スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ人気/古典おバカ表紙

実は、昨日は、ブログに写真を載せた英紙
The Independentの他に、第一次大戦
(第二じゃなくて第一ねっ!)を戦った
109歳に関する記事が載っていたので
The Guardianも買ったのですが
その副刊の中に、こんな記事が...

Bush新聞
ブッシュに勧める新しい仕事..という
よくあるブッシュからかい系お笑い記事。
笑いツボにはまったのは
「パリス・ヒルトンの友人」(爆)

ブッシュ大統領も、あれこれ言われてますが
「(米国の一部を除き)世界中の笑い草」
「お笑い叩き袋」となる事で
国家、宗教、民族、人種を超えて
世界を一つにまとめるという
お笑い貢献度の高さは
評価に値すると思います。

これからは、誰が、ピエロ役を
引き受けるんでしょうか????

オバマ氏の人気は、まず、当面の間は
今回の当選スピーチが、頂点でしょう。
これから、たとえ、少しずつでも
人気は下降していくのは自然の流れ。
何かの突発的事件により、人気度が
再び盛り上がる事もあるでしょうが、
昨日ほどの盛り上がりを、長期的に
維持していくことは非現実的、無理な話です。

英国のブレア首相の就任時の
人気度の高さと、その頂点の高さゆえの
長期にわたる人気の凋落、
私から見れば、
最初からそこまで期待する必要も
また、後々、そこまで忌み嫌う必要も
無かったはず、と不思議でならなかった
その「大衆人気度」の動向、
これに、オバマ氏と周囲の頭脳集団は
どうやって対処していくか
政治的手腕とともに
これからが、腕に見せ所でしょうか。

オバマという一人の政治家よりも
「初の【黒人】大統領」という、
一種の「概念」を土台として
最高潮の人気を博し、
大衆の期待を背負う、
一政治家オバマ氏。

多くの、いわゆる【黒人】よりも
遥かに恵まれた環境
しかし、同時に、
一般的に大統領候補となるような
エリート白人よりは
遥かに居心地の悪い環境で育ったオバマ氏。
あたかも、
側室から生まれた三男四男坊が
一国の主になったかのようなオバマ氏。
そんな複雑な、ある意味
中途半端な存在が、どう、受け止められるか..

人気だけでは政治はできない
人気がなくても政治はできない..
メディアそしてネットの影響で
民主=人気という傾向がどんどん強まっている
それが、非常に、気にかかります。


さて、
同じ副刊に、こんな記事も。

表紙

古典的名作の表紙を
「おバカ文化」全盛の世相に合わせて
革新したデザイン特集!!
ここで
私のお気に入りを、少し紹介したいと思います。
まず
一番ツボにはまったのは、これ

ニーチェ「ツァラトゥストラかく語りき」

ニーチェ
神死せり...
死んでる、確かに死んでるよ。
死亡した被害者を囲む白線が、神様のポーズに(笑)
そして、同じくらいツボ入ったのは、これ

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

カラマーゾフの兄弟
three boys
one girl
one BIG choice!
って(笑)
このゆるさっ!!!!いいなぁ。
映画化も頼みますっ!(爆)

さらに
絶対、あるだろうなと思ったのは、これ

ホーマー(ホメロス)「イーリアス」

ホーマー

最後に
英国でのブレア元首相の現在の位置を示す

セルバンテス「ドン・キホーテ」

ブレア
英国では、なんのかんの言われてますが
私は、ブレア氏、全く嫌っていません。
むしろ
大好き→大嫌い
に、ころっと変る人心のほうが
不可解で信用できませんよっ!!!!

この「おバカ古典表紙」集
他にも秀作が、盛りだくさん
The Guardianのサイト
を是非どうぞ!!!!

====
こんなブログですみません。
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ : 面白い画像
ジャンル : お笑い

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。