スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子を愛せない母もいて当然

一昨日、英紙Daily Mailの女性特集ページ
(曜日ごとに健康だの財テクだの特集が替わる)を
流し読みしていたところ
母娘の写真付き見開き一面で載っていた
「娘を愛せない」という母の悩みに行き当たった。
====
何これ?とのお怒りは、どうか
こちらへ、ぶつけて下さいっ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
写真豊富な面白い欧州ブログ一覧へ跳べます。
=====
娘は11歳。母が22歳の時に生まれた。
生まれてすぐ、母は娘の父と別れた。
その後、現在のパートナーと出会い
2年前,次女が誕生。
次女に対しては、即、自然に愛情が湧き、
いかに自分が長女に可哀想な事をしたか
あらためて痛感するようになり
苦悩すると同時に、
「我が子へ愛情が持てずに苦しんでいる母」
が、他にもいるのでは無いかと思い
この取材に応えた...

はしょると、大体、こんな内容だった。
ちなみに、このお母さんは、
3年前亡くなった自身の母とは
非常に良い母娘関係を保ち
長女が小さい頃は難局に当たるたびに
母に孫の育児を託していた、との事。


子を愛せない母か...
いや、そりゃ
いるだろうなーーー
母から愛されなかったって
感じている子,あるいは
そう感じながら育って大人になった
もと子どもの話は、よく聞くもなぁ..。

母は愛しているつもりでも
その愛が伝わっていなかった、とか
母の愛が自己愛的だった、とか
という場合の方が
母がしょっぱなから子を愛せなかった
という場合よりは多いのかもしれないが
子どもが愛されていないと心底感じる場合
母が愛していないという可能性は高いだろう。

母の愛(の欠如)で思い出すのは
ベルギーの作家ジョルジュ・シムノンだ。
(ウィキペディア)
メグレ警視シリーズの作者だが
もう10年くらい前か、英国で
彼の伝記的ドキュメンタリー番組をやっていた。
その中で、私が一番衝撃を受けたのは
彼と母親との関係。

彼には弟か兄がいたのだが
母は、弟(だか兄だか)を熱愛し
ジョルジュには全く愛情を与えなかったらしい。
その極みが、
その弟が戦死した時の母親の反応。

嘆き悲しむ母はジョルジュに、こう言った。

「なんで、あの子が死んだの?
 お前が死ねばよかったのに。」

強烈…
10年以上たっても覚えている。
あまりにも悲しすぎる言葉だった。

母が子を無条件に愛せるとはかぎらないのだ。
それは父だって同じなんだが,
母は自らの体内で子を育て,苦闘の末,生むし
自然妊娠であれば,父と異なり
生まれて来た子は確実に自分の子なので
愛情が湧くのは自然な事,当たり前,と
考えられやすい。
この中で,子を愛せないと自覚し
悩み始めるのは辛いことだろう。
もちろん,まったく,その自覚無しに
自分は子を愛していると,一種,
「誤解」している親は悩まないだろうが…。

ところで
子の愛は、どうなんだろう?
子は、ある程度の年齢になるまで
精神的な障害などが無ければでもあるが
おそらく,無条件の愛を
母に与えるんじゃないだろうか?

これは、母である私の「希望的見解」ではなく
子であった私の体験
そして本能的な認識。
自分を守ってくれるはずの者に
なつくのは当然
だろう程度の見解だ。

母から愛をもらわなかった子には
子を愛することは、できないと言う人がいるが
これには、私は、全く賛同できない。
しかし、だからといって
誰でも
無条件の愛情を感じる能力を備えている、
とも思えない。
同時に,愛情が,まず誰にむけられるか
それにも決まった順序は無い。
愛情と欲を混同する人だっているだろう。


無条件な愛情というものは
時に「裏切られる」ものでもあるけれど
それを裏切られたとも思わないのが
無条件な愛情だ。
無条件だから見返りは求めない。

「裏切られた」
或は
「応えられなかった」
と感じた時に
無条件な愛情も終わってしまう。

子から母への無条件な愛情は
そうやって終わる事が多い。
一方で
親への無条件な愛情を持ちつつ
子へ無条件の愛情を与えられる人は
少なくない。
少なくないというよりも,むしろ
それが「自然の摂理」とみなされている社会自体が
少なくない。
そんな社会の中で,もっとも普遍性の高い
親から子への愛を感じられない親の
疎外感は厳しいものがあるだろう。
その一人である
この新聞記事の母が,何故わざわざ
写真付きで「自身の暗い秘密」を公開したか
記事を読む前には不可解だったのだが
あれこれ考えながら読み終わる頃に思った。
娘に対する詫びなどの要素もあるが
母は,娘が,もし,将来,母になって
同じ様に子を愛せず苦悩したら?と
考えたのではないか…と。

「愛すべき」人を愛せない
その辛さを知っている人,逆に
愛すべきじゃない人を愛してしまう人も
決して少なくない。むしろ多いんじゃないか?

愛すべき人だけを全て愛せる人は
実は非常に少ないし
それだけで非常に幸運じゃないかと思う。

======
こんなブログですみません~。どうか隠居に
励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブ ログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 家庭内事情
ジャンル : 結婚・家庭生活

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。