スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つ解けた謎

週末は、ネットが出来ないので
読書やDVD鑑賞に割く時間が増える。
(ネットに使う時間が多すぎるのを反省)
昨日は
学校を舞台にした漫画的ラブコメ
「エジソンの母」ドラマ
(このドラマ効果で、ギフテッドへの興味が
 増大したらしいが、ドラマ自身は
 ギフテッドとも学習障害とも関係無い)
を見ながら
こないだ、横ちょうのパテルおじさんの店で
面白そうな「話題」が山盛りになった表紙に
惹かれて買った雑誌を読んだ。

「Scientific American Mind」という
大衆心理雑誌だ。
この手の雑誌は表紙が一番面白く
中身の記事自身は表題ほどでは無い事が多いのだが
やはり見出しに騙されて買ってしまったりするのだ。
Mind

まず読んだのは、特集記事
「なんでゴシップするの?」

当然、ゴシップについてマジメに知りたい、
というわけではなく、むしろ、
いったい、この内容で、どぉゆぅ事を
マジメっぽく書いているのか
(大衆的な雑誌ゆえにマジメな姿勢をとっていそう)
そこに興味があったのだが
一つ、そういや、そうなんだよな、と
あらためて、認識し直したことがあった。

それは
「人が自分とは全く無関係な人であっても
 自分とは似た環境にある人に興味を持つ」
という点だ。

ま、当然と言えば、当然なのだが
実は、この数年、ブログや掲示板をやりながら
不思議に思っていたこと
すなわち
自分と共通する興味対象や環境について
自分とは反対の位置にあり、かつ
嫌悪感や反感を抱くような
視点や思考や表現形式のもとに書かれている
ブログや掲示板の意見に対して
多大なる興味を示す人が少なくない、
という謎についての答えが
解けたのだ。

正直な話、私だったら
自分とは異なる視点で書かれたブログや意見には
興味を示すが
嫌悪感やら反感をもたらすようなブログや意見には
全然、興味を持たない。
そして、
興味を持ち続ける、という心理が
どうしても理解できなかった。
だから理解しようとしたわけじゃないが(^^;)
とにかく不思議だった。

しかし、この記事を読んで
あらためて、考えてみると
嫌悪感や反感を抱こうが抱かまいが
「自分と共通する興味対象や環境について
 書かれている」という時点で
興味を示すのは
「生存のために非常に重要な本能」なのだ。

まわりくどい表現をしてしまったが
要するに
情報収集意欲が強い
(生存競争能力が強い)人であればあるほど
「嫌悪感や反感を抱く」ブログやら意見やらに
ひっかかり
多大な興味を示し続けるものなのだ。

反面、私のように
「あ~、こーゆーの苦手~」やら
「バカじゃん、こいつ」やら
驕りのもとに、斬り捨てて
見向きもしない単純なヤツは
早々と自然淘汰される運命にあるのだ。(涙)

幸い、我が夫は
「なんで、そんなこと気になるのよぉ?」
と妻にうざがられながらも
「いやなヤ/嫌いなヤツ」に興味を持つ人であるので
我が子ども達は、大丈夫かもしれない。
しかし、今のところ、この子達も
どちらかと言うと、私に似て
「自分が好きな事にしか興味無し」という
傾向を強く見せているのは、やはり
「三代目で家をつぶす」
(それほどの家じゃない事はここでは触れない)
というように、代々、生存能力が
弱まっているということだろうか。

あまり、嬉しい内容ではないが
とりあえず
4.50ポンド(今だったら700円足らず)も
出して買った甲斐があったよ...。(涙)

今日は、ネットは、ほどほどにして
他の面白そうな題の記事
「テクノロジーの進歩と脳」「テロリズムと言論」
等々を読み進めようと思う。
4.50ポンドだから、元とらないとなっ!!!!

「Scientific American Mind」11月号
特集
☆The Science of Gossip
( Why You Can't Stop Yourself )
☆Your iBrain
( How Technology Alters Your Mind )
☆How Words Can Combat Terrorism
☆Never Say Die
( Why We Can't Imagine Death )
☆Brain-Scan Flaws
( 5 Ways They Mislead Us )
☆Decoding the Brain
( How Implants Tap Thoughts )
定価
US$5.95
UK??4.50
おすすめです。
早く買わないと12月号になっちゃうよぉぉ。

====
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

三者面談とウサギ


昨日は、長男大の学校のYear9の「Parents Evening」
(いわゆる「三者面談」)に行って来た。
=======
初めに、
英国の義務教育過程について
簡単にご説明したいのですが
実は、日本の様に、6-3-3と
統一されていないのです。
私立と公立でも違うし、公立でも
地方自治体によって異なります。
よって、我が地域のシステムについてのみ
ご説明しますと、まず
初等教育が
Reception(4~5歳)
Year1(5~6歳)
Year6(10~11歳)
の7年。
中等教育が
Year7(11~12歳)
Year8(12~13歳)
Year9(13~14歳)←今ここ
Year10(14~15歳)
Year11(15~16歳)
の5年で、Year」11の時に
「GCSE
(General Certificate of Secondary Education)」
という、いわば
「中等教育修了資格試験」を受けます。
これで義務教育は終了するのですが
その後、大学など高等教育に進む前に
Sixth Formが二年あります。
長男の学校では、殆どの生徒が、この
日本の一般的な高校より若干レベルの高い
高校と短大の中間の様なSixth Formに進み
大学入学に必要な、非常に限られた
科目のみを、かなり専門的に学習します。
(このテスト内容が年々簡単になっていたのが
これから、また難しくなるらしい....)
======

さて、Parents Eveningとは言うが
時間は4時半から7時過ぎまでで
5分~10分刻みのタイムスロットで
生徒が各教科の先生に直接アポを入れる仕組みだ。
が、
あくまで余計な仕事はしたくないという教師は
「問題のある生徒と親は呼び出すので
 呼び出されていない生徒と親は来なくて良い」
と言い切れるところが
日本との違いではないかと思う。

長男が好きで成績も良い科目
「化学」「物理」「ラテン語」のアポが無く
(いずれも先生が必要無い、と言ったらしい)
配が絶対アポ入れろよと念を押した
「英語」と「数学」
ドイツ人の先生に気に入られている「ドイツ語」
先生がキモいと嫌っている「歴史」の
4つのアポを入れていたところを見ると
これが決して作り話では無いのがわかる。

担任にいたっては、
生徒達が面談について聞くと
「授業を教えているわけではないから
 親御さんに話す事も無い。よってアポは入れないし
 誰も来る必要は無い。問題があったら別途連絡する。」
と答えたそうだ。

前置きが長くなったが(前置きだったんです)
この面談に行って驚いた事が3つあった。
1つは学業関係。
もう1つは、学業無関係な内容である。

まず、学業関係。
肝心の先生の長男の評価自身は、
まぁ、親には良い話をするものなのか
授業中の私語以外は、いたって良かったのだが
この日の驚き第一弾は
「宿題以外に家で問題集など勉強させる必要はあるか」
という質問に、全ての先生が
「否」と答えたことだ。
宿題で十分だ、そうだ。

ただし、英語の先生には
「Year9向けの読書リストのチェック」
歴史の先生には
「歴史書の読書」
を強く勧められ(もっともだ。)
ドイツ語の先生には
時々、宿題が手抜きでやる気が無さそうなのが
伝わって来ることを注意された。

話を戻すと
GCSEの準備は、Year10になってから
授業に、がっちり組み込まれ
宿題なども与えられるから
家庭で特に準備する必要は無い、と言うのだ。

ほ、ほんとなのか????
今、宿題、多い時と少ない時と
すっごいムラがあるし、
はっきり言って、少ない時が
殆どなんだが、それでも、これでも
大丈夫なんっすか?????

ちなみに、この学校の入学に際して
親が一同に集められた(生徒は170人)
説明会では、
「親は【絶対】宿題には手を出さないように」
と、きつく言い渡される。
実は、これは、次男の小学校でも同じだ。
「宿題やろうね」と声をかけたり
終わった宿題をチェックするのは奨励されるが
宿題をやっている間、手助けは厳禁、
間違っていても、そのまま提出させろ、
と、言われる。
唯一親が手伝うのは「音読」の聞き役や
ディクテーション(書き取り)くらいだ。
また、工作の材料などが必要な際には
別途、親に連絡が行く。

他の国に比べると、
親、すごいラクなんじゃないか???
しかし、これは、全て、親に
ラクさせようという配慮では当然無く
あくまでも、子ども達に
「自己責任」哲学を
受け付けようとする教育方針なのだと思う。


長くなってしまったので、短くまとめると
学業とは無関係の驚き2件は、以下の通り。

1.
数学の先生が、学校の体操着
(コーチ服のような制服)を着ていたので
課外クラブの顧問なのかと思ったら
ゲーム(各種スポーツ競技)の先生も
しているとの事。
そして、なんと、長男によると
「体育の先生なんて、いない。」
(真偽はさだかではないが)
例えば、現在のゲームの主任教師は
生物の先生だという。
もちろん、教科ごとに、複数の教師
(科目によっては、かなり多くの教師)
が、いるのだが、体育は、
各種目を得意としている教師が教えるということだ。
男子校なので、男性教師が多数派であるからこそ
できることだと思うが
(種目もラグビーやらホッケーやらクリケットやら
 男っぽいものばかりなので担当も男性教師)
ほんとぉぉに体育の専門の先生いないのか???
週に4時間も体育の授業あるんですがっ??
しかも、この学校、学校から親へのお知らせの
前半は、びっしり、ラグビーやら
クリケットやらホッケーやら陸上競技やらの
試合結果や戦果などで埋まるくらい
かなりスポーツ熱心なんですが????
いや、ひょっとすると
体育が得意な先生じゃないと、生徒を
手なずけられないという方針で雇ってるのか??

2.
13~14歳にして、どでかい生徒がゴロゴロしていた。
どうみても190cm近くある生徒もいた。
昨夜、親連れで歩いている生徒は、みなYear9で
学年は9月始まりなため、13歳の方が多数派なのだが
まだまだ可愛い体格の子がいる一方で、既に
かなり背の高い父親よりも大きい子が結構いた。

実は、長男は、今年になって、ラグビーの
A組(一番強い)から、担当の先生
(ラテン語の教師で大を気に入ってくれているらしい)
に、頼みこんで、B組に替えてもらったのだが
その理由が、いかにも、へたれ親の子らしい
「A組は皆、真剣すぎて面白くないし
 B組だと、トップなので気持ち良い」
という事の他に
「A組だと、試合中に、マジで生命の危険を感じる」
であったのだが、その理由がわかった。
ラグビーのチームは、7クラスある1学年全員から
クラス分けされるので、A組には
既に思いっきり育ちきった子やら、急に
体格が良くなった子ばっかりが
集まって来ているのである。
長男は、まだ身長は170cm程度、
たくましくなって来てはいるが、この体格で
ガタイが良く運動神経も良い同級生と
ラグビーは確かに、しんどいかもしれない。
(へたれ疑惑は健在だが。)


ともかく、以上の事が
判明しただけでも、かなり有意義な
面談なのであった。
====

オマケの写真
4年前上海で【飼っていた(2週間だけ(笑))】
ウサギちゃんです。

ウサちゃん
長男とウサちゃん
長男とウサちゃんL

「上海のウサギが小さい」んじゃなく
このウサちゃん達が、一応
ミニウサギという名目で(実際は違うらしい)
売られているので小さいという事と
家がなにげに汚いのは引っ越したばかりだったからと
さりげなく断っておきます。(笑)

あぁ、やっぱり、飼おうかなぁ、ペット(涙)
次男は大喜びで、この約1年後の作文に
「ぼくがママを好きな理由は
 ママは、ぼくのウサギの面倒を
 みてくれるからです」
と書いたほどでした...。
1年前のたった2週間の出来事で
こんなに評価されるとは思いませんでしたよっ!!

====
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

テーマ : 中学校生活
ジャンル : 学校・教育

誕生日の物欲

実は、週末は、長男大の誕生日である。

かなり前から、
プレゼントに何がほしいか聞いているのだが
「今は何も欲しく無い。もし欲しい物ができたら
 後で言う」
と言い続けて来た長男である。
「誕生日会」の時代は既に過ぎた。
誕生日会にかけるお金だけ
何か買ったほうがいい、と言う。

しかし、
さすがに、誕生日の当日に何も無いというのも
可哀想な気がするので、再び、聞くと

大「いらないよ。僕、仏教徒になるからさ。」

母「へっ?ぶ、仏教徒?」

大「ジョーダンだよ、冗談~」

大「でもねっ、物欲を制するんだよ」

大「物っていうのはね、求めれば求めるほど
  どんどん欲しくなるものなんだよ。」
大「そうすると、ママみたいにっ
  指輪とかバッグとかケータイとか
  毎年必ず買うようになるんだよっ。
  それも、大金かけてっっ(怒)」
...と、
どんどん、怒りモードになる長男は、
フツーの女というものは、指輪にせよ
バッグにせよ、1年に一度以上の頻度で
買うものなのだし,
「大金」は,子どもにとっての大金で
大人の世界では「相場」いや
はっきりいって相場以下という
将来の円満な人生に不可欠な情報には
耳を貸さない。
ケチな夫にはならない事を祈るが
かなりヤバい兆候が見えると言えよう。
なぜなら、彼は、常々
こんな事も言うのだ。

大「うちのお金は、将来、大学の資金とか、
  僕に影響するんだから、無駄遣いしないでよっ」

仏教徒が、こんなこと言っていいのかよっ?!!

仏教については、長男は、小学校6年の時
詳しい授業を受けており、なんと、
この私も、先生に頼まれて
仏教徒でもないのに
この英国の某村の公立小学校の保護者の中では
権威に近い存在と言えるだろうと覚悟を決め、
あれこれ本とネットで勉強したのちに
「仏教と仏教徒」について
クラスの子に授業をしたのであった。

結果的には
大仏や大船観音など、でっかい仏像の写真を
「おおきいだろぉぉ」と自慢し
だるまやら数珠(もどき。中国みやげ)やら
仏教系グッズを触らせ質問に答えたただけだったが
みな、それなりに大喜びだった。

この学校には、日本人というだけの理由で、
致命的に、不器用な私が
「折り紙」講習をさせられたこともあった。
(数回&クリスマスの飾りの折り紙も。(涙))

話を元に戻すと、
「無駄遣いしないでよっ」
とは言われたものの
やはり何も無いのはマズい、

頼みの漫画「Naruto」が日本から届くのは
来週になってしまったし、と
週末のラグビー試合にそなえて
ラグビー鋲(ブーツの後ろに付け替える)も
買いに行かなければならなかったので
ショッピングセンターを徘徊した。

結局、大が大好きな
病院を舞台にした米国TVコメディ
「Scrubs」のDVD箱セットが
安くなっていたので買った。
第一シリーズが17ポンド
最新の第六シリーズが22ポンドである。
両方合わせて、現在の為替だと
6000円しないのだが、生活感覚では
1万円というところだ。微妙に高い。

なんだか文句言われそうだなぁ。
ま、いいや
文句言われたら
店に返しに行こう。

ほんと、子ども時代は、
誕生日プレゼント買うのもラクだった。(涙)

ところで、我が家では
子どもの誕生日には、
母である私にもプレゼントを贈るという
家法がある。
何しろ苦労して生んだのは,他でもない
この私,母であるのだっ!
祝ってもらっって当然だっ!
しかし
今回の勤労感謝プレゼントは、
まだ、決まっていない。

もちろん、ほしい物と言ったら
スマフォに決まっている。
だが、現在、
スマフォはナナちゃん(Nokia E71)と
カメラケータイはトコちゃん(Samsung F480)で
既に大満足しているので
やはり、今回は、息子に合わせて
無駄遣いは自粛し我慢しようか、
などと殊勝な事を考えている母の
その横で、次男は
「お兄ちゃんの誕生日だから
 ぼくもプレゼントがほしいなぁぁ」
などと、ぶりっこ流し目で、つぶやくのであった...。

======
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

テーマ : 中学生のママ
ジャンル : 育児

正反対な男のCM

常々、考えているのですが
どうして
「女装」
特に、ごつい男の「女装」と
オカマ系の男の「おねぇ言葉」は
面白いし、ある意味、好感度?高そうなのに
女が
その逆(男装やら男言葉で喋ること)をすると
和田アキ子になるんでしょうか???
(なりませんか???)

つまり、
和田アキ子に好感持ってる人にだけは
受けるような感じ。
あまり一般的で無いという印象が私には、あります。
しかも、和田アキ子なみに
ガタイがよくないと、うまくいかない。

少女が少年の男装をするのは
ある種の意味合いがあるので、また、別の話。(^^;)

私だって、
おねえ言葉を使いたいよっ
いや、普段の言葉はおねぇ言葉なのよっ
でも、女がおねぇ言葉でも
面白くも何ともないだけじゃなく
イヤミとか、こわいオバさんみたいに
聞こえるじゃないのっ??!!!
(実際に「こわいオバさんじゃん?」
 という反応は受け付けません。)

この
男女の不公平(笑)
深く分析すると様々な要素が現れるのですが、
今日は、そこまでは書かないかわり
動画2件をご紹介します~。

まずは
ごつい系男の女装「主婦」、
濡れても強いペーパータオルの広告。
これって、完璧に
「ポリティカル コレクトネス」に
真っ向から挑戦というか
反対に存在する広告だと思います。
偏見なんかもあるしね。
でも、
すいません。
この手の広告、好きなんです。
つい、笑っちゃうんですっ。
和んじゃうんですよぉぉっ!!!!!

Susan and Janet - bounty commercial


「Airplane!」って、おバカ映画(最高。大好き)
の中で、闘ってる女子レスラー二人が
途中で、ごつい男に変えられてる場面が
あるんですが、こーゆー、ほんの一瞬のカットも
その瞬発力ゆえに爆発的に笑ってしまう。


次は
「こんなもん見せやがってぇぇぇ~っ」と
上の動画で
お怒りの女子の方々へ
お口直し☆
ジャンポールゴルティエの
香水のCM。
はだけた白シャツが、これでもか、
これでもかと登場。
Jean Paul Gaultier - Le Male

しかし、世間的には活け面なはずの彼らを見ながら
「若い。しょんべんくさい。(ごめん)」
「ゲイ受け狙いで作ったような雰囲気を感じる」
「特に好みの男は、いない」
等と
どうしても熱中できない自分に、
「歳とったな」
と、一抹の哀愁を感じました。(涙)

====
どうか、隠居に、励ましの一票、お恵みくださいっ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こちら(↓)はオマケ。
FC2 Blog Ranking

テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。