スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺に「こんな事くらいで」は無い

14歳の長男に関するバカっ母ブログを書き終えた所で
「中1自殺 携帯の留守電に嗚咽 」
という見出しに衝撃を受けた。この事件に対して
「こんな事くらいで自殺するなんて」
という非難が少なくなかったが、
自殺の理由に「こんな事くらいで」なんて無い。
残された者に思い当たる事が
「こんな事くらいで」にすぎないんだ。
たぶん、種々要素が
宝くじやら金庫の数字のように丁度合って
自殺の扉が開いてしまったんだと思う。

自殺をする本人には
こんな事でも、そんな事でも
自殺しか道が残されていない。
抗議の自殺や悔悟の自殺や
他殺後の自殺は別として
むしろ
自殺する時には
明確な理由なんてないんじゃないか?
明確な理由がわかるような状況だったら
死なないんじゃないだろうか?

あれこれ辛い事が重なって
もう、何もかもが、どうでもよくなって
或は
とにかく、救われたくて...
そして
残された道が
死しかなかった
それが自殺なんじゃないだろうか。

検索すると比較的詳しい報道が見つかった。
福岡・中1自殺:担任の体罰で
昨年6月にも「死にたい」と漏らす
3日前にも相談メール


少年は、去年にも自殺未遂を起こしている。
死ぬ、死ぬ、と言って死なない人もいるが
死なない人だって死ぬと言っている時に辛い事は確かだ。

我が家も、この家の家族構成と似て
14歳の長男、小学生の次男なので
この記事を読むだけで辛い。
ご両親の悔やまれている姿が書かれているが
本当に悔やんでも悔やみきれないだろう。
でも、これは
もう、運命なんだろう。

前回の自殺未遂から今回の自殺までに
もっと手を打てたのかもしれない。
数日前に、泣きながら電話していた時に
何か、もっと、できる事があったかもしれない。
長男が家から勤務中の母に電話している時
まだ家にいた父が気付いていたら
何とかなったのかもしれない。
家を出た息子が朝ネットで自殺の方法について
検索しているのに気付いた時点で、お父さんが
急いで家を出ていたら、引き止められたかもしれない。
でも、今回の難関を越えても
この子は、また、自殺していたかもしれない。

やっぱり運命だったんだとしか思えない。
そう思わなければ辛すぎるというのもある。


担任は、忘れ物二つで生徒の頭をげんこつでたたく
ルールを決めていた。
自殺の数日前にも、この子は、忘れ物をして
げんこつで叩かれ、さらに、部活を休み
叩かれていたという。
自殺した当日は、やり忘れた宿題が
かばんの中から見つかったという。

忘れ物をして体罰を受けても
泰然としている子もいる。
私も、中学高校と先生に平手打ちにされたり
後ろから本数冊で頭を殴られたり
覚えているだけでも、かなり体罰は
受けているけれど、
そんな事は、全く、応えないタイプだった。
むしろ、中学の時は、
娘が体罰を受けた事に動揺したのは母で、
学校に電話をかけて事情を聞いて
やんわりと抗議していた。
それで、その後は、私も、体罰については
言わないでおいた。

しかし、たぶん、問題は
体罰の痛みとかじゃないはずだ。

大人と子供のはざまの13歳という
「多感な年齢」では
「大人から見て十分子供な子」に対する
体罰が、子供の自尊心への致命傷となる事もあるのだ。
もちろん、傷つけられるのは自尊心だけじゃないだろう。
もちろん、体罰だけが自殺の原因でもない。

ただ、この子は
パニック状態になったんじゃないかと思う。
おそらく、体罰を受けることも
いやでいやでたまらなかった。
しかし、宿題を忘れて、その日の体罰は必須。

それは、一種のアレルギー発作のようなものじゃないか?
ちょっとでも越えたら発作が起きる。
発作が起きる前と発作の間には
細い細いラインがあるだけ。

とにかく、学校に行きたくなかった。
もう、学校に行かなくてすむ方法を
探る事しか頭に無かった。
不幸なことに
学校に行かなくてすむ方法として
死しか思いつかなかったのだろう。

あまりにもナイーブかもしれない。
でも
13歳というのは
ナイーブであって十分おかしくない年齢だ。
もっと大人で
もっとナイーブな人を
私は、たくさん、知っている。

うちの14歳の長男のように、
どちらかと言えば、たくましいタイプの少年でさえ
時々
ナイーブな一面で私を驚かせるのだ。

また
二人兄弟の兄というのは
(おそらく二人姉妹の姉もだが)
両親という大人と
弟、妹という子どもの間にはさまれる存在だ。
下の子より確実にプレッシャーは大きい。
これが
二人でも、兄妹、姉弟だったり
三人以上の兄弟姉妹だったりするのと
随分、事情が違う。
これが、兄、姉にとって、
うまく作用する場合もあれば
単に負担となる場合もある。


どうやったら
子どもの自殺を防げるのか...
月並みな言葉だが
それは親の永遠の課題
永遠の懸念
永遠の恐怖
永遠の痛みだ。

少年は死によって安らぎを得ただろうか。
もし少年が安らぎを得たとしたら
たとえ、それが、親にとっては
体を切り刻まれるよりも苦しい痛みと
生涯癒される事の無い傷と
引き換えに得られたものであっても
親は、まだ、慰められるのではないか。

少年の魂が安らかにある事を祈る。

スポンサーサイト

テーマ : 中学生のママ
ジャンル : 育児

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。