「世間の風当たり」が、かなり大きいらしいのが
実際に国際教育を選択した親によるブログや
掲示板への書き込みから,うかがわれる。

この「世間の批判」の元にあるのは
実は「大義名分の有無」だと私は思っている。

「大義名分」に、こだわる人は多い。
赤の他人の行動に
「大義名分」を「求める」人も多ければ
世間に対して、自分自身の行動を
「大義名分」で釈明したいと思う人も多い。

日本人児童の国際教育について言えば、
まず「大義名分」の「王道」は
片親が非日本人である事だ。

その次に
「海外駐在員家庭」組が来るが
近年は、世界各地に「日本人学校」ができ,
これは無条件な大義名分とはならなくなった。
海外駐在を繰り返す家庭は、
「日本人学校の無い国や地域」に赴任する
可能性もあるので、それが、日本にいながら
「世界中で普遍的に教育を受けさせやすい英語」で
子どもの教育をなめらかに継続させるという
「大義名分」ともなるのだが,
海外駐在員数が爆発的に増えた今日では
海外駐在家庭が「日本人学校」を退け
「現地校」を選ぶ場合には、また
「日本人学校が遠い」等の
「大義名分」が「必要」となる様になった。

また、二年程度の駐在期間だと分かっていて
日本人学校の近くに住む事も可能でありながら
学童期の子どもに英語学校教育を受けさせ
帰国後も、英語で就学した為
日本語が不十分なのを「大義名分」として
英語学校教育を継続する家庭もあるだろう。

そして,「大義名分」の一種の「ヒエラルキー」の
最も下に来るのが
「海外とは縁もゆかりもない系」だ。

そもそも
子どもを日英バイリンガルにしたいから
英語国際教育を受けさせるというのは
世間的には「大義名分」として
容認されていないのではないだろうか。

英語系インターナショナル校にせよ
英国人学校にせよ米国人学校にせよ
「英語教育学校」は
学童
に英語を教える学校ではなく
学童が英語で学習をする学校なのは
海外の日本人学校が、
海外にある「日本の学校」であるのと同様であり、
例えば
「自分は英語ができなくて苦労したから
 子どもには【ラクに】英語を習得してほしい」
という一種の「親心」に応える為の学校ではないという
当然の認識が広まって来たのも
「親心」が「大義名分」とならない理由の一つだろう。

そのせいなのか,もともと存在したものの
近年特に増加した印象を与えるのが
同じく「親心」系であっても
英語学校教育を受ける理由を
【日本の学校には無い「世界的な視点による
 ユニークな教育」で「自由な発想」が
 可能な子どもを育てたい】などの「理念・思想」に
求める親である。

しかしながら
「理念・思想」という概念を「大義名分」とするのは
「十字軍」やら「ジハード」やら近年の「テロとの戦争」やら
否定的な連想する人も少なくない上,
理念・思想なのだから当然登場する反論に対して
理路整然とした回答を出す能力が無ければ
ますます「大義名分」とはなりにくい。
そのため
大義名分の王道「片親が非日本人」以外の
英語学校教育組への「世間の批判や疑問」は、続くのだ。

その批判と連動して
「国際教育」を選んだ「日本人家庭」組の中で
「理念」系と
「(子どもに英語で苦労させたくない)親心系」との間に
境界線と,それに伴う差別意識が生まれる。

実は,この状況は
「国際結婚をしている日本人」組への
「世間の風当たり」が生む「大義名分」への渇望と
非常に、よく似ている。

「国際結婚組」が「世間の疑問や批判」である
「なぜ外国人と結婚したの?」への
「釈明」として第一に掲げるのは
「恋愛」だ。
「好きになった人が【たまたま】外国人だった」
統計をとったら,この台詞は一位になるだろう。

実際には「大義名分」も、へったくれもなく
「【やっと】縁があった」のが外国人という人や
単に周囲に外国人が多く
「気付いたら外国人と付き合っていた」という人も
決して少なくないのは、
日本人どうしの結婚と大差ないのであるが
頻繁に「なぜ外国人と結婚?」と聞かれるうちに
めんどくさくなって、
こう答えるようになっていく傾向があると思う。

「日本人で結婚してくれる人がいなかった」
という,一見,大義名分っぽく聞こえ
批判や好奇心の矛先をかわす
「はずし系」の回答もあるのだが,
基本的に「日本人の相手が見つからないほど
魅力が無いのが明らかな人」には
「なぜ外国人と結婚?」等とは聞かないのが
「大人のやさしさ(笑)」というものであるから,
この回答は焼け石に水ほどの効果しか無い。
よって、結局、この
「恋愛結婚」という日本で受け入れられやすい
概念が持ち出されるのだ。


しかし,
巷には、当然、理念や思想や恋愛のような概念ではなく
「現実的な目的」をもって国際結婚や
国際教育を望む人もいる。

それは
「可愛いハーフ顔の子どもがほしいから」
と答える【「ハーフほしい系」国際結婚組】であり
「子どもにバイリンガルになってほしい」
と答える「バイリンガル渇望系」である。

この「現実的な幻想系」は、さらに
「自分は不細工でハーフ顔に憧れていたから」という
「自分は英語で苦労したから」
と全く等しい「劣等感付き親心系」と
単に
「ハーフかわいー☆子どもは断然ハーフ☆」
バイリンガルかっこいー☆子どもは断然バイリンガル☆」
と公言してしまえるような「脳天気系」に分化される。

そして
「恋愛系」は,同じ「国際結婚組」の
「ハーフほしい」系、特に「脳天気系」に憤慨し
「理念系」の親は,同じ「国際教育組」として
「親心系」「脳天気系」と同類として扱われる事に憤慨し
ますます「大義名分」に固執したり
「理論武装」やら「釈明」やら,
本来そんな釈明が必要な筋合いでも何でも無い事に
励んでしまったりしがちなのは,
好奇心や批判を続ける人に
「概念」を「建て前」と捉えて,真意を疑い
「理解りやすい理由」こそが「本音」だと
思いたがる傾向が強いからなと言えよう。

本音がゴシップ雑誌だとは限らない、
ゴシップ雑誌に本音が書いてある事は実は殆ど無い、
という事に気付かない人は多いのである。


だが,たとえ当事者の意識する「出発点」が
大きく異なったとしても,
「国際教育組」も
「国際結婚組」も
実は、ある共通点で,まとまるのだ。

それは,子どもである。
(子どものいない「国際結婚組」は,ここでは含めない)

バイリンガル教育にせよ
マルチリンガル教育にせよ
多言語国際教育には
「天:両親/先祖の文化的民族的背景(大義名分)
 地:住む土地/環境/学校
 人:子ども本人の適性」
が、噛み合っているか否かが
非常に重要な影響をもたらし,
この三要素が噛み合っていない場合
どの言語も中途半端
いわゆるセミリンガルとなる可能性もある。
(我が家も全く噛みあっていない(涙))

一方,国際結婚の結果生まれた子ども達は
ほぼ確実に【国ぎわ族】となり,
自己の帰属意識への「同胞」からの否定や
他人が自己に与える認識と自己の認識との葛藤に
苦悩する可能性が決して低くない。

どちらにせよ,最も苦労するのは子どもだ。
親が子の為に腐心する家庭であれ
脳天気な家庭であれ
家族の中で「苦労度」が最も高いのは
子どもなのである。

そして,子どもには
どんな大義名分も通用しないのだ。


===
ちなみに,私には,国際教育にせよ国際結婚にせよ
大義名分は一切ありません~。
どうかクリックお恵みください~っ!(涙)

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
ところで、
「あわせて読みたい」というブログパーツを
加えたのですが、いつまでたっても集計中..
何故だ~っアクセス数少ないから~???(笑)
クリックすると「あわせて読みたい」ページに
つながる事は、つながるんですが...
明日あたりには表示されるようになるのかな??
スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。