スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存本能と感受性

まわりっくどい言い方になってしまうが、
日本で、いわゆる「ハーフ」と呼ばれる
(日本比率が1/2であるか否かに関わらず)
片親か祖父母か先祖に「非【日本人】」がいて
かつ「非【東アジア人】」的外見をもつ人々への
差別と帰属意識に関する苦悩について
先日、友人達と語った時の話だ。
====
何これ?とのお怒りは、どうかこちらへ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
他のもっと面白いブログ一覧へ跳べます!
=====
日本の「ハーフ」の人達が
日本に帰属意識を持っても
多くの日本人から、その外見によって
「無邪気に(これが一番残酷だが)」
「帰属」を否定される苦悩は
「生存本能的危機感」だ、と、私は言った。

「生存本能的危機感」とは
私がボーっと考えながら作り出した造語で
当然、学問的裏付けなどは無い。(笑)

何故、帰属を否定されるのが
生存本能的危機感を生むかというと
人は、元来、集団に帰属しなければ
生きて行けなかったため、
帰属できる集団を求めるのは
生存本能の一部であるからだ。

そして、この生存本能には、強弱があり、
一人の人の生存本能の強弱は
年齢や環境、体験によって変動する。

赤ちゃん時代は、誰でも、生存本能が強い。
それが、成長とともに、
「智慧」がついてくると、相対的に
生存本能は弱まり、感受性が高まる。
感受性が強くなればなるほど
生存本能は弱まる。

生存本能は外に向かう力で
視線は、全体(大要)から細部へと動く。
感受性は内へ向かう力で
視線は、細部から全体へと動く。

生存本能が脅かされる時に生まれる苦悩が
生存本能的危機感で
感受性が脅かされる時に生まれる苦悩が
精神的危機感だが
生存本能的危機感が精神的危機感に、
また、その逆方向に変化する事もある。

子どもは、
生存本能と感受性が
バランスよく育って行くのが理想で
大人は
生存本能と感受性を
バランスをよく保つのが理想だ。
感受性と生存本能は
「陰」「陽」同様
バランスが良い事が最重要なのだ。

もちろん
性格的に
感受性が生存本能より遥かに強い人もいれば
生存本能が遥かに感受性を上回る人もいる。
遺伝も、あるかもしれない。

一般的に
「芸術家」として成功する人は
感受性の方が生存本能より遥かに強い。
真の芸術を生み出すためには
さらに感受性を強める必要があるため
生存本能は、どんどん弱まり
究極まで弱まると自殺へとつながる。

逆に、これも一般論だが
「政治家」には
生存本能が感受性を遥かに上回る人が多い。
当然、その「感受性」の乏しさを大公開する事は
一種の「人気商売」としてできないため
うまく隠そうとはするのだが、結局
その感受性の乏しさがにじみ出て来てしまい
「あつかましい」「ふてぶてしい」
という印象を与えてしまう。
不幸な事に、感受性の「強すぎる」政治家は
生存本能の「強すぎる」政治家には
「生存競争」で、太刀打ちできない。


同じ人でも、
どういう時に、感受性が強まったり
生存本能が強まるかというと...

「建設的な恋愛」をしている時は
生存本能が強まる。
ところが、この恋愛が
「不健康」「破壊的」になると
一挙に感受性が高まって生存本能は弱まる。

我が子の誕生で
生存本能が強まる人は多いが
正反対に感受性が強まってしまう人もいる。
もともとの性格と、環境、状況などによって
大きく対極に分かれるようだ。

子ども達と一緒にいると
その生存本能の強いエネルギーをあび(笑)
生存本能が強まる人もいれば
そのエネルギーに圧倒されてしまい
逆に生存本能を吸い取られてしまう人もいる。
自己の子ども時代がどうであったかも
大きく影響する。

仕事がうまく行っている時は
生存本能が高まり、力もみなぎってくるが
仕事が順調に行かなくなると
生存本能が高まり闘争的になる人もいるが
生存本能が弱まり感受性が高くなるあまり
精神状態に悪影響を及ぼす人の方が多いだろう。

生存本能が弱い人は、
仕事が客観的に順調に行っている時でも、
情緒的に不安になりがちだが
生存本能が抜群に強い人が、いわゆる
「仕事ができる人」かというと、そうではなく、
ある程度バランスがとれている事(少なくとも
生存本能が7感受性が3くらい)が
必要なのではないだろうか。

思春期の頃は
感受性が高まり生存本能が弱まりやすいが
年を重ね、気持ちがゆったりして来て
「ふっきれる」と、また
生存本能が適度に蘇って来て
バランスの取れた良い状態に近づく。
「四十不惑」というが、不惑とは
生存本能と感受性のバランスのとれた
状態ではないかと私は思う。

だが、この四十不惑の40歳というのは、
戦乱の世の中で生きた40年のことで
常に生存本能がおびやかされる状態で
その反動として生存本能が強くあり続けた人の
たどりつく境地なのではないだろうか。
生存本能を脅かされる事もなく
傍目には「恵まれた状態」で
感受性が強くあり続けた人が
40歳で「不惑」にたどりつくのは
かなり自覚して努力しないと難しいかもしれない。


......と
ここまで、あれこれ書いて来たが
こんな事を、つらつら考えている私も
かなりの暇人だ。(^^;)


友人達へ:とりあえず、ここまで載せます。
ご質問などありましたら
どうぞ、ご遠慮なく~~☆



ひな祭りは、とおに過ぎましたが
可愛いバナーを見つけました。↓
(一押し、お願いしますぅぅぅぅ)
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。